“油性なのに0.28mm”の超極細ボールペン「ジェットストリーム EDGE エッジ」を使ってみた感想[レビュー]

ついに0.28mmの超極細ペン「ジェットストリーム EDGE エッジ」をゲットしました。

油性ボールペンで0.28mmは世界初。

これまでゲルインキならユニボールシグノ0.28などがあるが、どうやら油性ボールペンで小さいボール径を開発するのはとても大変なんだとか。

油性は水性よりもインクの粘度が高いから、ペン先の耐久性の問題とかあるらしい。

それを解決したのが三菱鉛筆の超・低摩擦「ジェットストリームインク」。

多くの手帳ユーザーが0.38mm以下の超極細ボールペンを使っていることもあり需要が高まっている今、ついに油性ボールペンの王者・ジェットストリームから発売されることになった。

同時に黒・赤・青のリフィルも展開されているので、そのうち多機能ペンも登場するのではないかと期待してます。

 

で。使ってみた感想ですが。

  • ジェットストリームのサラサラ感は同じ
  • ゲルの0.28mmよりも滲まない油性の良さが分かる
手帳ユーザーにマジおすすめ

というのが個人的な感想。

では早速中身をチェックしてみようと思います。

 

[デザイン]JETSTREAMがフルモデルチェンジ

こちらが『JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ)』。

商品名の「EDGE」には、「鋭い・限界」といった意味があり、超極細ペンの鋭いイメージをスタイリッシュに表現しているんだとか。

カラーは全5色(ブラック/シャンパンゴールド/ネイビー/ホワイトレッド/オレンジ)で、今回はブラック/シャンパンゴールドを選びました。

 

今までのジェットストリームとは全く違う斬新なデザインは、超極細字を書きやすくするための細かい設計と、筆記時の安定感にもこだわっているのが特徴です。

あとわけ目立つのが、六角形の軸とワイヤークリップ。

ちょっとLAMYのサファリを意識してない?って思ったが、よく見るとかなり独特なデザイン。

 

ペン先からペン尻に向かって細くなる放射状の形で、ギザギザのクリップがより鋭い描線を演出しているように感じます。

最初は変な形じゃない?って思ったけど、実物はカッコいいよ。

 

0.28mmの超極細字を体感!

ということで、方眼罫の小さい手帳でおなじみのジブン手帳 Bizでテストしてみましたが、3.38mm方眼でも字幅を気にせずに書ける。

ジェットストリームは油性ペンなので、ゲルの0.28mm(シグノとかハイテックCとか)に比べて滲みが全く出ない安心感があります

 

同じジェットストリームでも太さが違うとこれだけの差が出る。

 

2020年の手帳で細字のボールペンを探しているなら、このジェットストリームエッジがいいじゃない?ってオススメできる一本かも。

関連記事

2020年の新作手帳の発表が続き、定番から新シリーズまで数多くの手帳がラインナップされています。そこで “2020年最新手帳” の注目商品をまとめて紹介するので自分に合った手帳を探してみてはどうでしょうか。当サイトでも様々な[…]

 

低重心設計だから弱い筆圧で書ける

つまりペンの中心よりもペン先側に重心があることだが、ジェットストリームエッジはかなり低重心設計になっている。

低重心だとペンの先端が重くなっているので、筆圧をかけなくてもサラサラと文字が書けるのが特徴。

ほぼ力を入れずにペン先を走らせるだけでもこの通り。

氷上の上を滑るようなイメージ?っていうと伝わりやすいかも。

この様子は僕の動画チャンネル「Yahoo!クリエーターズ」でも紹介しているのでチェックしてください!(フォローよろしくお願いします!)

グリップが滑りにくい

グリップは軸と同じくツルツルしているが、これが何故だか滑らない

細いライン加工を施しているだけだが、指にしっかりと掛かるので安定して書けます。

ゴム製のグリップだとゴミや埃がつきやすくて見た目が悪くなるが、こうした“シンプルなデザインだけで滑らないように設計している”のは素晴らしいですね。

ちなみにペン先の部分は金属製でできているそうです。

 

ペン先が細くて書きながら文字がよく見える

リフィルはペン先が先端かけて細くなる『ポイントチップ』を新開発。

こんな感じですね。

参照:三菱鉛筆株式会社プレスリリース

 

僕が今使っているゲルの超極細ペン「PILOT Juice UP 0.3mm」もシナジーチップと呼ばれる同様の設計になっているが、これが本当に書きやすい。

書きやすいというか、書いてる文字が見やすいのよ

↓ 書いてる時の見え方の比較です。

(左右にスライドして!)

どっちのほうがペン先が見えやすい?

黒は今までのJETSTREAMでペン先が円錐型。ゴールドがポイントチップを採用したJETSTREAM EDGE。

細かい字を書くなら後者のほうが圧倒的に見やすいと思います。

 

ジェットストリーム エッジのラインナップ一覧

 

やっぱ白・赤はLAMYにしか見えん。(▼僕のインスタ)
この投稿をInstagramで見る

デジタルとアナログは東プレrealforceとLAMYちゃん。 #東プレ #realforce #keyboard #万年筆 #lamy #lamysafari #文房具 #stationery

macholog(@machoxavi)がシェアした投稿 –

 

リフィルは黒・赤・青の3色。

多分そのうち多色ペン出ると思います。

 

まとめ

2019年末に登場したジェットストリームエッジ0.28mmですが、早々に人気を集めているせいか、入荷待ちや価格が安定しない状況になっているようです。

油性ボールペンの超極細字は手帳で使うペンとしてオススメです!