私的良品 LIFE STYLE マガジン

MACHOLOG

シャイニースタンプで日付ハンコ遊びを楽しむという習慣

投稿日:

世界中で使われているスタンプ「シャイニースタンプ」。

数ヶ月前に購入したんですが、その使い心地の良さから毎日使っています。

正直、今までは普通の日付印スタンプだと思っていたが、実際に使ってみると中毒性の高い魅力あるアイテムだということに気づかされました。

シャイニースタンプは、世界でも有数のスタンプメーカー「三勝文具」(台湾)の独自ブランドであり、120ヶ国以上に製品を輸出し、アジア地域の文具ルートにおいては圧倒的なシェアを誇っている企業です。

今回はそんなシャイニースタンプの魅力や、実際の使い方などについて紹介したいと思います。

シャイニースタンプの魅力①│日付印を楽しむという習慣

日常的に日々のToDoをリスト化する、いわゆる“やることリスト”と呼ばれるものを活用している私ですが、1日の始まりにこのスタンプを押すようになりました。

単純にレトロデザインで可愛らしいシャイニースタンプを使ってみたかったから、という理由だけで始めてみたものの、実際に使ってみると“一日を始まりを押す”という感覚が「今日も1日やるぞ!」と前向きな気持ちさせてくれる。

ビジネスからプライベートまで日付スタンプの活用方法は数々ありますが、個人的には“一日を管理する”というツールとして使うようになっています。

日付印を押すを身が引き締まる。

 

そして日付印の上には「マイルドライナー グレー」でマーキング。

ノートは自作したものなので割と雑に使ってるんですが、スタンプはしっかり押すという謎の感覚も生まれ、このちょっとした緊張感が一日のスタートを良くしてくれているのかもしれません。

 

シャイニースタンプの魅力②│レトロなデザインとアナログの感覚

見た目は可愛らしいが、日付印むき出しのレトロ感もあり、アジアブランドの商品ながらアメリカ雑貨のような雰囲気があるデザインになっている。

月表示が英語になっているのも特徴で、アナログなスタンプの良さを十分に引き立ててくれている。

また、スタンプを押すときに「カシャン」という小さな音が立ち、その時に手に伝わる振動がとても心地がよく、思わず何度でも押したくなるような感覚に陥る。

一度押すとクセになる

というのがシャイニースタンプの最大の魅力なのかもしれませんね。

 

では、そんなスタンプの使い方を簡単に紹介してみたいと思います。

シャイニースタンプの使い方

まず、内蔵インクのため朱肉は不要です。

これが凄く便利。間違えて朱肉は買わないように。

スタンプの中央部に付属品のインクをセットするだけですぐに使えます。

 

 

日付のセット方法は、スタンプを下から見て日付を合わせるだけ。

ギザギザのローラーを回すと日付が動かせるので手が汚れることもありません。

 

スタンプを半押し(グレーの部分を下げる)した状態で、赤いボタンを押すとロックできるので、この状態だと日付を合わせやすいです。

 

日付をセットすれば、あとは上からポンと押すだけで日付印が押せます。

日付スタンプが180度回転しているのが分かりますでしょうか?

押すたびに中央部にあるインクにタッチするので、インクが無くならない限り何度でも押すことができます。

インクの交換について

インクが無くなってしまった場合は、別途購入して補充することができます。

 

さいごに

世界中の文具ファンから愛用されているシャイニースタンプは、ビジネスシーンではもちろん、プライベート使いとしても多くの方から愛用されています。

特に“自分らしさ”を求めるノートを書く方は日付印を使っている方が多い印象ですね。

シャイニースタンプの製品は、最も重要な原材料(インク・特殊スポンジ・多孔性ゴム等)をすべて先進国である日本、ドイツ、アメリカより調達するため、世界トップレベルの品質だそうです。

気になっている方はチェックしてみてください。

-ステーショナリー
-,

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.