デスクがコタツに・・「足元パネルヒーター」が暖かくて快適【TEKNOS(テクノス)】

投稿日:

寒い・・・。そんな季節がやってきた。

何を隠そう私は末端冷え性である。

深夜にブログ作業をしていると、足先が冷えてたまったもんじゃない。

足下さえ暖かければ・・・。

そんな悩みを一発で解決してくれる足元ヒーターを購入。なぜ今まで買わずに我慢していたのか不思議なくらい快適で、すっかりお気に入りアイテムとなってしまいました。

 

「TEKNOS(テクノス)」の足元ヒーターを買った

TEKNOSの足元ヒーターはAmazonで人気商品となっており、レビュー評価も良かったので決めました。

炭素繊維のパネルヒーターで、省エネ&自在な使い方ができるので光熱費的にも機能的にもかなり満足しています。

本体は2WAYで使うことができ、立てて使ったりマグネットで取り付けたりすることができるのが特徴。

どの使い方にしろ付属品が揃っているので、好みに合わせて使うことができるのがTEKNOSの特徴の1つですね。

簡単に特徴をまとめます。

主な特徴をピックアップ

  • パネルヒーター
  • 温度調節無段階対応
  • 人感センサー搭載ON/OFF
  • タイマー付き
  • 2WAY
  • マグネット取付け式
  • フリースカバー付き
  • 省エネ設計

足元ヒーターとして十分な機能が備わっていて、6,000円台で買えるという点が素晴らしいのですよ。

TEKNOS(テクノス)
¥6,300 (2018/12/16 15:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

足元ヒーターをデスクに取り付けた

こちらが商品の中身。サイズは縦35cm×横45cm×高さ3cm、重さは1.2kgくらいでかなり軽量です。

パネルヒーター本体の他に、スタンド、取り付け金具、フリースカバーが付属しています。

 

私はデスク裏にヒーターを取り付け、付属品のフリースカバーを使ってコタツのようにして使うことにしました。

 

ヒーター本体の裏面にマグネット

取り付けはシンプルで、本体裏面になるマグネットを使って取り付けます。

磁石が付くタイプのデスクやキャビネットなら貼ればそのまま使えるんですが、私のデスクは木製なので付属品の取り付け金具を付ける必要がありました。

金具をネジ打ちして固定しましたが、そこで活躍するのが「電動ドライバー」。

簡単かつ正確にネジを打ち込むことができるので、一家に一台は持っておきたいツールの1つですね。

BOSCH(ボッシュ)
¥6,880 (2018/12/15 23:50:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

あとはそのままペタッと貼るだけ。

金具に近づければカチャっとくっきます。かなり強力な磁石なので落ちることはまずないですね。

 

このまま使ってもいいんですが、せっかくフリースカバーが付いているので本体に被せて使ってみます。

これで作業は完了です。

 

デスクの足元にコタツができた!!

デスクの下がこんな感じになりました。

これ、本当に快適で暖かい。

これだと太ももだけ熱くならない?って思うかもしれないが、デスクの下全体が暖かく末端冷え性の私でも十分満足できる暖かさです。

 

フリースカバーを外せば季節外でも場所を取らないってのもいいですね。

 

人感センサー付きで消し忘れ防止機能がある

これはすごい便利。人に反応してヒーターをON/OFFしてくれる人感センサーを搭載しています。

作業後、デスクから離れる時はちゃんとOFFにしていますが、万が一消し忘れてしまっても自動でOFFになってくれるので安心。

 

省エネ設計で1時間あたり1.5円が目安

この商品は数ある足元ヒーターの中でもかなり安いほうです。

実は自宅にデロンギのパネルヒーターがあるんですが、光熱費に影響するほどの電気代がかかって使っててもいい気分がしなかったんですよね。おまけにデスク用としてはデカイし。

その点、コンパクトで省エネ設計、使いやすい機能が需実しているTEKNOSの足元ヒーターならガンガン使っても電気代の不安がないので安心して使えます。

 

さいごに

買う前はどの商品にしようか迷ったんですが、コタツっぽく使えるのTEKNOSを選んで満足しています。

一度取り付けてしまえば収納不要で、年中そのままにして置けるのも嬉しい点。

足元が寒くて困っていたのも足元ヒーターを買ったことであっさりと解決してしまいました。

TEKNOS(テクノス)
¥6,300 (2018/12/16 15:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

-家電

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.