戦争映画の最高峰『バンド・オブ・ブラザーズ』を超える作品はあるのだろうか

更新日:

どうも、年間映画300本男 machoです。

『バンド・オブ・ブラザース』という映画(海外ドラマ)を御存じでしょうか。

戦争映画が好きな人であれば「神作品」と言われるほどの作品なんだけど、あまり知られていないんですよね。

理由は簡単。

この映画は映画館で上映されたのではなく、全10話からなるWOWOWの海外ドラマだったから。

すでにDVDも発売されており、非常に高いレビューを獲得している作品なのだが、どうも認知度は高くないようです。

僕の戦争映画ランキングでは、圧倒的1位の作品なので紹介したいと思います。

『バンド・オブ・ブラザーズ』の概要

物語は1942~45年、米陸軍101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊のエリート「E中隊」の若者たちが体験した過酷な3年間を描く。

この3年間で、過酷な訓練の日々からノルマンディ上陸→ナチス崩壊までの流れを全て見せてくれます。

かっこいいよね。

すべて実話に基づき、登場するキャラクターは実名

生存している本人が各エピソードの冒頭に登場し、戦争当時の事実を語ってからエピソードがスタートします。

この構成が、戦争のリアル感を見事に増幅させています。

チーム「プライベート・ライアン」のスタッフが本気を出して制作した作品

スティーブン・スピルバーグ、トム・ハンクス製作総指揮

『プライベート・ライアン』のスタッフが製作費200億円という桁はずれのスケールで戦争の真実をリアルに描写しています。

レビューの参考値

メタスコアは86

アマゾンレビュー

yahoo映画でも4.35を獲得しており、非常に高い評価を得ている作品です。

主人公「ウィンターズ」を演じるダミアン・ルイスは上司として鏡のような存在

ストーリーが進むにつれ出世していく主人公ウィンターズ。

冷静ながらユーモアがあり、部下をうまくコントロールしながら、上層部からの無理難題な指令をこなしていく様は必見。

実際にこんな人が居たのかと想像するだけでワクワクします。

主演ウィンターズを演じたダミアン・ルイス

実際のモデルとなったリチャード・ウィンターズ氏

参照画像元:https://sundayposttv.wordpress.com/2013/06/23/what-do-i-have-to-do-to-die-death-or-lack-thereof-in-band-of-brothers/

映画ではここまで近づけています。

参照画像元:https://jp.pinterest.com/pin/80009330854201782/

熾烈な戦場を徹底したリアリズムで描く

従来の戦争映画にあるような情感を排した演出を行っており、過剰演出も少なく、リアルな爆薬の量が逆に恐怖を感じさせます。

史実に基づく「戦闘シーン」と「人間模様」のエピソードを相互に構成しており、詳細に戦争の現実を突きつけてきます。

トム・ハンクスが「真実の重みを伝えたかった」という言葉通りの作品。

『バンド・オブ・ブラザーズ』は映像よりも記憶に残る映画

戦争映画に求められるものは、リアル感と迫力ある演出だと言われています。

過去の大作を振り返っても、必ず記憶に残るシーンがあるハズ。

挙げたらキリがないが、映画作品を売る上で映像インパクトはとても重要です。

ところが『バンド・オブ・ブラザーズ』は記憶に残るようなインパクトある映像が少ない。

徹底したリアリズムから過剰な映像表現を行わず、あたかも自分が戦場の一員であるかのようなカメラワークを重視しているからでしょう。

上空から見下ろす大迫力の爆弾投下シーンよりも、数m先から銃口を向けられる怖さのほうがよっぽど強い衝撃を受けます。

この小さな恐怖の積み重ねの映像が戦争の恐ろしさを伝えています。

そんな『バンド・オブ・ブラザーズ』はDVD、Blu-Ray、もしくはhuluで視聴できます。

生涯に残る作品になると思いますよ。

huluはこちら(新規2週間無料)

-映画

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.