8月はブログ頑張るぞ!「マチョログ」で検索してね。

『2019限定 LAMYサファリ 万年筆』をより楽しむために同じカラーのインクを入れてみた!

2019年の限定LAMYサファリ万年筆を購入しました。

LAMYとしては珍しい(初の)パステルカラーで「ブルーマカロン、ミントグリーン、パウダーローズ」3色の登場です。

毎年発売されるLMAY限定品は、昔よりも買いやすくなっているもののいずれ価格が高騰することもあるので、とりあえず3本とも手に入れておきました。微妙に値上がりするのは確実だし。

そこで、せっかく素敵なカラーの万年筆なので似たようなカラーインクを入れてみました。

ではLAMY限定品に入れたインクを紹介しながら、必要なモノも含めてレビューしてみようと思います!

LAMY 2019限定 サファリ3色をチェック!

まずはこちらが2019限定のLMAYサファリ3色。どれも明るくて淡いパステルカラーとなっており、今までのサファリとは違う印象を受けますね。キャップ内部はもちろん、キャップと同軸のジョイント部分やノックのパーツまで、すべてがパステルカラーで統一されています。

いやぁ、いい色

個人的にはミントグリーンが気に入っています。なんとなくヴィンテージ感のあるカラーで、ミッドセンチュリーな雰囲気もあっていい感じ。

購入したのはすべて「極細(EF)」です。ナゼかLAMYの万年筆はいつも極細を買ってしまう。

 

それぞれのカラーにインクを入れていきますが、今回はこちらのインクを用意してみました。

どうだろう。まぁ、とりあえずインク入れてみるか。

ということで、まずはインクを吸入するための準備をします。

 

LAMYコンバーター『LZ28』を装着

LAMY サファリ万年筆で好きなインクを使うには、別売りのコンバーター「LZ28」を付けることが必須。このコンバーターに好きなインクを吸引して使う、という流れになります。

僕がLAMYの万年筆を買う時は必ずコンバーターも一緒に買うようにしています。じゃないと万年筆の楽しみを半分失ってしまうからね。購入した本数だけカートリッジは買いましょう。笑

関連記事

オシャレで可愛い万年筆として有名な「LAMY Safari(ラミーサファリ)」。カラーラインナップが数多く揃っており、手ごろな価格で購入できることから、万年筆初心者はもちろん万年筆ファンなら必ず一本は持っているペンではないでしょうか[…]

 

で、それぞれの万年筆に同じカラーのインクを入れてみました。

さぁ、どんな感じになるのか。

実際に書いてた感じを紹介します。

 

ミントグリーン × 色彩雫 iroshizuku 「竹林」

ミントグリーンの万年筆にはiroshizukuの「竹林」を入れてみました。

軸の色に比べてやや強いカラーですが色味的には相性が良い感じですね。ミントグリーンはお気に入りのカラーなので、よりパステルカラー感のあるインクを探してみようと思ってます。

 

パウダーローズ × 四季織 SHIKIORI「夜桜」

パウダーローズにはセーラー万年筆の四季織インク「夜桜」を入れてみました。

色味的にはかなりバッチリ!

「夜桜」はピンク+紫を混ぜたような色ですが、かなり薄い色なのでパウダーローズにも合っていると思います。

今回の3本の中で最も気に入ったカラーかも。

 

ブルーマカロン × 色彩雫 iroshizuku 「天色」

ブルーマカロンにはiroshizukuの「天色」を入れてみました。

天色は強めの水色でパステルカラー感はなく、軸のカラーよりもかなり濃い色が出ます。水色系のインクは他社でも多数あるので、これから色々と探ってみたいところですね。

 

LAMY 限定色は同じカラーのインクを使おう!

ということで、2019限定のLAMYサファリに同じようなカラーのインクを吸入してみましたが、もっとインク選びを見極めればよりパステルカラーに近いインクを見つけられると思います。

まずは同じ色のインクを使ってみる。というのがLAMY限定品を楽しむための鉄則ですね。多分。

 

いつもながらデスクの定番位置に新作LAMYを置き、手帳やらメモやら普段使いのペンとして愛用しています。

LAMYサファリは3,000円程度で買えるカジュアルな万年筆ですが、豊富なカラーラインナップのおかげでつい色々と集めてしまいます。

毎年発売される限定モデルは、翌年以降は価格が高騰したりするので早めに手に入れておくと安心。数年経てば買えないことも。

楽しみ方は人それぞれですが、せっかく限定モデルを買うなら同じカラーのインクを使うのがオススメです。

関連記事

高級万年筆には無駄なキズを付けたくないので、保護を目的としたペンケースを選ぶようにしています。そこで私が使っているのはPILOTの「ペンサンブル(Pensemble)」という本革ロールペンケース。とにかく触り心地が良くて使い[…]

関連記事

LAMY(ラミー)万年筆の中でも定番の「サファリ(Safari)」。デザイン性が高くお洒落な万年筆として世界中の筆記具ファンに愛されており、低価格で購入できることから、万年筆初心者はもちろんちょっとしたギフトにも最適なアイテムとなっ[…]