2019年6月サイトリニューアルを行いました!新しくなったMACHOLOGをお楽しみ下さい!

【NETFLIX】『ゲットダウン』巨匠バズ・ラーマン監督の最新作、70年代NYのHIPHOPカルチャーの黎明期を描く作品

華麗なるギャツビー」「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」など、数々のヒット作品を手掛けてきた巨匠、バズ・ラーマン監督の自信初となるドラマシリーズ『ゲットダウン』がNETFLIXで国内配信されています。

そんなバズ・ラーマン監督が描くNETFLIX最新ドラマ『ゲットダウン』を観終えたのでネタバレなしで紹介したいと思います。

結論言っちゃうと「超~面白かった!」です。

海外ドラマ『ゲットダウン』の概要

70年代、財政破綻寸前のNY・サウスブロンクスで、貧しく波乱に満ちたストリートにたむろする5人の若者が作る音楽によって、伝説のムーブメントが生まれるのを目撃することができる物語。

ソウルフルなサウンドから始まり、 過酷な環境を生き抜くティーンエイジャーたちが創り出したラップやDJによる、全く新しいHIPHOPという音楽の誕生の瞬間に立ち会うことができる。

HIPHOPファンならずとも様々なダンスミュージックに彩られた映像は、幅広い視聴者が共感できる内容になっています。

シンガーソングライターで新人女優デビューしたヘリゼン・グアルディオラの歌声も必見です。

ゲットダウン-出演者

 

出演者

  • シャミーク・ムーア 
  • ヘリゼン・グアルディオラ 
  • スカイラン・ブルックス 
  • ジミー・スミッツ 
  • ジェイデン・スミス 
  • トレメイン・ブラウン・Jr.  他

 

ゲットダウン-ジェイデン・スミス

ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス。頭がスゴイ・・・。

 

登場人物が凄かった!

ヒップホップ界の3大DJ、

  • グランドマスター・フラッシュ
  • DJクール・ハーク
  • アフリカ・バンバータ(1~6話には名前のみ)

をはじめ、同時代の伝説的ラッパー、カーティス・ブロウもこのドラマに参加しています。

本編の中ではニューヨーク出身のラッパー、NASがナレーションをラップっぽく書き下ろしたり、その他にも俳優陣にラップの指導や、映画自体のプロデューサーを務めているなど、バズ・ラーマン監督の作品への本気度を感じることが出来ます。

ゲットダウン-HIPHOP

ゲットダウン-音楽

ゲットダウン-評価

また、ダンスの振り付けを担当したのは、マイケル・ジャクソンやマドンナの振付師Rich&Tone兄弟

70年代のジーンズやスニーカーもメーカー協力の元に復刻されるなど、細部にわたってこだわりを見せています。

ゲットダウン-ネットフリックス

 

『ゲットダウン』の意味

普通は「下りろ」とか「伏せろ」とか文字通りの訳し方をしますが、黒人映画などでよく使われる「get down」はスラングとして様々な使われ方をします。

「let’s get down!」で「踊ろうぜ!」とか「パーティしようぜ!」とか「薬やろうぜ!」などなど。ここでは書けないような意味も。

「ゲットダウン」はスラングとして色んな使われ方をするので面白いですね。

ゲットダウン-ヒップホップ

 

感想とまとめ

バズ・ラーマン監督作品と言えば、古風なストーリーにゴージャスなセット、そして美しいヒロインと豪華な音楽が特徴だと思いますが、そんなバズ・ラーマン監督がダンスにHIPHOPな作品を作ったことは正直驚きました。

70年代を描くあたりは彼らしいですけどね。

ゲットダウン-バズ・ラーマン

NETFLIXがバス・ラーマン監督にオファーを出した理由も 「時代の再現力」に長けた監督だからだと思うし、僕自身も作品を観ながら70年代にトリップしてしまった感覚に浸っていたので、この点は大成功と言ってよいのではないでしょうか。

このドラマ「ゲットダウン」は、バズ・ラーマン監督のファンはもちろん、HIPHOP、オールドスクールダンス、サブカルチャーが好きな人は是非オススメします。

NETFLIXは1ヶ月無料期間があるので、この機会に『ゲットダウン』を観てはいかがでしょうか。

関連記事

今やVODサービス(ビデオオンデマンド)を利用して、月額定額制の映画・海外ドラマを視聴するのが当たり前の時代になっていますが、私もこれまでいくつかのサービスに加入し、今は3つのサービスと契約しています。 VODサービスはスマホ/タブレ[…]

>MACHOLOG:ライターさん募集!

MACHOLOG:ライターさん募集!

暮らしのモノ系サイト「MACHOLOG」は文房具やステーショナリー、暮らしに関する記事を書いて頂けるライターさんを募集しています。

CTR IMG