私的良品 LIFE STYLE マガジン

MACHOLOG

アルミと光沢が美しいSatechiのQiワイヤレス充電器をiPhoneで使ってみた!【レビュー】

投稿日:

スマホのワイヤレス充電の便利さに、もはや手放せアイテムとなっています。

これまでいくつかのワイヤレス充電をレビューしてきましたが、今回は「Satechi Qiワイヤレス充電器」を紹介。

Satechiと言えば米国カリフォルニア(サンディエゴ)に本社を置くAppleユーザーならご存知のブランドです。

ワイヤレス充電はスマホを毎回充電ケーブルに繋ぐ必要もなく、パッドの上に置くだけで充電することができる上に、スマホのコネクタ部分も傷つけないので故障の原因も減って安心。

もう普通のLightningケーブルで充電するのは面倒すぎる・・・と思ってしまうほどワイヤレス充電は便利です。

iPhoneのQi対応機種はiPhoneX/8/8plusとなっていますが、iPhone8を使ってSatechiのQiワイヤレス充電器をレビューしてみたいと思います。

Satechi Qiワイヤレス充電器を使ってみた【レビュー】

まず印象的なのがSatechiならではの高級感あふれるデザインで、数あるワイヤレス充電器の中でもかなり美しい機種だと思います。

サイズは直径100mm、厚さは7.8mm。

本体上部にゴム素材でできた十字マークが付いており、スマホを置いたときに滑らない設計になっています。

カラーラインナップは全部で4色展開(ゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド)されており、今回レビューしているのはスペースグレイというカラーになります。

 

iPhone8を置くだけで充電開始

ワイヤレス充電の最大の魅力は何と言ってもこれ。

パッド型タイプのためiPhone8を充電器本体にサッと置くだけで充電開始します。

ちゃんと充電できているかの確認は、本体側面にあるLEDライトの点灯で確認することができます。

このLEDライトは非常に小さな光なんですが、おそらく就寝中に使っても睡眠の邪魔にならないように設計されているものと思われます。

実際に暗い部屋で使ってみるとわずかにLEDライトが光っており、充電できていることは確認できるが睡眠の邪魔になるような光ではないことが確認できました。

寝室でLEDライトの光が強いと意外と気になるので、こういう設計がきちんとされていると今後もストレスなく使うことができるのがいいですね。

 

USBケーブルが長くて使いやすい

Satechi Qiワイヤレス充電器の特徴の一つとして、電源と本体をつなぐUSBケーブルが長いという特徴があります。

短いUSBケーブルをシンプルに使いたいという方もいると思いますが、利便性を考えるとロングケーブルのほうが使いやすいと思います。

どうしても長くてごちゃごちゃするケーブルや嫌だという方は、このような「cheeroクリップ」のようなケーブルをまとめられるグッズを使うと便利。

ガジェットツールは工夫次第で使いやすさが大きく変わりますからね。

cheero
¥1,332 (2018/07/23 01:44:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

高速充電│標準のワイヤレス充電パッドよりも1.4倍速く充電

充電の所要時間はバッテリー残量40%〜100%までで約2時間でした。80%までは約1時間と高速で、そこからは少し時間がかかった印象ですね。

もちろん過充電防止機能も付いているので置きっぱなしにしても大丈夫。

充電スピードに関しては、以前レビューした「Anker PowerPort Wireless 10」よりも高速充電であることが確認できましたが、価格差があるので何とも言えません。どちらにせよ双方安心して使えるワイヤレス充電器だと思います。

関連iPhone8でワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 10」を使ってみた!【レビュー】

 

急速充電をするためには?

普通の人なら急速充電はそこまで必要ではないと思いますが、個人的にも必要とする機会がないので気にしていません。そもそもiPhone8/8plus/Xはまだ急速充電に対応してないですからね。

ただし、GALAXY、XPERIA、ZenFoneなどの最新機種をお使いの方は試してみるとよいと思います。

急速充電は一般的なUSB充電に比べ、

  • Quick Charge 2.0・・・通常の約1.8倍高速で充電
  • Quick Charge 3.0・・・通常の約4倍高速で充電

となっており、Quick Charge 3.0の場合だと充電0%→80%まで約30分程度で充電するようです。

そんな急速充電に必要なものはQuick Charge 2.0以上の対応アダプタ

挿し込み口の数やType-C対応かどうかで価格差があるので、急速充電を使いたい方はじっくり比較してみると良いと思います。

 

もちろんスマホケースを付けたままでも充電できる

ワイヤレス充電器が使えないパターンとしてカバーの厚みは約6mmほどが限界で、アルミ・金属系のケースは充電できないとされています。また、スマホ背面にフィンガーリングなどを取り付けている場合も同様に充電ができません。

言い換えると普通のスマホカバーなら確実に充電できます。

私が使用しているシリコンケースではしっかりと充電することが出来ました。

もうひとつ、手帳型(本革)のスマホケースでも問題なく充電できたことも確認しています。

関連【iPhone8】勇気を出して本革の迷彩ケースを買ってみたけど思った以上に気に入りました

 

さいごに

Satechi Japanのメーカー保証は18か月と長期で、万が一不良品があった場合は代替品手続きが可能となっています。(Amazonお問い合わせフォーム、購入履歴などから連絡できます)

デザインの美しさ、安心できるブランド、機能面もまったく問題なし。Satechi Qi ワイヤレス充電器はそんな印象を受けましたし、何よりこのデザインがとても気にいりました。

関連記事
【iPhoneX/8/8Plus】ワイヤレス充電器のおすすめ機種10選(パッド型、スタンド型)[Qi対応]

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus がQi(チー)規格に対応したことにより、いま注目を集めているワイヤレス充電器 ...

続きを見る

-スマホ
-, , ,

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.