楽天カードと楽天Edyですごくポイントが貯まるから現金を使わなくなってしまった

最近、クレジットカードの使い方を見直しました。

現金払いを減らし、クレジットカードや楽天Edyを使うようにしています。

このおかげで、毎日の財布事情が大きく変わりました。

後悔:なぜ今までクレジットカードを多様してこなかったのか

今までクレジットカードを使っていたのはネットショッピングや、公共料金の支払いくらいで、日常の買い物(コンビニ、スーパー、薬局、本屋などなど)では現金払いがほとんどでした。

なぜ現金払いをしていたかと言うと「無意識に現金で払っていた」から。

周知の話だが、現金払いには何も特典がないがクレジットカードにはポイントが付く。

たったこれだけの違いだが「塵も積もれば山となる」のがポイントってものです。

楽天カードをメインのクレジットカードに

これまでケースバイケースで複数のカードを利用していましたが、管理の面倒さやポイントの無意味さに気づき、楽天カード一本に絞って利用するようにしました。

メリットは2つ。

・ポイント還元率がお得

・楽天市場で利用可能(他のショッピングサイトとは規模が違う)

おそらく、どのクレジットカードよりもポイントが溜まるのが楽天カードです。

そのポイントが使えるのが楽天市場というお手軽さもメリットです。

※新規入会&利用で7,000ポイントプレゼント!さらに楽天市場のお買い物でポイント4倍!

楽天カードの威力は本当にすごい。 

コンビニでもクレジットカードを使うなら「楽天Edy」

クレジットカードをショッピングで使うのは当たり前のことだが、正直コンビニでクレジットカードを使うのは抵抗があった。

なんとなく最低でも3000円くらいまでは現金で支払っちゃう癖が抜けていない。

そこで僕は楽天Edyを使うことにした。

楽天Edyの仕組みはこうだ。
スマホにインストールした楽天Edyに、楽天クレジットカードで入金する。
する楽天Edyで使えるお金が入金されたことになる。

この残高分だけコンビニや薬局など様々な場所で利用することができます。

楽天Edyは楽天ポイントが付く

楽天Edyは200円で1pt(楽天ポイント)が加算される。

コンビニを含め、200円以上の買い物をするのは当たり前なので知らないうちに楽天ポイントが溜まっていることになります。

また、ちょっとしたときに財布を出さなくてもいいのも嬉しい。

小銭を触りたくない潔癖症の人なんて神ツールでしょうね。
逆に小銭貯金が趣味の人は、楽天Edyはやめたほうがいいです。

次に楽天Edyのインストールから設定の方法を簡単に紹介します。

楽天Edyのインストールから設定までは超簡単だった

パソリ対応 楽天Edyアプリ
パソリ対応 楽天Edyアプリ
無料
posted with アプリーチ

①スマホから楽天Edy(上記リンク)をインストールし、楽天IDでログイン。

②あとはクレジットカードを登録するだけ。

ID入力以外、特に何もしなかったくらいの印象です。

金額の追加チャージも簡単だし、自動追加機能もあります。

(◯◯円以下になったら◯◯円を自動でチャージする、みたいな)

こんなに簡単・便利ならもっと早くから使っておけば良かった。

消費税を少しでも還元しなくちゃ

クレジットカードやEdyを使ってポイント還元されるというとこは、支払った消費税8%のうち0.5~2%を減税してもらえるようなことに構造が似ている。若干違うけど。

現金で支払うということは「還元は要りません。」という意思表示と同じことかもしれない。 

景気を回復を目指す日本社会にとって、ガンガンお金を消費していなかいと景気は良くならないが、クレジットカードやEdyを使うとこは現金を使うことと何ら変わりはない。消費量は同じ。

現金で払っても損はしません。

でもクレジットカードや楽天Edyを使うと得をします。

このことをすごく実感しています。

パソリ対応 楽天Edyアプリ
パソリ対応 楽天Edyアプリ
無料
posted with アプリーチ

関連記事



スポンサードリンク