ステーショナリー

ノートブック

2019/2/13

ロイヒトトゥルム(LEUCHTTURM1917)はモレスキンを超えるノートだった

ロイヒトトゥルム(LEUCHTTURM1917)というノート。 どうせモレスキンの模倣品だろう? と、“勝手な思い込みによる勘違い”をしていました。 先日、ちょっとしたきっかけでロイヒトトゥルムを一冊買ってみたんですが「モレスキンよりいいんじゃない・・・?」と拍子抜けしてしまうほど素晴らしいノートでした。 高級感のあるカバー 万年筆でも裏抜けしない上質紙 豊富なカラーラインナップ ノンブル(ページ数)付き もしかしたらモレスキンを使わなくなるかも・・・というほど自分に合ってるかもしれない。 文房具好きの人 ...

筆記具

2019/2/4

1,000円以下で買える国産万年筆の人気おすすめ5選【レビュー】

手軽に万年筆を楽しみたいなら、低価格で買える国産万年筆がおすすめです。 「万年筆=高級」というイメージがつきものですが、1,000円以下の万年筆でも基本的な構造はしっかりしており、実際に手にしてみると価格以上に書きやすいと感じることができると思います。 この記事では高級万年筆との違いを知りながら、おすすめの格安万年筆を紹介したいと思います。   ポイント:1,000円以下の国産万年筆の特徴を知っておこう 万年筆の価格を左右する特徴のひとつとしてペン先の素材が挙げられます。 高級万年筆は腐食しにく ...

手帳

2019/1/18

日付のない手帳「31行手帳」をマスキングテープ「貼暦(ハルコヨミ)」と合わせて使うスタイル

提供:icco nico icco nicoから発売されている「31行手帳」。手帳マニアならご存知の手帳ですが、まだ新しい手帳ということで知らない方も多いかと思います。 市販の手帳と違い、日付や曜日が刻印されていないという不思議な手帳のため、近年流行している「バレットジャーナル」にトライしてみたい人は特に注目してもらたい商品。 そんな31行手帳をレビューしてみたいと思います! 公式サイト shop icco nico icco nico Amazon店 Twitter:@icconico  Facebo ...

トラベラーズノート

2019/1/9

真鍮の文房具「ブラスプロダクト」を荒々しく使って育ててみようと思う

最近は文房具系記事ばかり書いてるmacho(@Macholog)です。 ステーショナリー好きのせいか、人気の文具アイテムはもちろん、ちょっとマニアックで無骨なデザインのステーショナリーグッズが得に好き。 そんな私がずっと気になっていたのが真鍮(しんちゅう)で作られた文房具。   その出会いは数年前、香港の文具バイヤーPatrickさんという方の写真をネットで見た時のこと。 バイヤーとして世界中を飛び回っている彼が持っているステーショナリーは、僕の文房具好きをさらに崇高にしてくれたと言っても過言で ...

ノートブック

2019/1/7

横型タイプの思考整理ノート「ロルバーン ランドスケープ」をレビュー!

提供:デルフォニクス Rollbahn(ロルバーン)と言えば“ちょっとお洒落なリング式ノート”として認知している人が多いと思いますが、「ミシン目付きで切り離せる」「巻末にポケットがある」「目に優しいクリーム色」など、機能的にも使いやすいのが特徴のひとつ。 そして、豊富なラインナップによってコレクションするのも楽しい。そんなロルバーンから初の横型タイプとなる「Rollbahn Landscape(ロルバーン ランドスケープ)」が発売されます。 ステーショナリー ディレクターの土橋正氏監修のもと開発され、思考 ...

ノートブック

2018/12/22

「もしもの時に役立つノート」を書いて自分が死んでも家族の負担を減らそうと思った

自分が死んでも家族に迷惑を掛けないために「エンディングノート」を作成しました。 エンディングノートとは、銀行口座、自動引き落とし、クレジットカード、電子マネー、保険などの個人情報を一冊のノートに書いておき、自分に万が一が起きた時でも残された家族の負担を減らすためのノートです。 遺言や葬儀のことや延命治療をどうするかなど「エンディング=死」を迎えた時に役立つため、高齢者になればなるほど多くの方が書いているノートではないでしょうか。 私自身も「エンディングノート=高齢者が作るノート」というイメージを持ってまし ...

筆記具

2019/1/10

目に優しいマーカーペン「マイルドライナー」の穏やかな色味が良くて愛用している

勉強に読書にお絵かきに。文字の上をなぞるマーカーペンは誰もが使ったことがあるハズ。 “蛍光ペン”や“ラインマーカー”とも呼ばれ、白黒の文字にペンを走らせるだけで要点を見つけやすくなり勉強が捗りますよね。 マーカーペンの私的用途 仕事の勉強(主に昇進試験) 手帳 ビジネス書 家を建てる前に勉強した本でも数多くのマーカーを入れ、要点をしっかりと把握しながら“家という高額な買い物”の不安点をひとつひとつ解消していった記憶があります。   文具店にいけば数多くのマーカーペンが販売されてますが、個人的にも ...

筆記具

2018/12/6

ステッドラー「コンクリート」という物欲を掻き立てるボールペンの魅力を語る【レビュー】

1835年ドイツ生まれのステッドラーから斬新なボールペンが発売され、なんとペン軸がコンクリートで作られているというインパクトのあるペン。 その名も「STAEDTLER CONCRETE(ステッドラー コンクリート)」 これは欲しい! と早々に予約注文。ちょっと遅くなりましたがレビューしておこうかなと思います。 デザインはお洒落なモノ好きにはたまらないアイテムですね。 同時発売される予定だった0.7mmシャープペンは残念ながら発売中止になりましたが、個人的にはボールペンをゲットできただけで十分。 早速商品を ...

筆記具

2018/12/4

ステッドラー「アバンギャルド」4C規格の多機能ペンはジェットストリーム芯を入れよう

ドイツ生まれのSTEADTLER(ステッドラー)「アバンギャルド」と言えば、スタイリッシュで実用性を兼ね備えた多機能ペンとして幅広い層にファンを抱えています。 しかも4C規格対応でジェットストリームの替え芯が使えるので、「国産ボールペンはデザインがちょっと・・」という人にとってベストなペンではないかと思います。 アバンギャルドの良さは、低価格(実売2,000円以下)ながら優れたデザインと、軽量かつ重心が低くて書きやすいという利点があります。 そんなステッドラー アバンギャルドについて紹介したいと思います! ...

手帳

2018/12/11

2019年手帳『ほぼ日weeks MEGA』増量したメモページの中身を解説!

「ほぼ日手帳」から「ほぼ日weeks」へ変えた2018年。 長財布と同じサイズの携帯性や、見開き1週間レフト式が使いやすくてビジネス手帳として大活躍。 ただ、メモページが少なかったことから100点満点とは言い切れなかったが、そんな不満点をあっさり解決してくれるほぼ日手帳が新たに登場した。 「ほぼ日weeks MEGA」である。   今までの「ほぼ日weeks」と同じフォーマットでメモページだけが増量したのが「ほぼ日weeks MEGA」。 これでビジネスメモも一冊の手帳ですべてを管理できるのでは ...

手帳

2018/11/14

ジブン手帳で使えるカバーをまとめ!本革からオリジナルまでラインナップしてみた!

ジブン手帳では様々なカバーがあり、手帳を守る、持ち運ぶ、経年変化を楽しむなど、カバーの選び方によってより自分らしい使い方ができます。 オジリナルカバーから専用本革カバー、専用ではなくても使えるカバーなどをラインナップしてみたいと思います。   関連記事 2019年「ジブン手帳Biz」の中身をレビュー! 2018年「ジブン手帳Biz mini」の中身をレビュー!   ジブン手帳のサイズ一覧 ジブン手帳は通常版、Biz、Springともに「レギュラーサイズ」と「miniサイズ」の2種類に統 ...

手帳

2018/12/11

手帳とカレンダーの2役!コクヨ「キャンパスダイアリー卓上」が有能すぎる

KOKUYOの定番手帳「キャンパスダイアリー 卓上」は、手帳+卓上カレンダーとして使える機能性に優れたシンプルなダイアリーです。 ユーザーの半数がリピーターとも言われ、その高品質で丈夫な紙質が高く評価されています。 A5サイズ 月間ブロック(月曜始まり) 方眼罫のノート32ページ分 カラー:ダークグレー、ライトブルー、ピンク 販売価格:950円(税抜き キャンパスダイアリー卓上とはどんなものなのか、機能や中身をチェックしてみたいと思います。 コクヨ キャンパスダイアリー手帳 2019年 卓上 A5 コクヨ ...

Copyright© MACHOLOG , 2019 All Rights Reserved.