台ふきんを重曹で煮洗いすると想像以上に汚れが浮き出てくる

台ふきんってすぐ嫌な臭いがつくから、なんか嫌な感じ。

日常はジャカジャカ水洗いして干すくらいだが、週に1度ペースで台布巾を重曹で煮洗いしています。

知恵袋見てたら「普通毎日やるでしょ!」って人が多くて焦ったが・・・

ちなみに我が家の台ふきんの用途は、「キッチンカウンターを拭く」くらいです。

そんな僕が毎週行っている恒例行事をレポートします。

台ふきんの洗浄に必要なもの

  • 重曹

 

台ふきんの煮洗いの仕方

1、重曹水を作る

鍋に水を入れ、大さじ一杯程度の重曹を入れる。分量はテキトーでよい。

2、台ふきんを重曹水の中に入れる

水が冷たいうちに入れてOK。

3、沸騰させて中火・弱火で10分くらい煮詰める

重曹水が溢れない程度にグツグツやっておきます。

4、台ふきんを取り出す

火を止めたら台ふきんを取り出して、水洗いをする。

5、台ふきんを干す

日干しが一番良いが、室内で乾かしてしまっても大丈夫。

6、鍋を洗う

汚れた鍋をキレイに洗いましょう。チャーミーで。

アルミ製の鍋やヤカンで重曹水を沸騰させると、鍋が黒ずんでしまうという情報がネットに出ていたが、今のところそんな現象は見られない。

 

 

ではもう一度写真でざっくり流れをまとめます。

重曹を用意して水に投入!

グルグツ10分くらい煮る!

水がキタネー!!

水洗いして完了!どこかに干しましょう!

以上!

 

重曹はなぜ汚れを落とすのか

重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れ(油汚れなどのベトベト系やネバネバ系の汚れ)に対して効果を発揮します。アルカリ性は酸性を加えて中和しますね。

台布巾の汚れはまさに「酸性の汚れ」と考えてよいです。ちなみに。

アルカリ性の汚れ(トイレ系のアンモニアや水道水のカルキなど)に重曹しても意味ないよ。

トイレにサンポールって言うけど、「トイレのアルカリ汚れ」には「酸ポール」って考えると分かりやすいでしょう。汚れは中和させましょう。

この辺はいずれ記事にしてみようかな。

重曹の除菌効果は?

除菌という面ではどうだろうか。

重曹にはそもそも殺菌効果があるわけではない。所詮は弱アルカリ性だし。

しかし、「洗浄力、消臭力」にはとても優れている。

除菌に関してはハイターなどの商品を使ったほうが良いと思う。

でも塩素系の漂白剤だから体にはよくないハズ。たまにするくらいで良いでしょう。

台布巾の代用品

布巾を使う以外にも、キッチンペーパーを使うという方法も有効です。

キッチンを最後に拭き上げるときはこれを使っています。

カークランドのペーパーはかな〜〜りオススメです。

2枚重ねのキッチンペーパーで、水を絞ればまた使えるという優れもの。

1日1枚のペースで使えるのでとても低コストです。

食器を拭くの時などにも活躍するし、キッチンのみならず様々な用途に使えます。

リンク貼ったけど、コストコで買うと安いよ。(会員の人はね)

まとめ

台布巾掃除はちょっとした時にサクッとできるものです。

僕の場合は洗い物してる間に同時進行で重曹洗いしています。

たった10分でしまうので、食器洗いのほうが時間かかるくらいです。

1度覚えてしまえばとても簡単な作業なのでやってみてはいかがでしょう。

関連記事



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です