年会費無料のゴールドカードを手に入れた

年会費無料のゴールドカードがあるとは信じがたいが、事実、私は使っています。ゴールドカードを手に入れたことによりそのメリットは大きいと感じており、年会費無料なら使わない手はないのでは?と思います。

そこで私がゴールドカードを手に入れた方法を紹介しつつ、誰でも年会費無料のゴールドカードを手に入れる方法も紹介します。

 

「ライフカードゴールドESPECIAL」を使っています

長年使っていたLIFEカードから突然DMが届き、その数日後に担当者から電話がかかってきました。

電話の内容は『永久年会費無料のままゴールドカードにしませんか?』という内容で、話を聞くと『ライフカードゴールドESPECIAL』と呼ばれる年会費が永久無料のゴールドカードに更新できるというものでした。

つまりインビテーション(招待制)というやつです。

どちらにしろ通常カードの期限が迫っていたし「じゃぁ、お願いします」と伝えて申請したところ、数日後にゴールドカードが届きまきた。

ゴールドカード_年会費無料

この『ライフカードゴールドESPECIAL』というのは、他社の一般的なゴールドカードとは若干異なる点があるが、普通にゴールドカードとしての役割を満たしています。

『ライフカードゴールドESPECIAL』の特典など

  • 空港ラウンジサービスが利用可能・・・全国主要26空港34ラウンジ
  • ロードサービスが充実・・・24時間365日電話ひとつで駆けつけてくれるなど
  • 会員専用のダイヤルデスク・・・ゴールド会員専用ダイヤルと専任サービスが受けられる
  • 弁護士無料相談サービス・・・電話、または面談による法律相談を1時間無料で利用
  • ポイントの有効期間が5年
  • キャッシングは金利優遇
  • その他、会員サービス多数・・・ゴルフ場の予約や、旅行予約サービス、その他優遇・割引サービスなど

結局のところ、通常のゴールドカードとほぼ変わらない、ということです。

 

ゴールドカードはステータスの高い人だけが持てるカード、という時代ではない

ゴールドカードと言えば『アメックス』『ダイナースクラブ』といった高級カードのイメージが強く 、ある程度の年収がないと持てないという印象があったが、時代はそうではないらしい。

結局のところ、優良会員であれば持てるようだ。

今、重要視されているのは以下の4つ。

ゴールドカードを持つための条件

    • 年収
    • 延滞・事故情報
    • 勤続年数
    • 年齢

やっぱ年収ってあるじゃんか! って思うかもしれないが、高額年収でなくても国民の平均年収あたりで持つこと自体は可能です。(年収400万円以上が入会資格と言われている)

基本的には30代以上を入会資格にしているのが一般的です。最近は20代でも平均的な収入のある人でもゴールドカードを持つことができるそうだ。(これはヤングゴールドカードと呼ばれ、ゴールドカードとはちょっと異なる。)

 

年会費無料のゴールドカードは3つある!〔インビテーション制を活用しよう〕

ライフゴールドカードESPECIALは特殊なゴールドカードであるとして、一般的にも年会費無料のゴールドカードはあります。

普通のカードを利用して、特定の条件を満たすことによりゴールドカードに切り替わるという「インビテーション(招待)」という仕組みによって、年会費無料で利用できるというのが基本になります。

最初から無料でゴールド!というのは残念ながらありません。ただ、日常的にカードを使っていればほとんどの人がゴールドにキャリアアップできると思うので、このインビテーションに対応しているクレジットカード会社3社について解説します。

イオンゴールドカード

イオン系列店を使う人は絶対お得 !

イオンカードを利用している人 or 申し込んだ人が、条件を満たすことでインビテーション(招待)を受けゴールドカードに切り替わるのがイオンゴールドカードです。
一度ゴールドになれば無条件で年会費無料になるという素晴らしいカードで、イオン系列店を利用する人にとってはこれ以上ないカードです。

インビテーションの条件は非公開ですが、口コミの情報を集めると以下のようだと予想されます。

いずれかを満たせばゴールドカードになるらしい。

  • イオン系列店で年間60万円以上利用
  • トータルで年間100万円以上の利用
  • 年間120回以上の決算+80万円以上の利用
特典として、通常のゴールドカードのように空港ラウンジが無料で利用できたりするのは当然ですが、家族会員カードを年会費無料で3枚まで発行できるというのもいいですね。

他にも、イオンショッピングセンター「イオンモール」のゴールド会員限定の専用ラウンジが利用でき、ドリンクサービスのほか、雑誌や新聞も読み放題、パソコンの使用もすべて無料です。
こんなのが店舗内にあるって知ってました?

このようにイオンゴールドカードは、イオンカードを持つことで一定条件さえクリアすればゴールドに切り替えられるカードです。
イオン系列店で年間60万円(月5万円)の利用なら、日常の買い物+ショッピングで簡単に越えられると思います。

イオン系列店をチェック

イオン、ダイエーはもちろんミニストップなど数多くの系列店でお得にポイントが貯めれるので、よく行く店舗がある人にはオススメです。

 

エポスゴールドカード

普通のゴールドカードなのにあっさりと年会費無料になる!

通常は年会費5,000円のゴールドカードたが、たった1度でも年間50万円以上利用すれば永久的に年会費が無料(通常は2年間で消滅)になるというすごいカードです。 しかもポイントに有効期限がないという。

こちらもインビテーション制になっており、条件を満たせば1年ほどでゴールドに切り替わります。

  • 年間ご利用金額50万以上で翌年以降永年無料

もちろん一般的なゴールドカードと同じなので、国内主要空港・海外の空港ラウンジが無料で利用でき、 海外旅行傷害保険自動付帯、ホテル優待、海外旅行サポートデスクなども充実しています。

詳しくはこちら(詳細ページに飛びます)

さらにマルイ利用者はお得になっており買い物の利用ポイントが最大3倍、さらに年4回エポスカード会員限定「マルコとマルオの7日間」の期間中はマルイのショッピングが何度でも10%OFFに。

日常的にこのカードを使えば50万円などあっという間だし、家電量販店などでお金を大きく使うなら一度このカードを使うことをオススメします。

 

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンイレブン系列店(ヨーカドーなど)利用者はお得!

系列店が多いのでカードを利用する機会はかなりありそうです。
(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズ、アリオ、セブンネットショッピング、西武・そごう、オッシュマンズなど)

こちらもインビテーション(招待)になっており、利用条件をクリアすればゴールドに切り替わります。

  • 年間100万円以上のクレジットカード利用
  • グループ店舗で毎月5万円以上、年間60万円以上のカード利用

セブンカード・プラスはnanacoポイントが貯まる「nanaco一体型カード」と「nanaco紐付型」の2種類からのみの申込みになっており、条件を満たした利用者にはセブンカード・プラス(ゴールド)の招待が来るという流れになっています。

ゴールドになると年会費無料はもちろん、ショッピングガード保険が国内外に適用されるなどの特典もつきます。

nanacoポイントは1ポイント=1円として利用できるので、カードポイントの消化も無駄なく利用できるハズです。

 

さいごに

クレジットカードは上手に使えば得をするというのは常識中の常識。定期代や公共料金、ネット回線やスマホ料金に至るまで、クレジットカードを利用しないと損をすると思います。私もゴールドカードを手に入れ、クレジットカードの使い方を見直しましたが、現金で払うことの無駄さに気づきました。

自分がよく使う店舗に合わせて、クレジットカードを作っておいて条件さえクリアすればゴールドカードに切り替わり、さらにお得なクレジットカード生活ができるといいですね。

今回紹介したクレジットカード一覧です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です