【LINEモバイル】申し込み手順を徹底解説!本人確認書類は免許証のみでOK!

LINEモバイル

 

LINEモバイルを申し込みをする際、必要書類は? SIMサイズとは? エントリーコードって何? など、普段聞き馴染みのないキーワードが出てきて困惑すると思います。

この記事では、LINEモバイルの申し込みの際に必要な書類や申し込み手順を分かりやすく解説するので、記事に沿って進めてもらえれば大丈夫だと思います。

【事前準備】LINEモバイルの申し込みに必要な書類は免許証のみ

LINEモバイルと契約するためには本人確認書類が必要になりますが、免許証があれば大丈夫です。

もちろん免許証のコピーを郵送するなどというアナログな手段ではなく、スマホで撮影した免許証を申し込み画面でアップロードするだけです。

事前に撮影しておくと便利です

免許証を持っていない方は、以下の本人確認書類一覧を参照して下さい。

利用できる確認書類は沢山ありますが、一般的に持っている確率が高いものは赤字で表記しておきます。

これらのうち ”いずれかひとつ” があれば大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート+※補助書類
  • 健康保険証+※補助書類
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • k特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類

※補助書類=公共料金領収書/住民票

 

本人確認書類以外に必要なものは?

  • クレジットカード/LINE payカード/LINE pay のいずれか
  • E-mailアドレス
  • 社他から乗り換える方は、事前に「MNP予約番号」が必要。

基本的には免許証+クレジットカードがあれば大丈夫だと考えて下さい。

 

【徹底解説】LINEモバイルの申し込み手順の流れ

申し込みはPCからでもスマートフォンからでも可能ですが、分かりやすくPCでの申し込み画面の画像を使って紹介したいと思います。

申し込み方法の選択

まずは申し込み方法の選択ですが、「通常申し込み」か「エントリーコードを利用して申し込み」のどちらかを選択する画面が表示されます。

エントリーコードとは?

事務手数料3,000円が無料になる16桁のコードのことです。
代表的なのがAmazonで購入できる「LINEモバイル データSIM エントリーパック 」で、パッケージ内に表記されている16桁のコードを利用することができます。(有料商品〔990円〕)
すぐにでも開通したい方にはオススメしませんが、プラス数日かかってもお得に契約したい人は購入したほうがメリットがあります。

 

申し込み内容の選択(SIM+端末 or SIMのみ)

次に端末を同時に購入するか、所有している端末を利用するかどうかの選択画面に移ります。

  • LINEモバイルでスマホ・タブレットの購入を予定している方は「端末+SIMカード」へ
  • 所有しているスマホ・タブレットをそのまま利用する方は「SIMカードのみ」へ

「端末+SIMカード」を選択した場合のみ、端末選択画面が表示がされます。

魅力的なスマホが沢山ありますが、目移りし過ぎないないようにしましょう。笑

 

料金プランの選択

LINEモバイルは料金プランのカテゴリーが3つしかないので非常に分かりやすいです。

  1. LINEフリープラン
  2. コミュニケーションフリープラン
  3. MUSIC+プラン

 

例として最も人気の「コミュニケーションフリープラン」を選んだ場合、データ容量(3~10GB)とサービスタイプ(音声通話ができるかどうか)を選択します。

※契約後のプラン変更は可能ですが、「データ+SMS」→「データ+SMS+音声通話」などに変更することは出来ません。

次にSIMのサイズを選びます。

SIMサイズを選択

SIMサイズって何?と思う方も多いと思いますが選び方はとても簡単です。

スマホやタブレット端末にはSIMカードを挿入できるサイズが決まっているので、使用する端末のSIMサイズが分かれば大丈夫です。

LINEモバイルでは「動作検証済み端末一覧」が申し込みページより確認できるので、ここで端末の確認を行ってSIMサイズを選択すれば大丈夫です。

ここをクリックすると以下のようなページが開かれ、利用予定の端末のSIMサイズを確認することが出来ます。

iPhone 5 は nano SIM だということが分かりますね。

※契約後にSIMサイズを変更する場合、別途3,000円の金が発生するので、利用する機種は必ず確認しておきましょう。

 

オプションの端末保証はどうする?

次にオプション選択画面が出てきます。

プランによってオプションの数は異なりますが、「端末保証」という重要っぽい項目は必ず出てきます。

端末保証とは?

落下・水没などのトラブルに備えたオプションの保証のことで、最低限の負担で端末の交換・修理をすることができます。
LINEモバイルで購入してない端末にも保証を付けることが可能で、こちらは「 “持込” 端末保証」と呼ばれ、同様の保証をつけることが可能です。

 

保証は1年間に2回まで利用でき、修理・交換の代金は5000円(1回目)、8000円(2回目)となっています。

  • 端末保証(450円/税抜)

→ LINEモバイルで購入した端末につける保証

  • 持込端末保証(500円/税抜)

→ 契約者が自分で端末を用意し、SIMカードのみを契約する場合につける保証

端末保証は契約時にしか申し込みできません!

端末保証を魅力に感じた方は、必ずここでチェックを入れておいて下さい。

個人的に格安SIMを使うのに月額500円の保証料は高いかな?と考えているので、端末保証は不要という選択もアリだと思います。

 

料金の確認

最後に料金の確認をしてプラン選びは終了です。

初回に掛かる費用、毎月の月額料金が分かりやすく表示されるので、コチラで問題がなければ「次へ進む」をクリックします。

 

プラン選びが終了したら、次は登録に必要な入力を行います。ここからは特に頭を使うことなく事務的な作業になります。

 

申し込み区分:MNP利用者は必須

データSIMのみを申し込んだ方は、ここは読み飛ばしてください。

「データ+音声通話」を申し込んだ場合はこの画面に飛ぶので、以下を選択します。

新規で電話番号を取る場合は「新規番号での申し込み」をクリックして先へ進みます。

他社から乗り換え予定の方は、ここでMNP予約番号を入力します。

MNP予約番号を見ながら入力するだけです。

この画面の入力を終えたら、このまま「お客様情報入力」ページへ進み、名前・住所・メールアドレスなどの記入を済ませ、規約にチェックを入れて「次へ進む」をクリック。

 

ここで先ほど登録したメールアドレスに、LINEモバイルから「本人確認書類アップロードのお願い」という件名のメールが届くので、メールに記載されたリンクをクリックして本人確認書類の添付へ進みます。

 

本人確認書類の添付

メール内のリンク先を開くと本人確認書類を添付するページに飛びます。

本人確認書類は免許証で大丈夫なので、スマホで撮影した写真をここで添付します。

「+ファイルのアップロード」をクリックして画像ファイルを選択します。

これで本人確認書類の添付は完了です。

このまま支払い方法を選びます。

 

支払い方法の選択

一般的に格安SIMの支払い方法はクレジットカードになりますが、LINEモバイルはLINE payでの支払いも可能です。

LINEモバイルの支払い方法は3種類

  1. クレジットカード
  2. LINE payカード
  3. LINE pay

 

LINE payカードとは?

クレジットカードではないチャージ型のカードがLINE payカードです。
そのため手数料や年会費が無料で利用することができます。

コンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店で利用でき、利用金額100円ごとに2ポイントが貯まるという還元率(2%)がとても高いカード。
1ポイント1円換算で、1000ポイントからLINE Pay残高に交換可能です。

LINE payカード

 

支払い方法選択画面でどちらかを選ぶことができます。

契約後に支払い方法の変更をしたい場合は、会員ページから変更することもできるので安心してください。

最後にLINEモバイル管理ページの「ログインID・パスワード設定」を行って申し込みは全て完了です。

翌日に契約完了のメールが届くのでお待ち下さい。

 

LINEモバイルのSIMカードは2日で届いた

申し込みをしてから実際にSIMカードがいつ届くのが気になると思いますが、LINEモバイルは2日後に届きました。他社のスマホからMNPをする方は「MNP予約番号」を発券したらすぐに申込みをしたほうがよいですね。

正確に記載しておきます。

day1 深夜12時過ぎに申し込み
day2 契約完了のメール→商品発送のメール
day3 到着

 

という流れでした。

場合によっては翌日届く?という可能性も感じますがどうでしょう。

 

LINEモバイルは会員ページが見やすくて使いやすい!

LINEモバイルの管理ページの見やすさと使いやすさは驚きました。

とてもシンプルで理解しやすい管理画面になっています。

どのページに飛んでも視覚的に分かりやすい表示がされているのはさすがLINEモバイルですね。

 

ということで、LINEモバイルの契約時に必要なものと、申し込み方法を紹介しました。

 

まとめ

LINEモバイルは回線速度が速いと評判高いですが、シンプルな料金プランと使いやすい会員ページも高評価できます。

またLINE、facebook、Instagram、Twitterなど、日常で使うデータを大きく占めるSNSサービスが無料で利用できるのが最大のメリットです。

簡単ではない格安SIM選びで迷ったら、LINEモバイルは間違いない選択です。

LINEモバイル

  • SNSサービスがカウントフリーで使い放題
  • docomo回線と同じエリアに対応し、日本全国で繋がる
  • 高速回線と評判が高い
  • LINEで使えるポイントがもらえる
スポンサードリンク