【結果報告】30日単位の人生ハックをしてみた結果

30日ハック

 30日で人生に「足し」「引き」をする。

Google検索エンジニア・Matt Cutts氏のアイディアにより触発されて実行してみた。

別に人生を変えたい訳でもなく、今の自分に満足していない訳でもないが、このままのうのうと人生を過ごすなら、小さなことから色々とやってみようかな〜、って程度のことです。

その結果、30日続けてみたので報告します。

やることは何でもいいんだけど、とりあえず初めてだし簡単なものからやってみようと思い考え付いたのが、

【30日間、妻の肩を揉む】

ということをやりました。

何をやってもいいというこの30日の人生ハック。

30日間続けることで、人生において何かしらの変化をもたらす可能性があるってことが重要なのだと。

人生が変わること前提に行動してはいけない

30日続けた結果

妻は30日間、肩揉み中は気持ちよさそうだった。

僕は30日間、腕が疲れた。

以上。

と言いたいとこだが、色々と気づいたことがあったので後述する

30日間と言えども、実質は20日プラス数日くらいです。

妻が先に寝てしまったり、年末年始に実家に帰っていたりと状況は様々で、できない日もあった。

その辺は緩いルールでやるのもミソです。

んで、ちょっと思ったことについて記述してみようかと。

時間感覚の必要性

続けてみて思ったことは「30日は長い!」ってこと。

無意識に生きていると30日なんてあっという間だと思うが、30日続けると言うルールを持っているとすごく長く感じた。

30日という感覚を体に覚えさせておくことはとても大事なことだ

僕はどうも日にちの感覚が緩かったらしい。

それは仕事上、月末締めってものが無いせいかもしれないが、時間感覚がいい加減だったと思う。

30日の感覚を知ることは、何かしらの目標を立てる上でとても計画的に行動できるかも知れません。

例えば試験まであと30日。という状況でも30日の感覚に慣れている人のほうが、時間の使い方が上手いかもしれない。

時間や日数の感覚を鍛えておくことは、必ず役に立ちそうです。

次にやること

まだ何をしようか決めかねています。

今回、30日間の感覚が何となく分かってきたから、やるべきことのイメージも湧きやすくなってきた。

逆に、今の時点では30日を長く感じてしまっているので、迂闊に「マラソンします!」とか言えない心境も・・・。

何するか決まったらまた記事にしようかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です