日本文具大賞2019 グランプリは『万年筆 プロシオン』と『マークス システム手帳』!

日本文具大賞2019 のグランプリが決定し、プラチナ万年筆の『プロシオン』マークス 『システム手帳』が選ばれました。

個人的にはプロシオンが選ばれたたことが嬉しく、自分が愛用してレビューしてきたものがプロに選ばれるのは何だか誇らしいものです。

では、グランプに輝いた2商品について思ったことを書き綴ってみようかと思います。

 

万年筆「プロシオン」

僕が2019年にレビューした万年筆の中で、最も高評価をしていた一本だったが、日本文具大賞2019のグランプリを獲得したことで「やっぱり良い万年筆だったんだ」と改めて実感することができました。

詳しくは以下ののレビュー記事でも紹介しますが、本当に5,000円で買える万年筆とは思えないほどの素晴らしい書き心地です。

関連記事

プラチナ万年筆から2018年に登場した「PROCYON」(プロシオン)。定価5,000円という価格帯から「上級クラスのカジュアル万年筆」と位置付けできる万年筆と言えるでしょう。このプロシオンをかれこれ半年近く使ってみたんです[…]

大型の五角絞りステンレスペン先は、程よい“しなり具合”で書き心地が柔らかく、高級万年筆の金ペンに近い感覚で文字を書くことができます。

ヌルヌル書けるというよりかは、サラサラ書けるというイメージ

さらにプラチナ万年筆独自の「スリップシール機構」(※密封キャップによりインクが蒸発しにくい構造)を採用しているため、1年くらいなら放置していてもインクが乾燥しません。

インクの吸引も新しい構造になっていて、ペン先に小さな穴が作られています。インクボトルを使う場合、この穴のあたりまでペン先を浸せばインクが吸引でき、ボトル内のインクが少なくなっても最後までしっかりと吸えるのが特徴です。

とにかくこの吸引穴はメリットしかなく、すべての万年筆がこの設計ならいいのにと思うほど。

プロシオンを一言でいうと「コスパが良すぎる高性能万年筆」と言ったとこでしょうか。

デザインもお洒落で高級感があるので、初めて万年筆を使う方やビジネスシーンで使ってみたいという方に超オススメできる一本ですね。

>> 公式サイト:プラチナ万年筆 プロシオン

 

マークス「システム手帳」

可愛く自分らしい手帳がつくれる女性向けのシステム手帳「マークス システム手帳」もグランプリを獲得。
「システム手帳=ビジネス手帳」という堅いイメージを覆し、SNSを中心にスキングテープや写真をデコレーションした手帳のカスタマイズを楽しむ方にとってベストなアイテムなのではないでしょうか。自分らしい理想の手帳が作れるのが一番の魅力だと思います。
PU素材の軽量カバーで持ち運びも便利だし、マークスならではの豊富なコンテンツリフィルが用意されているので選ぶもの楽しいと思います。本製品にはトライアルリフィル入りのためフォーマット選びの参考にもなりますね。
ライフログ手帳としてトライしてみたい方は是非チェックしてみてください。
ちょっと女性向け過ぎるので僕は使わないかな。笑

>> 公式サイト:online MARK’S Inc. システム手帳

 

その他、日本文具大賞2019 優秀賞についてはコチラの記事で紹介しています。

関連記事

日本文具大賞2019日本文具大賞とは、機能面・デザイン面それぞれにおいて、その年のもっとも優れた文具に贈られるアワードのこと。2018年7月7日以降に発表された文具の新製品・リニューアル製品の中から10製品を選定し、機能部門/デザイ[…]