モレスキン2020新色「ハイドレイジブルー」と「レモングリーン」を購入しました

モレスキンから2020新色ノートが登場しました!

購入したのは定番の『クラシックノートブック』シリーズより、 ハイドレイジブルー/レモングリーンの2色。

モレスキンノートといえば、純黒な外装にゴムバンドと丸みを帯びた角が特徴ですが、今では数多くのカラーラインナップが取り扱われています。

外装は撥水加工されており、その触り心地や感触が癖になるのがモレスキン。レザーではないが使い込むたびに表情が出るため、自分だけの一冊に経年変化していくのが最大の魅力ですね。

 

まずは、今回登場した新製品ラインナップを見てみましょう。

『クラシックノートブック』 ハイドレイジブルー/レモングリーン
『ブレンドノートブック』ヘリンボーンブルー/ヘリンボーンパープル
『エクスパンデッドシリーズ』サファイアブルー/スカーレットレッド
『カイエジャーナル』
『ヴィオランジャーナル』
『18か月ダイアリー 2020-2021』
『2021年 限定版』

 

シリーズカラーフォーマット/カバーサイズ:価格
クラシックノートブック
(定番ノート)
ハイドレイジブルー
レモングリーン
横罫/無地
ソフト/ハード
ポケットサイズ:2,000円
ラージサイズ:2,900円
XLサイズ:3,500円
ブレンドノートブック
(ファブリックのハードカバー)
ヘリンボーンブルー
ヘリンボーンパープル
横罫/ドット方眼
ハード
ラージサイズ:3,300円
エクスパンデッドシリーズ
(400ページに増量)
サファイアブルー
スカーレットレッド
横罫/無地/方眼/ドット方眼
ソフト/ハード
ポケットサイズ:1,000円
ラージサイズ:1,500円
XLサイズ:2,200円
XXLサイズ:3,200円
カイエジャーナル
(ステッチ綴じの3冊セット)
多数横罫/無地/方眼/ドット方眼ポケットサイズ:1,000円
ラージサイズ:1,500円
XLサイズ:2,200円
XXLサイズ:3,200円
ヴィオランジャーナル
(対照的な2色の表紙セット)
多数横罫/無地XSサイズ:850円
ポケットサイズ:1,400円
ラージサイズ:2,000円
18か月ダイアリー 2020-2021ブーゲンビリアピンク
カドミウムオレンジ
マートルグリーン
ダイアリーポケットサイズ:2,600円
ラージサイズ:3,500円
2021年 限定版不思議の国のアリス
ピーナッツ
星の王子さま
ダイアリーポケットサイズ:2,800円
ラージサイズ:3,800円

 

では、購入したモレスキン2020新色を紹介します!

モレスキン新色「ハイドレイジブルー/レモングリーン」

ハイドレイジブルーって何?って感じだけど、僕のお気に入りは「レモングリーン」。

この色の文房具はなかなかないので面白いですね。黄色系の万年筆とも相性が良さそう。

ちなみに、僕が選んだのは横罫のソフトカバーです。ハードカバーよりも触り心地が良くて、ページもめくりやすいので最近はソフトカバーを選ぶことが増えています。

 

モレスキンの新色はバッグの中に入れるとかなり目立つので、ゴチャゴチャしてても探しやすいのも利点です。

僕が長いこと愛用しているバッグはコチラ。

関連記事

“ふとした時に新しいバッグが欲しくなる”という先天性の病気を抱えているmacho(@Macholog)です。そんな私が先日、ランチを食べに行ったついでにバッグを衝動買いしました。前から気になっていたINCASE『City C[…]

ブックマークリボンとゴムバンドも同色

ほとんどのモレスキンは、外装とゴムバンドが同色であるパターンが多いが、今回の新作も同色となりました。

個人的には違う色になっているモレスキンが好きだけど、こればかりは選べないので仕方がない。

こうした限定モデルのゴムバンドはかなり好きです。

外装と違うゴムバンド色が登場したのは、確かEvernoteとコラボしたのが最初だったんじゃないかなと。

モレスキン(Moleskine)
¥3,850(2020/08/10 19:25:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ:やっぱモレスキンは欲しくなる

ということで、簡単ですがモレスキン新色の購入レビューをしました。

今回の新色は、どれだけ生産されてるかわからないが値上がりする可能性もあるので、モレスキンファンはもちろん気になった人は早めに手に入れておくことをオススメします。

僕はとりあえず保管して、次の次の次のノートくらいで使う予定です。

モレスキンに関する熱い記事はコチラ

関連記事

伝説のノート、Moleskine。「伝説」と言われる所以は、ゴッホやピカソ、ヘミングウェイが愛したノートだからと言われています。正確に言うとこの偉人たちがモレスキン社のノートを愛したのではなく、彼らが愛したノートを元にモレスキン[…]