【金融映画】巨額マネーが動く投資やお金をテーマにしたビジネス映画10選

今回紹介する映画は、「投資やお金」を題材にしたもので、実話を元にした映画をベースに集めてみました。

ストーリーは架空であっても、過去に起こった事実を元にして展開されている作品が多々あります。

代表的なものとしてはブラックマンデー、サブプライム等の事件ですね。映画の裏側に実話があると2倍楽しめます。

based on true story

この物語は事実に基づく

というものです。

それでは「ビジネス業界でうごめくマネー・投資・ビジネス」に関するお勧め映画を紹介したいと思います。

 

マネー・ビジネスを題材にしたオススメ映画厳選10選

1.ウォール街

¥199(2019/12/06 08:23:56時点 Amazon調べ-詳細)

公開 1987年
監督 オリバー・ストーン
出演 マイケル・ダグラス/チャーリー・シーン/ダリル・ハンナ他 

これこそキング・オブ・投資映画。
出世願望の強い若手証券マン、バド(チャーリー・シーン)と、冷酷かつ貪欲な投資銀行家、ゲッコー(M・ダグラス)の策謀渦巻く証券業界を舞台にしたサスペンス・ドラマ。投資系の映画、マネーにまつわる映画、つまり資本主義を前面に描き出した映画の先駆けとも取れる作品です。

 

2.マネー・ショート 華麗なる大逆転

公開 2016年
監督 アダム・マッケイ
出演 クリスチャン・ベイル/スティーブ・カレル/ライアン・ゴズリング/ブラッド・ピット

リーマンショックが起きる裏側でいち早く経済破綻の危機を予測し、ウォール街を生き抜いた4人の男を描いた実話作品。
第88回アカデミー賞には5部門にノミネート(作品賞、監督賞など)され脚色賞を受賞。金融トレーダーのマイケルは住宅ローン破綻に発する市場崩壊銀を予測するも、銀行家や政府に全く相手にされない状況のなか、いわゆる「巨額の逆張り」を行い市場の動向を待つ。
自分の金のためではなく、市場を考えたマネーゲームを見据えているマイケルの生き様も見ものです。

 

3.ウルフ・オブ・ウォールストリート

公開 2013年
監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/マーゴット・ロビー

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。
1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ、その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰を見つめていく。
巧みな話術や斬新なアイデアは学ぶべき点も多かったです。  金にまみれたクレイジー過ぎる時代の象徴的映画なので必見。

 

4.ウォールストリート

公開 2010年
監督 オリバー・ストーン
出演 マイケル・ダグラス/シャイア・ラブーフ/キャリー・マリガン

『ウォール街』から約23年、続編映画として公開され21世紀のマネー・ゲームを描いている。カネが人の価値観を狂わせ、人間関係を壊す点では前作と同じ要素を持っている。

 

5.キャピタリズム〜マネーは踊る

Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥3,177(2019/12/06 08:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

公開 2009年
監督 マイケル・ムーア

『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『華氏911』などのドキュメンタリー映画を監督していることで知られるマイケル・ムーアが、資本主義経済に切り込んだ作品。
基本的に反ブッシュ・反共和党の思想があり、内容的に若干偏っているようにも感じるが、彼は常に「人として正しいこと」を追い求めている人間です。
マイケル・ムーアのドキュメンタリーの特徴はテーマは難しいがとても分かりやすい構成になっていること。
演出力が非常に高くコメディ要素も多々あり、観ている人を飽きさせない映画です。

 

6.インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

公開 2010年
監督 チャールズ・ファーガソン

第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した作品。
2008年に起きた世界的経済危機の裏側に迫るドキュメンタリー。
タイトルの”Inside job”は、インサイダー取引など信頼を受ける立場の人間による内部犯行を意味する。
リーマン・ショックを始めとする世界金融危機の実態を、専門家や政治家へのインタビューを交えて暴いていき、内容も衝撃的なドキュメンタリーです。

 

7.ザ・コーポレーション

アップリンク
¥1,180(2019/12/06 08:24:00時点 Amazon調べ-詳細)

公開 2004年
監督 マーク・アクバー

アメリカ企業を中心としたグローバル化の波が世界を覆い尽くそうとしている今日、個々人の集合体であるはずの“企業”という存在がいかなる行動原理に支配され、我々の社会、そして地球にどのような影響を及ぼしているかを、ユニークな視点から分析した異色ドキュメンタリー。
政治と金融の世界がいかに一体化させているかよく分かる映画です。

 

8.エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?

公開 2005年
監督 アレックス・ギブニー

アメリカ史上最大の企業スキャンダル、エンロン事件を追ったドキュメンタリー。

全米第7位、世界第16位に急成長した巨大企業がわずか2か月で破綻するまでの経緯を、元社員の証言や内幕を暴く内部資料によって浮き彫りにする。
若い世代の人たちにはこのエンロン事件についてはしっかり知っておいてもらいたい。

 

9.大逆転

¥199(2019/12/06 08:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

公開 1983年
監督 ティモシー・ハリス
出演 ダン・エイクロイド/エディ・マーフィー他

大企業の経営者ルイスと、サギまがいの事をやりながら生きている貧しい黒人青年ビリー。
先物取引会社を経営するデューク兄弟が、この2人の立場を入れ換えるとどうなるかという賭けをするというコメディ映画。
さすがエディ・マーフィの演技には脱帽で、今の時代でも十分楽しめる映画です。

 

10.マネートレーダー 銀行崩壊

公開 1999年
監督 ジェームズ・ディアデン
出演 ユアン・マクレガー他

イギリスで制作された映画で、1995年にイギリスの名門投資銀行「ベアリングス銀行が破綻した事件」を題材にしている。

28歳の一人のトレーダーによって1400億円もの巨額損失を出してしまったという実話です。

 

金・投資・ビジネスにまつわる映画を厳選してみて

ということで「金・投資・ビジネス」に関した映画を紹介してみました。

洋画であればこれ以上もなければ以下でもないくらい厳選したつもりです。

邦画でも同様に「金・投資・ビジネス」にまつわる映画は多々あります。

気になった方はチェックしてみてください。

関連記事

今やVODサービス(ビデオオンデマンド)を利用して、月額定額制の映画・海外ドラマを視聴するのが当たり前の時代になっていますが、私もこれまでいくつかのサービスに加入し、今は3つのサービスと契約しています。VODサービスはスマホ/タブレ[…]