東プレ「REALFORCE」のキーキャップをカスタマイズしてみた!

前回のレビュー記事「>> Mac専用の最高峰キーボード REALFORCE TKL SA for Mac」に引き続き、今回はキーキャップをカスタマイズしてみました。

単純に視覚的に変わったというだけだが。

 

このキーボードが・・・

こんな感じにカスタマイズ!

キーキャップを交換しただけで、かなりいい感じに変身しました。

ちょっとスターウォーズっぽい感じでお気に入り。

 

この記事では、東プレ「REALFORCE」のキーキャップカスタマイズについて紹介します。

キーキャップ交換に興味ある人はぜひ読んでみてください。

▼今回カスタマイズしたキーボードはコチラ

 

[過去]理想のキーボードカスタマイズ

まず、僕が過去にカスタマイズしたFILCO Majestouch2のキーボード。

海外のキーボードメーカー「WASD Keyboards」でオーダーしたキーキャップを装着したモデル。

個人的にはこのキーボードが理想的で、英数字キー/ENTERとESC/その他を3色で分類するのが好みです。

全体のカラーリングやフォントカラーを含めて全てが気に入っているが、後に購入した東プレ「REALFORCE R2」のほうがキーボードとして自分に合っていたために今は使わなくなってます。

 

このキーキャップを東プレでそのまま使えたらいいんだが、FILCOはCheryy MX軸のメカニカルキーボードなので、静電容量無接点方式のREALFORCEには適合しません。

 

じゃぁ、どうるすべきか。

 

なんとしてもREALFORCE   for Macを格好よくしたい。

 

しょうがない。

あれを・・やるか・・。

 

 

東プレ「REALFORCE」キーキャップのラインナップは乏しい

REALFORCEってカスタマイズ用のキーキャップがかなり少ないんですよ。

Cherry MX軸はカスタマイズ用のキーキャップが数多く出回っているし、海外を見ればもう数え切れないほど手に入れることができる。

REALFORCEユーザーってキーキャップを替えて、デザインで遊ぶような人は少ないのだろうか。

製品情報はあるものの、なかなか出回ってない現実も。

ホント時期によっては全然ダメっすね。

 

ということで・・・

贅沢にもこの方法で。

 

[豪華]2台の東プレのキーを組み合わせる

上:REALFORCE  R2 PFU 限定モデル(白×アイボリー)

下:REALFORCE TKL SA for Mac(黒×シルバー)

 

この2台のキーキャップを組み合わせてカスタマイズすることにしました。

2つ合わせて6万円という驚異的な価格だが・・・。

使わないR2を掃除して売ればいいのに・・と悪魔の囁きが聞こえるが無視しよう。

 

キーキャップのカスタマイズ始めます

簡単にキーキャップを交換する方法を紹介します。

[必須]キープラーでキーを抜く

工具はキープラーがあればOK。

REALFORCEを購入すると付属品に付いています。

 

キーキャップを抜く前に、どのキーか分からなくならないようスマホで撮影しておくと便利。

再び取り付ける時はスマホを見ながら作業します。

 

キーキャップはキープラーを四隅に引っ掛けて引っこ抜きますが、グイッと力がいる作業です。

正直、FILCOのキープラーのほうが全然使いやすい。

分かっちゃいたけど、キーボードの内側はホコリまみれでした。

全部キーキャップを抜くと汚れが顔を出します。マジで汚い。

ノンフロンスプレーでさっとホコリを出して、綿棒できれいにしました。

やっぱキーボードの近くでお菓子とか食べるもんじゃないな・・・。

 

キーキャップを洗浄する

食器洗い洗剤でキーキャップを洗いました。

多分だけど、キーキャップの汚れって手垢なので酸性の汚れのハズ。

なので重曹、炭酸水、洗濯洗剤などのアルカリ性で洗った方がキレイになると思います。

キーキャップの汚れがひどい人は是非試してみて。

 

1時間ほど浸け置き洗いしたら超キレイになりました!新品じゃん!

半日くらい乾燥(放置)してキーキャップの洗浄は完了です。

 

REALFORCEのキーキャップも外す

同じくキープラーを使ってキーキャップを外します。

 

こっちは新品だから抜くとスッキリ。

あー、早くカスタマイズしたい。

 

キーキャップの配置を決める

キーキャップを組み合わせ、仮置きして完成図を作ってみます。

 

数パターン試して見たが、やっぱりこんな感じかな。

ShiftキーやEscをグレー系にしたらいい感じになりそう。

 

REALFORCE キーキャップカスタマイズが完成!

ということで、これで完成にしました。

改めてカスタマイズしたキーボードを見てみると、我ながらなかなかカッコいい仕上がりになりました。

今では、ついこのキーボードで仕事をしたくなってしまうほど愛着が湧いてます。

 

 オフショット

ちなみに、使わないほうのREALFORCE R2はのように。

これはこれでアリ?

 

 

 オフショット

最後に記念撮影。真ん中が「REALFORCE TKL SA for Mac」です。

キートップカスタマイズとしてはかなり豪勢な使い方をしてしまいましたが、キーボード環境がいいと仕事のやる気も違うんですよね。

愛着が湧いて、ついキーを叩きたくなるし。

たかが見た目の話だけど、色々変えてみると面白いと思いますよ。

 

まぁそんな感じで、新たなキーボード「REALFORCE TKL SA for Mac」をカスタマイズしてみました。

これから愛機として頑張ってもらうつもりです!