ブログで使える著作権フリー写真素材はUnsplash 4.0をオススメする

更新日:

Unsplash 4.0

ブログなどで無料で使用できる「フリー画像(著作権フリー)」の写真を提供してくれるサイトは多々あります。

その中でも僕がオススメする「Unsplash」が大幅アップデートされたので紹介したいと思います。

Unsplashとは

5万枚を超える世界中から投稿された写真を著作権フリー&無料で使用することが出来ます。

今回のアップデートにより、検索/タグ/コレクション/お気に入り追加など、フリー写真素を利用したいブロガーにとって、使いたい画像を見つけ易くなりました。

Unsplashの特長は高画質でインパクトのある写真が多い。

ブログに写真を使うユーザーが求めているのは「高画質とインパクト性」ではないでしょうか。

人の目を引き付ける画像がとても重要です。

僕の勝手な印象ですが、Unsplash の画像はブログ上であまり出回っていないようにも感じます。

有名なフリー写真素材サイトなどの画像はブログで使われているのをよく見かけますが。

ブログ・webサイトで画像を使う意義

文章の演出効果

このブログでは1記事に対して最低1枚以上の写真を使っています。

写真を使うことで人の目線を誘導し、文章に対しての演出を行うには「感情を揺さぶる写真」を使うと効果的です。

文章を書くことに特化している人は別ですが、そうでない人は写真を使って記事の演出をすることはとても大事なことだと思います。

微力ながら検索効果もあります。

「alt=」ですね。

ここでは割愛します。

写真のストック方法

ローカルではなくクラウドで

写真保管方法はとても大切です。

PCのローカルに管理しても問題ないですが、このようなブログ用の写真はクラウド保存することをオススメします。

クラウド上に写真を保存しておけば、スマホ・PC、自宅・外出先など環境を選びません。

また、「Googleフォト」のような容量無制限のクラウドストレージであれば、容量を気にすること無くどんどん保存することが出来ます。

「Googleフォト」と「Googleドライブ」の連携が有効

「Googleフォト」ではファイル名の変更やフォルダ作成などは出来ないが、「Googleドライブ」ではフォルダ分けや名前の変更など、自由に操作することが出来るので、フリー画像の写真はここにフォルダを作成し保存しています。

Google ドライブと Google フォトの連携 - Google フォト ヘルプ

↓僕のGoogleドライブ上のフリー画像ストックフォルダ

最後に

ちょっとコアなフリー写真素材サイトUnsplashを紹介してみました。

コアとは言えこのサイトのファンは多く、Unsplashで落としてきた画像を使っているブロガーさんもいることは確かです。

ブログを彩る演出として画像を使うことはオススメするので、その中の選択肢の1つとしてUnsplashを利用してみてはいかがでしょうか。

-サイト運営

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.