銀座「鞄工房山本」のランドセル「アンティークブロンズ」が値段以上に良い印象を受けました

 

銀座「鞄工房山本」のランドセル展示会に行ってきました。

実は「池田屋」のランドセルを見に行くついでにどうせなら・・という気持ちで「鞄工房山本」に行ったんですが、思いもよらぬランドセル第一候補になってしまいました。

 

休日の朝の銀座はいいね。

 

鞄工房山本のランドセル

創業50年の歴史をも革工房山本は「世界でたったひとつのランドセル」をつくることが制作の原点だそうです。

奈良、銀座、表参道に店舗を構えていますが、ランドセルの購入は今年からネット販売のみとなっています。

 

銀座店 展示会の行列や混雑について

開店時間は10:00~(土日祝)で、ほぼ開店と同時に入りましたが、長蛇の列にはなっていないものの店内はかなり混雑していました。

店内はすごくきれいで数多くのランドセルが展示されています。この写真にあるランドセルの3倍くらいは展示されていたかな。

 

鞄工房山本のランドセルのラインナップ

素材は牛革、ヌメ革、コードバンなどを使用しており、価格は工房系ランドセルとしては一般的。若干重いというデメリットがあるが、6年間使っても壊れないランドセルのためによる重さだそうです。

商品名 価格 素材 重さ(前後)
男の子 レイブラック ¥65,000 牛革 1,400g
レイブラック・ノイ ¥59,000 人工皮革 1,300g
ブル・ロッソ ¥55,000 牛革 1,400g
アンティーク・ブロンズ
カスタム
¥65,000 牛革 1,400g
アンティーク・ブロンズ
リベルタ
¥65,000 牛革 1,400g
リベルタ ¥75,000 牛革(+ヌメ革) 1,400g
コードバン・レイブラック ¥89,000 コードバン(かぶせ) 1,450g
コードバン・アンティーク ¥89,000 コードバン(かぶせ) 1,450g
女の子 ラフィーネ ¥69,000 牛革 1,400g
ドゥ・ラフィーネ ¥63,000 人工皮革 1,300g
グレース・シルバー ¥65,000 牛革 1,400g
ウィッシュ・アポン・ア・スター ¥79,000 牛革 1,400g
アンジェール ¥59,000 人工皮革 1,300g
フィオーレ・コスモス ¥65,000 牛革 1,400g
フィオーレ・ブロッサム ¥65,000 牛革 1,400g
コードバン・グレース ¥89,000 コードバン(かぶせ) 1,450g
共通 アンティーク・ブロンズ ¥65,000 牛革 1,400g
オールコードバン ¥119,000 コードバン(かぶせ・大マチ) 1,480g
夢うろこ染 ¥179,000 コードバン(かぶせ・大マチ) 1,480g

 

山本 ランドセル「アンティーク ブロンズ」が良かった!

鞄工房山本のランドセルは ″質・色使い・シルエット″ が総合的に高いと感じましたが、特に「アンティーク ブロンズ」という商品が良かったです。

最も人気がある商品のようで、展示会では多くの人が手に取って見ていました。価格は 65,000円。

 

こちらのカラーはオレンジ。

色が本当にキレイで、親的には一目惚れしましたが、娘もすごく気に入っていました。

シルエットが本当に良くて、美しく見える印象ですね。

 

内装はタータンチェック柄になっています。

 

こちらはキャメル×ブラウン

 

この2色でノリノリだった娘も、家に帰ったら「ムラサキがいい」と親を悩ませる一言。

これは「フィオーレ・コスモス」というまったく違う商品。気分で好みが変わる娘。さて、どうしようか。。。

 

鞄工房山本のランドセルの特徴をまとめ

ロックがオートロック錠前で便利

オートロック錠前とは、金具を錠前にはめると自動でロックされる構造のことです。通常は磁石でくっついて手動で回してロックしますが、オートロック錠前はこの手間がありません。

オートロックは不具合が起きやすい・壊れやすいと言われていますが、鞄工房山本では2016年より不具合の起きないオートロック錠前を作ったそうです。

実際に触ってみるとものすごく頑丈に自動ロックされるし、重厚感のあるメタルパールなので壊れる気もしませんでしたね。

 

A4フラットファイル対応

A4フラットファイルに対応しているので、サイズ的には全く問題ないです。むしろマチが広いので容量はかなり大きいほう。

撥水加工済み

“革=防水大丈夫?”って感じる方も多いと思いますが、基本的にはメーカーがしっかり防水加工をしていることと、親がちゃんとメンテナンスをしてあげれば問題ありません。

鞄工房山本はしっかりと表面加工がされているので、ケア用品などを使った手入れの必要はなく、雨に濡れてしまった場合でも水気を拭き取ってあげる程度で十分だそうです。

 

コバ塗りが美しい

鞄工房山本の強みの一つである「コバ塗り」。2枚の革を合わせて裁断面にニスを塗って磨いてキレイに仕上げる手法のことで、高級紳士鞄などではこの手間のかかるコバ塗りがしっかりと行われていますが、鞄工房山本の職人も最高品質のコバ塗りランドセルを作っています。

簡単に剥がれることはないようですが、万が一剥がれてしまっても6年間サポートを利用して塗り直しをして貰えます。

 

ナスカンに負荷がかかると自然に外れて事故を防ぐ

ランドセル横についているナスカンに15~18kg程度の負荷がかかると自然に外れるので、万が一の事故を防いでくれます。

ランドセルが何かに引っかかってしまった場合って、想像すると結構怖いですよね。

このような細かい設計がされていることは全然知りませんでした。

 

6年間保証

ランドセルに故障が生じた場合は無償で修理可能です。故意によるいたずらや、誤った使用方法での故障は有償修理になります。

この辺は他社の工房系ランドセルメーカーと同じようです。

修理についてはコチラ(ランドセルの修理について)でも確認できます。代替ランドセルの貸し出しも行っているので安心。

鞄工房山本のランドセルを触ってみた感想

  • 仕立ての良いランドセルで美しいと感じた
  • 革のカラー(発色)がいい
  • メタルパーツを使ったオートロック錠前で安心便利
  • 不満点がほとんどない

 

鞄工房山本の評判や口コミをまとめ

全体的に好印象なイメージを受けましたが、色々な意見をまとめてみました。欠点に関する情報がほとんど出てこなかったのが素晴らしいと思いましたね。

  • 6年間使っても型崩れが起きなかった
  • メンテナンス不要で防水が維持された
  • つくりがしっかりしているので安心して使えた
  • 他社のメーカーに比べて色が素敵
  • メーカーの対応が親切・丁寧で良かった
  • 手づくり・最高品質のため生産量が限られる
  • 人工皮革の安いランドセルに比べたら重い(教科書一冊分くらい)

 

銀座「鞄工房山本」の場所と店舗一覧

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座 2-4-18 アルボーレ銀座 B1F
TEL:03-6228-7451
営業時間:平日 11:00~17:00 土日祝 10:00~17:00
定休日:水曜日(祝日除く)、年末年始

 

さいごに

これまでいつくかランドセルの展示会に足を運びましたが、一番気に入ったのが今回の鞄工房山本でした。

展示会に行った工房一覧はこちら

土屋鞄ランドセル「牛革」「アトリエ」を展示会で見てきた!A4フラットファイル問題や評判も含めて紹介!

2017.06.07

実際に見てみるとネットとは違う印象を受けるし、「ここで買う」と決めていたお店が「違うわ。。。」と論外になってしまったり紆余曲折してきました。

鞄工房山本、ここに決めちゃおうかな。

関連記事



スポンサードリンク

住宅の間取りプランを無料で一括オーダーできます

住宅-間取り

新築住宅・リフォームの間取り・プラン・設計図を気軽に一括オーダーし、一度にたくさんの設計図を手に入れることができます。全国地域別に対応している住宅メーカーが表示され、自分で選ぶことも可能なので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です