勤務しているゲーム会社がホワイト企業過ぎると思うので聞いてほしい

30代も半ばになると友人との会話も少しづつ変わり、大人になったとは思わないが、子供の話や仕事の話が必然的に増えてくる。

ビジネスやろうぜ!みたいな話になると、止まらなくなる奴が必ずいる。

これが30代から40代にかけて人生を葛藤しているサラリーマンの飲み会事情だと思う。
夜も更け、2件目に飲みに行こうなんてことになったら、そこはもう愚痴大会。殆どが仕事の悪口だったりする。

ところが僕は会社に不満がない。全くないわけではないが、友人らの話を聞いている限り一番恵まれている気がする。これはサラリーの話ではなく、人間関係や会社組織としての話だ。

おそらくホワイト企業と言ってよいのではないか。

うちの会社がホワイトと思われる実情

出勤がホワイト

朝の出勤は10時から。フレックス制度のためみんながライフスタイルに合わせた時間に出社している。午前中に出勤できない場合は上司にメールを送るだけでOK。
上司はいつも12時に出社するため、遅刻しますメールを送ることはほぼない。

子供を抱える親にとっては非常にありがたい制度だと思う。

欠勤もホワイト

では欠勤の際はどのように連絡しなくてはならないか。これも簡単。

「お疲れさまです。◯◯です。
本日、体調不良により欠勤いたします。
よろしくお願いいたします」

以上。

この文章は勝手にフォーマット化しているのではないか?と疑うほどだ。
有給もしっかり取得できるため、仕事さえしっかりしておけば休みはちゃんと取れる。

退勤もホワイト

定時は10時~19時退社となっているが、基本的にはフレックスのために残業しないことで何か言われることはまずない。

19時に帰る人は20%程度。
20時にもなると40%近くが帰る。
21時になると帰宅ラッシュが始まり、60~80%の人が帰る。

22時以降の残業は申請が必要で面倒くさい仕組みになっている。
ちなみに残業が多いとご指導が入るため、さらに面倒なことになる。

他部署では強制的に「ノー残業デー」が毎週あるようだが、うちの部署では各自お任せ。

「研究」という名のゲームプレイ

ゲーム開発をしているので、モニターは複数台ある。(PCモニター2台、テレビモニター1台)
テレビモニターでは「研究」という名のゲームプレイができる。 過去に研究という名のウイイレ大会が自然発生し、連日やり過ぎて怒られたことがある。

僕はゲーム会社に勤務しながら自宅にゲーム機が1台もないため、新作情報はここで得ている。
勉強になっていることには間違いない。

仕事中に映画見放題

これは認可されている訳ではないが観ている人はいる。全体の10%くらいかな。
そのせいかNETFLIXやhulu加入者は多い。じっくり見るのではなく完全に流し見。ラジオ感覚で映画を流しているのをイメージしてもらいたい。

仕事中に音楽聞き放題

約70%の人はイヤホンつけているので、音楽やラジオを聞きながら仕事をしている人が多い。

とは言え、みんなが仕事にこもっていることもなく活気はあり、至るところで話し声や笑い声も聞こえる。
集中する時間と息抜きの時間がしっかりできているのだろう。

福利厚生が手厚

大手ならではの福利厚生の手厚いため、◯◯割り引きサービスや◯◯体験無料的なサービスが多い。
常備薬なども安く購入できる。これまで3社経験してきたが、圧倒的に今の会社が手厚い。
福利厚生のカードを提示すると、割り引きやサービスを受けられる店がよくあるのも事実。

毎年Amazonポイント3万円分

毎年4月に福利厚生の会員クラブから謎のポイントがもらえる。そのポイントはAmazonポイントに換金ができ、その額は3万円分。年間に読む本代などはこれで賄えてしまっている。

これは知っている限り同業界で3社ほどあるようだ。※あくまでも噂です。

セクハラ、パワハラ、モラハラがない

これは僕の所属する部署の話。まずこの手の話は殆ど聞いたことがない。
僕が知らないだけの話かもしれないが、ほぼ聞かない。
そもそも50代の古風な考えを持つおじさんはゲーム業界の現場にほとんどいない。

若い社員が多い会社ののメリットは人間環境のよさにあるのかもしれない。これだけは会社によって違うのでなんとも言えないが。

離職率が低く、復帰率が高い

部署数百人のうち、年間辞める社員は1人くらい。開発本部全体だと多すぎて把握できていないが。

そのほとんどは、新しく会社を設立するか新たな事業に参戦する人ばかり。
また、一度会社を辞めた人が戻ってくることも多い。

残業手当て

普通にあります。高額ではないけど。

 

こんな環境で仕事は進むの?

これまで勤務時間や環境がホワイトであろうことを説明してきたが、これだけで話を終わらせてしまうと「ただのダラけた会社」と思われてしまう。でもそんなことはないのだ。

働いた時間が長ければ売り上げが伸びる → ×

効率よく作業するほうがコスト削減になる →

当たり前のことだが、この意識が部署全体に行き渡っており、作業工数削減のための研究時間が割り当てられているほどだ。

ゲーム業界は勤務時間がブラックな印象が強いと思うがここ10年間で随分と変わった。
残業禁止のゲーム会社だってある。
若い時は死ぬほど働いたけど、それがあまり意味を成さないことも実感している。

日本の企業はもっと残業の無意味さに気づいてもらいたいですね。

 

業界で利用されている就職・転職サイト

【Nexster/ネクスタ】(業界特化、登録無料)

Facebookアカウント1クリックで会員登録完了できる、インターネット業界(広告/メディア/ゲーム)を中心としてスカウト型の求人メディアです。忙しい社会人向けの手軽さ、人知られず自分に合った求人情報や無料キャリア相談を時間と場所を選ばずに受ける事ができます。

【リクルートエージェント】(登録無料)

顧客満足度No.1。転職の求人数・転職支援実績ならリクルートエージェントで決まり。
最大の強みは非公開求人の紹介。転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールしてくれます。

【Geekly/ギークリー】(業界特化、無料転職支援)

IT / web / ゲーム業界専門の人材紹介会社で、経験問わず志望する方にオススメです。(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大手を中心に非公開求人数は2000以上あり、少数の業界に対する専門的な知識を持ちエージェントが、希望者に最適な提案をできるのがギークリーの強みです。独占の求人案件も扱っており、多角的に分析してマッチングしてもらえます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です