30日で人生に「足し」「引き」をすると人生が変わるらしいからやってみる

30日ハック

とても面白い記事に出会いました。

Matt Cutts氏(Google検索のエンジニア)が語る「30日の実験」

たった30日でいいので、人生に何かを「足してみる」あるいは「引いてみる」。すると大きな変化が起こります。

何でもいいから30日間何かをやり続けてみよう。そしてそれは必ずいい方向に向かうと。

非常に実験的な内容ですが、自分を変える何かしらのきっかけになるかもしれません。なんだかワクワクしてきました。

やっぱりライフハック系の記事って面白いですね。

どんなことをすればいいのか

Matt が例に挙げているのは、たとえば次の30日だけでいいので「毎日写真を撮る」「毎日自転車に乗る」といったように小さな変化を起こします。
あるいは「テレビを見ない」「ツイッターをしない」「砂糖をとらない」といったように、人生から何かを「引く」のでもいいでしょう。

このような「小さな変化」が今後の「大きな変化」が生まれるきっかけになるそうです。

わりと飽き性な自分にもこれくらいなら出来るかもと思わせてくれます。

どのような変化が期待できるか

  • 毎日の記憶がとても新鮮になる。たとえば写真を毎日撮るという30日を試してみた時には、その期間中の写真をどこで、どのような状況でとったかすべて思い出せると彼はいいます。
  • 30日だけなら、という心理が働いて身体を動かしているうちに、ダイエットも含めて体質が改善した。
  • 同じく30日だけなら、という心理が働くのでちょっと冒険心が高まった。

確かにこの30日間という期間がとても大事かもしれません。

無期限にやってしまうとそれは「ただの習慣」になってしまいますが、この30日間に限定しているのは「何かしらの変化」を求めているので期限を設けるのは大事かもしれません。

30日続ける為のテクニック

「小さな変化」にこだわること。たとえば「テレビをみない」という変化を与える前に彼は面白いテレビ番組をあらかたみておいて、新しいテレビシーズンのつまらないリアリティショーが始まるタイミングにあわせて30日を始めたそうです。
なにか大きな変化を根性で成し遂げるのが目的ではないので、できるだけ小さな変化にとどめることで実践しやすくします。

習慣を追加するほうが、取り去るよりも楽なので、別の習慣の追加を通して悪癖から遠ざかるように設計するのがよい。

この30日を一緒に楽しんでくれるパートナーを探すことなるべく面白い、自分が興味をもてる習慣を探してみること。

いざ30日間何をしようか

さぁトライしてみよう!と思っても何をしたらいいのか浮かんでくるようで現実的ではないものばかり。

でも「何でもいい」というルールがあるので、とても実験的な要素があり前向きに考えられます。

くだらないことから、自分にはキツいなってことも含めて考えてみました。

  • 30日間、自分の髭の写真を撮り続ける
  • 30日間、毎晩ランニングする
  • 30日間、数学の勉強をする
  • 30日間、妻の肩を揉む
  • 30日間、肉を食べない
  • 30日間、りんごを1つ食べる

最後に書いた「りんごを1つ食べる」は健康的に良さそうだが、運がいいことに僕には妻というパートナーがいるので、これをやってみようかと思います。

「30日間、妻の肩を揉む」

日常生活において間違いなく小さな変化です。結果として何が得られるか謎ですが。(お小遣いが増えたり?笑)
とりあえず30日間やってみようかなと。

やってみようかどうか迷ったら、疑問を感じたらこの言葉を

次の30日はどうあったって必ずやってきて、過ぎ去っていきます。なら、これまでずっとやってみたかったことを試してみるのはどうだい? 30日でいいから。

とても力強いお言葉です。

さっそく僕は今夜から小さな変化を起こしてみます。あくまで大事なことは「結果に利益を求めないこと」です。

まずは行動してみます。30日後にレポートします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です