自転車の防寒用手袋にスノーボードのグローブという選択をしている理由

スポンサーリンク

1日の間で一番寒さを感じるのは、自転車に乗っているとき。

僕は末端冷え性なので、指先がすぐに冷えてしまう。末端冷え性の対策・改善方法などはネット上に氾濫している。
しかし、自転車乗っている時の防寒方法は手袋するなどの他にないだろう。

じゃ、どの手袋がいいの?って選択になる訳だが、長年僕はスノーボードのグローブを愛用している。

これがまた非常にいいので紹介してみようと思う。

自転車にスノーボード用のグローブは機能的にもいい

なんともミスマッチな組み合わせだが、スノーボードのグローブは様々な種類があり、自転車でも使える仕様のものがある。

ハーフパイプで使うグローブだ。

自転車-グローブ

過去、海外のキャンプに行くほとスノーボードクレイジーだった僕も、今や2児の父であり長いことスノーボードをしていない。そもそも妻が興味ないようで。行きたいんだけどなぁ・・・と、脱線。

ハーフパイプ用グローブはグラブしやすいように指にフィットする形のものが多く、指先をコントロールしやすい。

さらにグリップ力もバッチリ。

自転車ではこの指先をコントロールできることと、グリップ力がとても重要です。

当然スノーボードで使うグローブだから防寒性もバッチリ。このグローブを使い始めてもう5年が経つが、全く壊れる様子もない。

まさに剛健なグローブです。末端冷え性の僕にとって、冬は欠かせないアイテムのひとつです。

自転車専用グローブ以上の防寒性

スノーボード用グローブを使うようになる前は、普通に自転車専用のグローブを使っていました。 このグローブはグリップ力半端ないです。
HIRZL Grippp Tour FF Gants longs サイズM

HIRZL Grippp Tour FF Gants longs サイズM

グリップといい、フィット感といい最高なんだけど、末端冷え性の僕にはちょっと防寒性が足りなかった。

そこでハッと気づいたのがハーフパイプ用グローブ。

ほぼ自転車グローブの性能を持ち合わせながら、防寒性で優位に立っている。これ以上の選択肢は無かったです。

経年変化して変わったこと

使い始めて5年経った今でも防寒性能、グリップ力はほとんど変わっていません。変わったのは手の形に馴染んだことくらい。

自分の手に吸い付くようにフィットしています。物を買うとき、ひとつ違う視点から物事を見ると思わぬ愛用品が生まれますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です