【DIY】IKEAの姿見を玄関に取り付けました

外出前に玄関に姿見があると便利です。

身なりはもちろん、これから外出するのに変な服じゃないか?など再確認することが出来ます。

自宅建築の際、妻の希望で玄関に姿見を注文していました。

ところが、どうも姿見のデザインがシンプル過ぎて気に入らなかった。

「こりゃ姿見は気に入ったの探してDIYするかな」

と夫婦でそんな結論に至りました。

壁掛けタイプの姿見をDIYする場合は注意しなくてはいけない点があるので、そちらも解説したいと思います。

DIYした玄関の姿見

こちらがDIYした姿見。by IKEA

なかなかお手頃価格で色もサイズも気に入ったのでこの商品にしました。

床に置くタイプの姿見は邪魔だと思ったので、壁に取り付けるタイプの姿見を購入しました。

ちょっとコンパクトに見えるが姿見としての機能は十分なサイズで、ちゃんと玄関に馴染んでいると思います。

姿見をDIYする際の注意点

壁掛けタイプの姿見はどこでも設置できる訳ではありません。

壁に下地(取り付け下地)があるかの確認が必要

取り付け下地とは、壁の裏側に硬い合板などの木材が一面に貼られた下地のことです。

これがないと石膏ボードに釘を打ち付けることになるので、姿見のような重いものは落ちる可能性があります。

下地の場所を探すのに必要なアイテムはこちら。入居の際にハウスメーカーから色々貰った中にありました。

下地探しで空けた小さな穴を埋めるときはクロスの穴埋め材を使います。

うちの場合は最初からDIYする予定だったので、玄関の壁には一面に取り付け下地を貼っておきました。

他に検討したデザイン性の高い姿見

この姿見をIKEAで購入するまでに数ヵ月を要しました。
なかなかちょうどいいサイズがなく、やっと見つかったと思ってもデザインが気に食わなかったりと、かなり葛藤する日々が続きました。

本当はこれが欲しかったけど、サイズや価格が見合わずに候補で終わってしまった商品を紹介します。

DIYできるものはDIYしよう

僕は自宅のいくつかを新築時にDIYしました。姿見は誰でも出来るDIYです。

簡単なものは自分でやると愛着が湧くものです。調べるといくらでも出てくるのでチャレンジしてみると面白いと思います。

書斎スペースをDIYしてPC作業環境を作ってみました!

2017.09.19
スポンサードリンク

住宅の間取りプランを無料で一括オーダーできます

住宅-間取り 新築住宅・リフォームの間取り・プラン・設計図を気軽に一括オーダーし、一度にたくさんの設計図を手に入れることができます。全国地域別に対応している住宅メーカーが表示され、自分で選ぶことも可能なので安心です。