電子メモパッドのおすすめ機種10選!ペーパーレスでエコなメモを楽しもう!

ペーパーレスの便利さに気づいた方が多くが愛用している電子メモパッド。一般的に「電子ノート」や「デジタルノート」などと呼ばれており今では様々な商品が販売されています。

ボードに書いたらワンタッチで瞬時に消せるのが最大の特徴ですが、商品によってはPCに保管できるデジタルノートしても使うことができるものもあります。

価格帯は1,500~4,000円、ハイスペックなものなら10万円近い電子ノートもあります。日常使いからビジネスシーンまでもが幅広く愛用している方が多く、目的に合わせた商品を選ぶのがポイントになります。

この記事では電子メモパッドの選び方から、どんな商品が人気でそれぞれどのような特徴があるのか紹介していきます。

 

電子メモパッドとはどのような商品か?

書いたり消したりを繰り返しできるのが電子メモパッドです。

ボタン1つで瞬時にメモを消せ、すぐに書くことができ、ペーパーレスで経済的かつ環境にも優しいためとてもエコロジーな商品です。

家庭内での伝言ボードやメモ、筆談ツール、子供のお絵かきや勉強用、さらにハイスペック商品となればビジネスツールや研究者まで幅広く使われているという特徴もあります。

簡単に使用例を見てみたいと思います。

電子ノートの活用シーン例

 自宅で

  • 家庭内のメモツールとして
  • 子どものお絵かき
  • 学生の計算問題など学習のサポート
  • 筆談ツールとして

 

 外出先で

  • ビジネスシーン
  • スポーツ
  • 医療・研究関連
  • アイディアをメモするツールとして

このように様々な使い用途があり、なかでも「家庭内のメモ」「子供のお絵かき」「学生の勉強用」「ビジネス用」として利用している方が多いようです。

ビジネスシーンにおいては職種問わずに様々なシーンで活用の場があるので、ご自身の仕事に合わせて活用の場を考えてみるとよいと思います。

 

【ポイント】電子メモパッドの選び方

電子メモパッドは数多くの商品が出ているので、まずは選び方のポイントを押さえておきましょう。

目的に合わせたサイズ選び!おすすめサイズや重さは?

参照先:Amazon Hallomall

自宅で使うのか外出先で使うのか、もしくは仕事で使うのかなど目的に合わせてサイズ選びをしましょう。

電子メモパッドの人気サイズは8.5~12インチです。

参考までにiPadが9.7インチなので、それよりも一回り大きいか小さいかを想像すれば分かりやすいと思います。

また、重量は100~200gと軽量タイプが多く、目安としてはiPhoneと同じくらいの重さとなっています。

 

電源タイプと稼働時間は?

「電子」ということは電源が必要になります。小さなコイン電池で動く商品がほとんどですが、高級電子ノートなどはUSB給電ができるタイプもあります。

コイン型の電池とはこのような商品。

パナソニック(Panasonic)
¥187(2019/10/17 14:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

ほとんどの商品はコイン型の電池になり、稼働時間は1年近く使うことができます。

 

データの保存方法は?

基本的に電子メモパッドは書いたら消すで終わりですが、「一時ロック保存(消すことをロックする機能)」ができる商品もあります。この点はかなり重要ポイントになるので、画面ロックが必要な方は選ぶ基準にしてみるとよいと思います。

また、ハイスペック商品になるとPCへのデータ転送も可能となっています。

 選び方のまとめ

  • サイズ:8.5~12インチが中心(参考:iPadは9.7インチ)
  • 重さ:100~200gと軽量(参考:iPhone8が148g)
  • 電源タイプ:ほとんどがコイン型電池(ハイスペックタイプならUSB給電可能)
  • 稼働時間:1年近いものが中心
  • データ保存:基本的にできないが、一時ロック保存できる商品もある。ハイスペックタイプならPCへのデータ転送可能

 

電子メモパッドの人気機種ランキング

それでは電子メモパッドの人気機種をランキングで紹介します。

 

10位 ENJOYIT 8.5インチ

ENJOYIT
¥2,377(2019/10/17 14:30:14時点 Amazon調べ-詳細)

ENJOYIT電子メモパッドは専用カバーとペン収納ホルダーが付いており、2,000円程度と安価なために子供のお絵かきや宿題の計算用として購入している方が多い商品です。

薄くてコンパクトなので持ち運びもしやすいのも特徴。約10万回の消去回数が可能で、書いたものはワンタッチボタン消去機能で瞬時に消去することができます。感度も良いために筆圧に応じて太い線も細い線も思いのままで、本物の紙に書いているような感覚で文字や絵を描くことができます。

また、付属のマグネットで電子メモパッドを冷蔵庫などの鉄板に吸着可能ですが、マグネット自体の評判が高くないのが唯一のデメリット。

 ポイント

  • サイズ:8.5インチ
  • 重さ:110g
  • 電源:RC2電池(付属)
  • 保存:なし
  • 専用カバー:あり

 

9位 popo·warp 15インチ

popo·warp
¥3,380(2019/10/17 14:30:14時点 Amazon調べ-詳細)

15インチのLCD液晶画面で視認性も高く目に優しい画面です。

書いたものはワンタッチボタン消去機能で瞬時に消去することができ、消したくないものは「Lock」ボタンを右に移動すればそのまま液晶画面に残すことができます。ボタン電池1個で約2年間の使用が可能で、電子メモ帳は約10万回の消去回数が可能と省エネ性も抜群です。

 ポイント

  • サイズ:15インチ
  • 重さ:490g
  • 電源:CR2025電池(テスト用電池のため別途購入がおすすめ)
  • 保存:Lock機能あり
  • 専用カバー:なし

 

8位 SULET  12インチ

12インチのLCD液晶画面で、大きすぎず使いやすいサイズとなっています。それでいて重さは約245.5gと軽量で、本体も薄くて持ち運びにも便利。

強化ABS材料を使用しており、抵抗性と耐久性にも優れているもポイントです。

本物の手書き感と同じように、筆圧によって文字を細く太く変えることができ、ワンタッチ消去のほか、ロック機能もあるので誤削除を防ぐことも可能です。

電池は約2年(約10万回)の使用が可能。

 ポイント

  • サイズ:12インチ
  • 重さ:245.5g
  • 電源:CR2025(テスト用電池のため別途購入がおすすめ)
  • 保存:Lock機能あり
  • 専用カバー:なし

 

7位 VIVREAL 10インチ

こちらもiPadとほぼ同じサイズの10インチサイズでたっぷり書くことができます。

筆圧に合わせて書けるので太い線も細い線もなめらかで、書いたものはワンタッチ消去機能で瞬時に書いたものを消すことができて約10万回の消去回数が可能となっています。マグネットが付いているため、冷蔵庫などに取り付けることもできます。

専用ペンの字幅が0.70mmと一般的な太字ボールペンと同じ字幅なので、勉強用やお絵かき用としても使いやすいのも特徴です。

VIVREAL電子パッドには「lock」機能があり、側面の「lock」ボタンを押せば書いたものを一時保存することができます。これはワンタッチ消去を不可能にする状態にする機能のことで、データをスマホやPCに移行させるようなことはできません。

 ポイント

  • サイズ:10インチ
  • 重さ:185g
  • 電源:コイン電池
  • 保存:あり(一時保存のみ、データ移行は不可)
  • 専用カバー:なし

 

6位 NEWYES 8.5インチ

低価格ながらも十分過ぎる機能がついているのがNEWYES電子メモパッド。

重量は約110gと軽量コンパクトで持ち運びにも便利で、専用スタイラスペンでなめらかに書くことができるので、紙に文字を書くような感覚で文字やイラストも思いのままです。

ワンタッチ消去機能もあり、約10万回の消去回数が可能となっています。

マグネットも内蔵されているので、デスクや冷蔵庫などの金属面に本体を貼り付けて使うことも。本体の上下部分にホルダーがあり、スタイラスを差し込むことでスタンドとして使用することもできます。

ロック機能も搭載しているので不用意に消去してしまう心配もありません。これは一時ロック機能のためスマホやPCなどへのデータ移行はできませんが、2,000円以下の電子メモパッドとしては優秀な機能であることもポイントのひとつです。

コンパクトな4.4インチサイズも人気となっています。

 ポイント

  • サイズ:8.5インチ
  • 重さ:110g
  • 電源:CR2016電池(テスト用電池のため別途購入がおすすめ)
  • 保存:あり(一時保存のみ、データ移行は不可)
  • 専用カバー:あり

 

5位 シャープ 電子ノート WG-S50 6インチ

シャープ(SHARP)
¥12,500(2019/10/17 14:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

これまで紹介してきたメモパッドとは製品クオリティが全く違い、メモリ液晶を使った多機能電子ノートとして国内で地位を確立している商品です。付属のmicroUSBケーブルでデータをパソコンに転送することも可能なので、情報をデジタル管理したい方はおすすめです。

フル充電で約30日間使うことができ、最大5000ページ分の手書きノートと、4年分のスケジュール帳を保存可能。

内蔵フォーム(方眼・スケジュール・ToDO・メモなど)が9種類用意されており、手帳としても十分に機能します。その手帳機能にも5種類9パターン(1日1ページ、週間ページなど)が用意されているという充実ぶりです。指定範囲の移動もできるので、スケジュール管理も容易に行えます。

使わないときは卓上時計、カレンダーとして使えるデスクトップモードを搭載しています。

ビジネスマンに多く愛用されており、本格的な電子ノートを使いたい方は是非チェックしてもらいたい商品です。

 ポイント

  • サイズ:6型
  • 重さ:約215g(本体)/約285g(専用カバー、スタイラスペン含む)
  • 電源:リチウムイオン充電池
  • 保存:可能
  • 専用カバー:あり

 

4位 ソニー デジタルペーパー dpt-rp1 13.3 インチ

トップ商品と言っても過言ではない高級電子ペーパーであるソニー「DPT-S1」の新機種である「DPT-RP1」。

圧倒的な機能性はビジネスマンや研究者、教授など様々なプロフェッショナルが愛用しています。

紙のような「読みやすさ・書きやすさ」を備えており、16階調グレースケールで紙のような高コントラストを実現し、長時間の作業でも目が疲れにくい設計がされています。

A4サイズのモバイル端末として世界最薄最軽量。

フル充電の状態から約3週間使用することができ、内蔵メモリーにPDFのファイル数で約2,800ファイル保存可能。

microUSBケーブル、Wi-Fi経由、Bluetooth通信を利用しPCなどにデータ転送することが可能で、専用アプリ「Digital Paper App」をインストールすればPDF文書の相互転送を簡単に行うことができます。

特にPDFの便利さが評価されており、PDF上にペンで手書きと注釈が入れられ、手書きならPDFを作成できるなど、大量の書類を処理する仕事をしている人にはおすすめです。

 ポイント

  • サイズ:13.3型(A4サイズ)
  • 重さ:349g
  • 電源:内蔵充電池
  • 保存:内蔵メモリ(16GB)
  • 専用カバー:あり

 

3位 Hallomall 12インチ

Hallomall
¥2,380(2019/10/17 14:30:17時点 Amazon調べ-詳細)

12インチ(B5サイズ)のLCD液晶画面とやや大きめサイズのため、勉強用として購入する方が多く、特に受験生はメモや計算などで使っている方が多いです。裏面に定規が付いているので定規として使えるのもポイント。

書き込んだらワンタッチボタン消去機能で瞬時に消去でき、約10万回の消去回数が可能となっています。外部電源が不要でボタン電池タイプとなっており、約1年間の使用が可能です。

専用スタイラスペンは収納可能となっており、取り出してすぐに直接書き込んで使用できます。

2,000円台で購入できるのもポイントなので、大きなサイズの電子メモパッドとしては間違いのない商品です。

 ポイント

  • サイズ:12インチ
  • 重さ:180g
  • 電源:CR2025電池(テスト用電池のため別途購入がおすすめ)
  • 保存:なし
  • 専用カバー:なし

 

2位 HOMESTEC 8.5インチ

HOMESTEC
¥1,199(2019/10/17 14:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

とにかく低価格であることから大人気の電子メモパッドとなっているHOMESTEC。

使いやすい8.5インチサイズで、薄くてコンパクト(約145g)なため持ち運びにも便利。自宅でも外出先でも多くのユーザーが使用している商品です。

ワンタッチ消去機能で瞬時に消すことができ、約10万回の消去回数が可能で、ボタン電池1個で約1年間使うことができます。マグネットが別途付いてくるので冷蔵庫などに取り付けることもできます。

どれを購入したら分からないが高価なものは不要、という方にはおすすめの商品です。

 ポイント

  • サイズ:8.5インチ
  • 重さ:145g
  • 電源:CR2016電池(テスト用電池のため別途購入がおすすめ)
  • 保存:なし
  • 専用カバー:なし

 

1位 キングジム ブギーボード BB-1GX 8.5インチ

キングジム(KINGJIM)
¥2,608(2019/10/17 14:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

キングジムから発売されている大人気の電子メモパッド「ブギーボード BB-1N」の新商品「BB-1GX」です。

最大の特徴は8.5インチながら超薄型3.2mm、軽量110gと軽量コンパクトで使えるという点。画面は感圧式なので、筆圧で線の太さを変えられ書き心地もなめらかそのもの。

ワンタッチ消去機能によって瞬時に画面をリセットでき、約50,000回書き換えが可能となっています。

安心の国産商品を使いたいという方であればブギーボードがおすすめ。価格は3,000円台と多少高くなりますが、手が届かないような金額ではない求めやすい価格と言えます。

カラーラインナップも豊富で女性向けのカラーも展開されているのも特徴です。

ブギーボードは様々な商品がラインナップされているので合わせてチェックしてみてください。

 ポイント

  • サイズ:8.5インチ
  • 重さ:110g
  • 電源:ボタン電池
  • 保存:なし

 

さいごに

様々な商品が発売されている電子パッドがありましたが、それぞれに微妙な特徴があり

見た面のデザインや価格を考慮して、楽しく選んでみてはどうでしょうか。

さいごに今回紹介した商品一覧がこちらになります。

MACHOLOG

仕事・ライフスタイルで手放せないツールと言えばスマートフォン。これさえあれば何で […]…