自転車の雨具はポンチョをオススメするが、安いものは買わないほうがいい。

自転車-ポンチョ
スポンサーリンク

自転車に乗る時に困ること。それは雨。

傘差し運転は道路交通法で禁止されています。

そもそも傘差し運転は危ないし、法律以前にやめた方がいい。

自転車事故は命に関わることもあるから、こんなリスクを取る必要など全くないと思います。

ということで、雨対策にレインコートならぬポンチョを購入したので紹介します。

ポンチョを買うに至る経緯

今までは原付バイクで駅まで通っていたが、原付の故障が立て続きに起こり、修理代がかなり手痛くなってきたので、自転車で駅まで通うことにしました。

原付バイクの駐輪場代金も高かったし。

そこで、もともと乗っていたクロスバイクの自転車をメンテナンスして再び乗り始めました。

だが、自転車通勤をするのに一番の問題は雨でした。

クロスバイクやロードバイクに傘差し運転という選択肢は無く、レインコートかポンチョを着るしかありません。

こんな強そうな傘や可愛らしい傘も・・・絶対に危険です。

もう一度言いますが、傘さし運転は絶対にやめましょう。

原付バイクに乗っていた時の雨対策は古いゴアテックスのレインウェア。

これが最高に雨を凌いでくれたんが、自転車を乗る時にはゴツゴツしすぎて乗りづらい。おまけに駐輪場での着替えも大変・・・

ウェアの何かが自転車に引っ掛かったら大惨事が起きてしまうし、安全面を考えて新しいレインコートを買おうと決めました。

安全なレインコートを探しまくった結果

レインコートを色々と検索していると「ポンチョ」というキーワードが沢山出てきましたが、どうも胡散臭いものばかり。レビューをみてもヒドイものばかり・・・。

ポンチョは着るのが楽でデザイン性も高いものが多く探すのが楽しかったんですが、デザインばかりで機能に不安を感じるものも。。。

大事なことはコレ。

おしゃれなんかより安全第一

この当たり前の事に気づいてから選ぶ基準が一気に変わりました。

とにかく安心できるブランド安全な構造かどうかを基準に選び、調べまくった挙げ句にある商品に出会い購入に至りました。

rin project(リンプロジェクト)のサイクルポンチョに決めた

自転車-ポンチョ

安心のブランド  rin project (リンプロジェクト)

自転車が好きな人であれば誰しも聞いたことがあるだろうブランドがrin rpojectです。

自転車に関するかわいいアイテムなどが沢山あります。

自転車に乗るための安全な構造

他のポンチョと比較しながら商品を探してしましたが、商品レビューを読みながら確実に分かったことがあります。

安いポンチョ=何かしらの危険を伴う

走行中にポンチョがめくれて視界が奪われた。とか、ポンチョが自転車に絡まって転倒した。とか・・・。

あと、安いポンチョは基本的に防水性が弱いようですね。

その点、今回購入したrin projectのポンチョは、自転車に乗るためのポンチョとして構造されている商品です。

本当に細部に渡ってよく出来ていると思います。

自転車-rinproject
自転車-ポンチョ自転車-rin

乗るときはこのように乗ります。

rinprojectーポンチョ

ボクが愛用しているバッグ Coleman アトラスロールトップ も背負ったままポンチョを着ることができますよ。

「Coleman ATLAS」(アトラス ロールトップ)通勤バッグをリュックに変えたら肩こりが治った

2016.10.13

足先まで完全に防備したい人はビニールカバーを使おう

ポンチョでは強風や横風の強い雨の場合、足先が濡れてしまうことがあります。

そんな時はこのビニールシューズがオススメです。

歩くと多少滑るので足裏に切れ目を入れるなどの工夫をして、滑らないように気をつけて下さい。

最後に

言わずもなかれ、自転車は命に関わることがある乗り物です。

僕はクロスバイクに乗るときも、妻の電動自転車に乗るときも常に安全第一で運転しています。

夜間、ライト切れが起きることも想定して常に電池はバッグの中に入れてあります。

雨の日の運転は特に危険なので、自分が安全な服装、また安全な状態で運転できてるか見直してみてください。

スポンサードリンク
自転車-ポンチョ