土屋鞄ランドセル「牛革」「アトリエ」を展示会で見てきた!A4フラットファイル問題や評判も含めて紹介!

更新日:

 

子供が6年間大切に使うランドセル。

せっかくなら量販店のランドセルよりも "工房系と呼ばれるこだわりのランドセル" にしようと考えていて、色々と展示会に足を運んでます。

まずは定番の「土屋鞄 西新井本店」の展示会に行ってきました。

昨年から気になっていましたが、やはりいいですね土屋鞄は。

実物を見るとその美しさにやられてしまいますが、気になる点もあったので合わせてレポートしてみようと思います。

 

行列!土屋鞄のランドセルの人気はすごい!

工房系ランドセルの定番「土屋鞄」の展示会は噂通りの人気ぶりで、開店30分前(9:30)でこの行列。。。

店内は広いので、これくらいの行列(40~50人くらい?)ならオープンと同時に入れましたが、開店時間の10:00にはこの5倍くらいの行列ができていて、入場制限がかかっている状態でした。

ランドセル活動("ラン活"と言うらしい)は色々と大変ですね。。。。

 

土屋鞄のランドセルの種類とラインナップ

画像参照先:公式サイト

土屋鞄のランドセルのラインナップをまとめてみました。まず最初にその価格に驚くかもしれませんが、工房系ランドセルはだいたいこれくらいの予算が必要になります。

商品名 価格 素材 重さ
牛革 ベーシック ¥64,000 牛革 1,350g 前後
コンビ ¥70,000
プレミアム ¥73,000
アンティークモデル ¥75,000
コードバン ベーシック ¥92,000 フタ:コードバン
本体:牛革
1,420g 前後
コンビ ¥98,000
プレミアム ¥100,000
アンティークモデル ¥105,000
つや有り仕上げ ¥110,000
クラリーノ エフ ベーシック ¥58,000 人工皮革 1,130g 前後
コンビ ¥64,000
ヌメ革 ランドセル ¥100,000 牛革 1,430g 前後
アトリエ イタリアンレザー ¥75,000 イタリアンレザー 1,350g 前後
クラリーノ エフ ¥68,000 人工皮革 1,140g 前後
軽井澤 ¥140,000 ダブルバットレザー 1,550g 前後
商品に関するまとめ

  • 「本革」は1,350~1,550グラムと重い
  • 「本革」は価格が高い
  • 「人工皮革」は1,130~1,140グラムと軽い
  • 「人工皮革」は比較的安い

 

「牛革」よりも「アトリエ」に惹かれた

土屋鞄ランドセルでの一番人気は「牛革」のようですが、我が家は「アトリエ」が気になっていてました。

まずはこちらが「牛革 プレミアム(オレンジ)」というランドセル。価格は73,000円。

実際に触ってみると、裁縫の美しさとランドセルの剛健さが良く分かりました。個人的には金具類の色味とかも好きです。

牛革ファンが多いのも納得できる一品でしたが、いまひとつ決定打がなくて保留。

 

次に気になっていた「アトリエ(ポピーレッド×アイボリー)」というランドセル。価格は75,000円。

「アトリエ」の特徴は、内側のカラフルなデザインです。他のラインナップと違いイタリアンレザーを採用し、キズや水濡れにも強い加工をしているようで手触りもすごくよかった。重さは1,350g前後と工房系ランドセルとしては若干重いという感じですね。

 

娘もアトリエのポピーレッドが気に入ったようなので、土屋鞄ランドセルならこれが第一候補となりました。

が、難点もあるので触れておきたいと思います。

スポンサーリンク

土屋鞄ランドセルのサイズはA4フラットファイルに対応していない

これが土屋鞄の最大の難点と思うんですが、内寸の横幅が22.3cmとなっていて微妙にA4フラットファイルのサイズに適合していません。他社で内寸の大きいランドセルは24cmもあるので、この数cmの誤差はかなり大きいと思います。

斜めにしたら入らないこともないようですが、面倒なことになるのは間違いありません。

A4クリアファイルがランドセルの内寸の最高部でぴったり入る設計です  (A4フラットファイルやバインダーなど、大きめの教材には対応しておりません)。

公式サイトより引用

入学予定の小学校でA4フラットファイルを使うかどうかの確認をしたところ(←妻が)、「それなりに使う」というなんとも微妙な答えが。。。

各社、A4フラットファイル対応のランドセルが続々と販売されている中、土屋鞄を購入して後悔することがあるとしたらこの辺でしょうかね。

 

土屋鞄の評判をまとめ

  • 品質重視のためとても丈夫で、6年間使っても型崩れなど起きることなく安心して使えた
  • 土屋鞄は特徴的なデザインではないが、なぜかすぐに分かる
  • 6年間ずっとサポートを受けられる
  • 本革でも防水加工がしっかりされているため、水に濡れてもシミにならない
  • A4クリアファイルなら問題ないが、A4フラットファイルは斜めにしないと入らない
  • 若干重いため、体が小さい子にとって最初は大変かも

修理に関する情報

サポート期間は入学年度(4月1日)より6年間

修理は基本無料ですが内容によっては有償修理になります。

修理期間は4週間ほどかかるそうですが、その間は代替ランドセルを貸してくれます。

保証や修理に関する詳しい内容は以下のリンクをご覧ください。

 

「土屋鞄 西新井本店」の場所と駐車場について

住所   〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5
営業時間 10:00〜18:00
定休日   毎週火曜日・・・(祝日の場合は水曜休) (年末年始・臨時休業あり)
TEL    03-5647-5124
日暮里舎人ライナー「西新井大師西駅」下車 徒歩1分

 

駐車場は店舗の正面と裏手あります。本店の裏にちょっとした公園があるのがGood。

土屋鞄-西新井-駐車場

GoogleMapを使って店舗駐車場や公園をピックアップしてみました。

その他、全国の土屋鞄の店舗は以下を参照してください。

 

ちなみに西新井本店ですが工房の様子も伺えました。(週末で業務はお休みでしたが)

ランドセルの準備が着々と進んでいるようで、これだけ見ても職人たちの熱い思いが伝わってきました。

 

さいごに

はじめてのランドセルということで親はワクワクしていますが、購入後に子供が「やっぱりあの色が良かった!」と言い出すのが一番恐いですね。笑

「本当にあの色でいい!?」と何度も聞いてしまいそうになりますが、確認しすぎるのも恐いんである程度は流れに任せようかなと。

土屋鞄のランドセルを購入するかはまだ悩んでいますが、魅力を感じたのは間違いありません。

-キッズ
-,

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.