2019年7月は様々な事業にトライ!ブログも頑張って更新中です!

人とちょっとだけ違う革の名刺入れ「m+(エムピウ)」を使ってみて

名刺入れは収納力があって、機能的に満たされていればいい。かつ、それなりのブランド物であればビジネスシーンで十分使える。

そう思ってブランド物の名刺入れを愛用してきたが、不思議なことに年齢と共に考え方というのは変わるものですね。

今、僕がモノ選びの基準として考えているのがこちら↓
  • 機能美よりも所有欲を満たしてくれるデザイン
  • 長年使っても綺麗に経年変化する革素材

つまり普通に良いモノではなく、ちょっとした遊び心があって手にすることで愛着が湧きそうなアイテムを選ぶよう心がけています。

そこで僕が目をつけたのが、以前から気になっていたm+[エムピウ]という東京下町エリアの蔵前から誕生した革製品ブランド。

他とは“ちょっとだけ違うデザイン”の商品が多く、自分なりに使いこなすことで愛着が湧きそうな革製品が数多く揃っています。

 

そんなm+の「FERMAT MATI(フェルマ マチ)」という名刺入れを使ってみることにしました。

¥7,560 (2019/07/14 01:05:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

m+(エムピウ) FERMAT MATI 名刺入れを手に入れた

こちらがその名刺入れ。一見すると普通の名刺入れに見えるかもしれないが、パチっと留める金具を一切使わずに革の弾性を生かした返し留めによってケースをロックできるという面白いアイテム。

革はイタリア製(ワルピエ社)のタンニンで鞣された上質な素材を使っていて、鮮やかな発色が魅力的です。

経年変化が楽しみな革

以下の2枚の画像を見てもらえればその構造が分かるかと思います。

このように片手でもサッと開くことができるのがポイントです。

片手でポケットから名刺入れを取り出して、両手で持った時にはカバーが開いている、なんていう地味にスマートなスタイルで名刺交換を行うことができるのも使っていて面白い。

こういった他にはないデザインというのは自己満足でしかないが、名刺交換をする楽しみをひとつ増やしてくれる。

 

サイドから見るとこのような状態でしっかりとロックされているので、中身が飛び出してしまうという心配はまずあり得ない。

で、この FERMAT MATI はハッキリ言って大容量の名刺入れではありません。残念ながら営業でバリバリ名刺を手渡す人には向かないと思います。

 

名刺は30枚まで収納可能

 

名刺入れとしては比較的スリムなサイズのため収納枚数は30枚程度。上記画像はピッタリ30枚が収納されていますが、メインポケットにこれ以上入れるのは厳しそう。

交換した名刺はサブのポケットに収納でき、こちらも5枚くらいが限度かもしれませんが、スリムで金具を使わないという独特のデザインはとても魅力的だと思います。

 

打ち合わせ中は名刺を挿しておける

さらに僕が気に入っているのが、いただいた名刺をケースに挿しておけるという点。この機能は結構な確率で「おっ?それいいですね」って言われることが多いし、会話のネタのひとつとしても役立っています。

 

僕は名刺を3種類持っていてそれぞれ使い分けてるんですが、

  1. ブログ用の名刺
  2. 代表取締役の名刺
  3. 営業用の名刺(※資格保有を証明する名刺)

この名刺入れは2.代表取締役としての名刺入れとして使っています。

名刺入れなんて本来ひとつでいいんだけどね。

まぁ、副業時代の世の中だから、自分を売るチャンスとしても名刺は使い分けるのもいいと思います。

楽天市場では無料で「名入れ」で行なってくる店舗もあるので、購入するならオーダーしてみると良いかと思います。

 

まとめ

ということで お洒落な革製品ブランド m+(エムピウ)の名刺入れを紹介してみましたが、個人的にとても気に入りました。

今後の経年変化も楽しみなのでじっくり育てて行こうと思っています。

¥7,560 (2019/07/14 01:05:39時点 楽天市場調べ-詳細)
関連記事

ビジネスシーンの中でも重要な初対面。当たり前のように行われる名刺交換では意外と名刺入れは目に入るものです。美しい本革ケースから出されてる名刺はその人の第一印象をより良く演出してくれますし、受け取る側からしてもとても気持ちがいいものです。 […]