8月はブログ頑張るぞ!「マチョログ」で検索してね。

人気定番のパスポートケースおすすめ14選!旅行先での必要性や使い方を紹介!

パスポートケースとは、パスポートを含めた貴重品を管理するためのツールです。

海外旅行中、パスポートは唯一の身分証明書(ID)にもなるので常に携帯しておくのが基本ですが、中級クラス以上のホテルなら部屋の金庫などに保管して観光に出掛けるのもアリでしょう。ただしパスポート不携帯は「違法行為」になる国(アメリカ・中国・タイなど)もあります。

そのためパスポートを安全に携帯できるツールを用意しておくことが重要です。

 

そこで便利なのがパスポートケース。

旅行中に必要なモノをスマートに管理しておけるので、空港から旅行先で動きやすくなるサポートアイテムとして活躍します。

近年ではスキミング防止素材を使ったパスポートケースが主流になっているため、治安に不安のある国へ言っても大事なクレジットカード情報を盗まれるリスクを最小限に抑えることができます。

そこで今回は“パスポートケースの選び方””選び方のポイント”を分かりやすく紹介したいと思います。

 

パスポートケース選びのポイント

パスポートケースのタイプと使い方

パスポートケースはいくつかのタイプがあります。

種類特徴
ケースタイプブックカバーのようにパスポートケースを収納できる
オーガナイザー周囲をジッパーなどで覆い、小物類もまとめて収納できる
首さげ(肩掛け)タイプ首から下げて中身が取り出しやすい
ウェストポーチタイプ体に密着するように巻き付け、安全性の高いタイプ

バッグに忍ばせておく「ケースタイプ」から「オーガナイザー」、肌身離さず持てる「首さげタイプ」や「ウェストポーチタイプ」まで様々な種類がラインナップされています。

「ケースタイプ」から「オーガナイザー」にはハンドストラップが付いた商品もあり、それぞれ微妙に異なった特徴があります。

「首さげタイプ」ならストラップが丈夫なものを選び、ストラップを留める金具もしっかりしているか確認しておきましょう。

「ウェストポーチタイプ」は体にしっかりと巻き付けられるため、物理的にパスポートケースに触れられたとしても気づきやすいのがポイントです。また背中に巻きつけるのではなく、前に巻きつけることで安全性が高めることができます。

 

素材は防水・撥水加工タイプが安心

海外の天候はスコールなど突然雨が降る地域がありますし、旅行中に傘を持ち歩くことも少ないので大切なパスポートが濡れる心配のない防水加工タイプがオススメです。

万が一の大雨でも、スマホなどのデジタル製品をケース内に避難させることも出来るのでとても便利です。

 

スキミング防止

スキミングとはクレジットカードなどのデジタル情報を盗み取ることで、海外旅行では非常に注意しなければならないポイントになります。

近年では外部からかざすだけでカード情報を抜き取ってしまう非接触型スキミング技術が横行しており、偽造カードを作られて勝手に商品を購入されたり現金を引き出されたりと、これまでにも多額の被害が発生しています。

スキミング防止機能があるケースには微弱電磁波をブロックする機能があるため、このような犯罪を未然に防ぐことができます。

海外旅行へ行く方ならほぼ100%クレジットカードを持っていくと思いますので、スキミング対策もしっかりと考えておくと良いでしょう。

 

派手なタイプは控えよう

せっかくなら可愛くてお洒落なタイプを探してしまいがちですが、犯罪者から目に止まらない地味なタイプを選ぶほうがベターでしょう。

また、ひと目でハイブランドと分かるパスポートケースも控えたほうが良いとされています。

 

紛失防止タグを入れておくと便利

旅行先で最も怖いのが盗難やスリに合うことです。貴重品をまとめているがゆえに、万が一不足の事態に合った時に大変なことになってしまうので、パスポートケースには「紛失防止タグ」を入れておくことをオススメします。

紛失防止タグとはスマホとBluetoothで接続し、最後にスマートフォンとの接続が切れた場所と時間をアプリの地図上に表示してくれるという優れモノ。今や旅先では欠かせないツールのひとつではないでしょうか。

パスポートケースの中に忍ばせておくことで、旅行中の紛失トラブルを最小限に抑えることができます。

 

パスポートケースの人気おすすめ14選

ということで、人気商品のおすすめパスポートケースを一覧でご紹介します。様々なタイプの商品があるのでごゆっくり探してみてください。

1. HACONO TRAVEL パスポートケース

軽量コンパクトサイズながら強度が高く、撥水・防水性に優れたナイロン素材を使用しており、安定した人気のあるHACONO TRAVELのパスポートケース。ストラップの長さは26〜53cmまで調節可能のため、ゆったり掛けたり体に密着させることもできます。

メインポケットはマジックテープ式で中身が飛び出にくい構造になっており、サイドのファスナーポケットは左右どちらからでも開け閉めできる利便性も兼ね備えております。クレジットカードやIDカード類も20枚以上収納できるため、旅のサポートツールとして使いやすいと評判です。

メーカーHACONO TRAVELタイプ首さげタイプ
重さ80g防水・撥水性
サイズ14.5×18cmスキミング防止

 

2. VIVALD パスポートケース

人気商品!

片手サイズなのに十分な収納力があり、総合的に評価の高いVIVALDのパスポートケース。厳選された7つのポケットが使いやすくビジネスからプライベートまで旅先の味方になってくれます。

生地は丈夫なポリエステル生地を採用しており通気性も抜群。撥水仕様のため雨に濡れても中身をしっかりと守ってくれます。スキミング防止機能は360°どこからでも防磁するよう強化された、安心してクレジットカードを持ち運ぶことができます。また、両側ポケットで使いたい時に“サッと使える”のもポイントの1つ。

メーカーVIVALDタイプ首さげタイプ
重さ80g防水・撥水性
サイズ18.5×15cmスキミング防止

 

3. Evershop パスポートケース

人気商品!

クラッチバッグとしての使い方の他に、バッグインバッグとしても邪魔にならないスリムサイズで人気のEvershop パスポートケース。内部ポケットと外部ポケットを上手に分けられる使いやすいトラベルポーチです。

バッグのセンターにはペンホルダーが付いており、ポケットには整理フックや小銭入れがあり、パスポート、航空券などのための10枚のカードスロットを搭載。ブラックとグレーの他に迷彩色もラインナップされています。

メーカーEvershopタイプ首さげタイプ
重さ140g防水・撥水性
サイズ22.5×12cmスキミング防止

 

4. サンワダイレクト トラベルオーガナイザー

収納力に自信のあるサンワダイレクトのパスポートケース(※ストラップ別売り)。合計13種類のポケットを装備しており、カードスペースが7つもあるのが特徴的な商品です。小さな小銭入れやお札収納スペースも有り、旅行中の財布代わりとして使えるのがポイント。

前面には大きなポケットがあり、航空券や地図などすぐにアクセスしたいモノを取り出しやすい場所に収納できるので便利です。Mサイズ、Lサイズの2種類がありますが、Lサイズのほうが使い勝手がよいでしょう。

メーカーサンワダイレクトタイプケースタイプ
重さ140g防水・撥水性
サイズ24.3×13.8cmスキミング防止

 

5. PORTER HYBRID パスポートケース

低価格のパスポートケースでは不安、という方にオススメしたいのが「一針入魂」でお馴染みの国産ブランド「PORTER(ポーター)HYBRID パスポートケース」。開いても中身が飛び出すのを防止するため、個々のポケットはジッパーやベルクロ仕様に。パスポートの収納から現地の出入国に必要な小物をひとつにまとめて収納することができます。

素材はコーデュラナイロンを採用しているため、低価格な他社製品と比べると圧倒的に良い素材を使用しています。また1000デニールという厚手のしっかりとした生地ながら、見た目以上に軽量であることもポイントです。

メーカーPORTERタイプ首さげタイプ
重さ130g防水・撥水性
サイズ14×20.5cmスキミング防止

 

6. L-Hydrone パスポートケース

シンプルなデザインと洗練されたスタイリッシュなカラーで、性別年齢を問わずに使えるL-Hydroneのパスポートケース。スキミング防止技術には自信があり、海外でも評価が高いと言われています。

首に下げる必要はないがクレジットカードは絶対に守りたいという方にはおすすめしたい商品です。カラーはレッド、ブラックの2色となっています。

メーカーL-Hydroneタイプケースタイプ
重さ防水・撥水性
サイズ21×12cmスキミング防止

 

7. SHINPACK パスポートケース

シンプルで高級感のあるデザインでカラーラインナップも豊富なSHINPACKのパスポートケース。ビジネスシーンでも人気の商品となっています。スマートな見た目からは想像できない多機能収納ぶりで、旅先で大切なモノを1ヶ所にまとめて収納できます。

ハンドストラップ付きでちょっとした移動でも持ちやすく、見た目もスタイリッシュなのがポイントです。カードポケットは全てスキミング防止素材を使用し、微弱の電磁波を100%遮断。また、素材は耐久性のあるカチオン布のため安心です。内部にはペンホルダーとキーホルダーが付いているのも特徴で、キーリングに紛失防止タグなどを取り付けておくことができるのも便利です。

メーカーSHINPACKタイプケースタイプ
重さ防水・撥水性
サイズ25x14cmスキミング防止

 

8. BAGSMART ウェストポーチ

ウエストポーチ型のパスポートケースで高い人気を集めているのBAGSMART。スキミング防止機能のあるスペース付きで、薄くて絶妙な大きさ通いと評判のポーチです。

通気性、軽量感、フィット感を備えており、旅先では常に肌身離さずにいても快適に使うことができます。ポケットが大きく2つに仕分けができ、大きい方のファスナー内面にはカードなどを入れるポケットが3つ搭載されています。

メーカーBAGSMARTタイプウェストポーチ
重さ60g防水・撥水性
サイズ25.7×14cmスキミング防止

 

9. The Friendly Swede ネックポーチ

北欧スウェーデンでデザインThe Friendly Swede ネックポーチ。2個入りのためカップルや夫婦で一緒に使うことができますが、スキミング防止機能があるのが1つだけなのは残念なところ。

カラーはベージュのみですが、肌に近い色であることから首から掛けていても目立たず、物理的な安全性も期待できます。また43gと非常に軽量で、通気性にも優れているため暑い地域の旅行でも快適に使えますし、そのまま洗濯することができるのも特徴のひとつです。

メーカーThe Friendly Swedeタイプネックポーチ
重さ43g防水・撥水性
サイズ20x14cmスキミング防止

 

10. LiberFlyer セキュリポ

人気商品!

とにかくユーザー満足度の高いLiberFlyerのセキュリポ。海外旅行での貴重品管理の”悩みあるある”を300人にアンケートを取って開発されたセキュリティポーチのため、これまでのユーザーの不満点を解決している高品質なセキュリティポーチとして有名です。

スキミング防止素材をポーチ全面に使用し、不正な磁波は360°ブロック。さらにスウィミングウェアにも使われるライクラ素材を全面的に使用し完全防水を実現。人間工学に基づいた設計で体にフィットしやすく、裏地にはムレにくいメッシュ素材を使用しており、そのまま水洗いすることも可能です。

内側にはマジックテープ式のシークレットポケットを搭載し、万が一開けられても気づきやすい設計がなされています。日本YKK製のファスナーを採用しているため、開閉もスムーズでモノが取り出しやすく、詰まったり壊れたりしないのも特徴のひとつです。

メーカーLiberFlyerタイプウェスト・肩掛けタイプ
重さ120g防水・撥水性
サイズ13.5×24cmスキミング防止

 

11.LiberFlyer PASSFIT-mini

人気商品!

最小限の貴重品のみを管理できるコンパクトなパスポートケースPASSFIT-mini®(パスフィットミニ)。上記のセキュレポと同じLiberFlyer社の製品です。

スキミングを完全ブロックする高度防磁素材を内面に使用しておりセキュリティ面は万全。壊れにくい高品質YKK製ファスナーを採用し、開閉もスムーズでモノが取り出しやすいのもポイントです。

また、完全防水(waterproof 3.0)のナイロン素材を使用しているため、突然の雨で濡れてしまっても中身をしっかりと保護できます。
PASSFIT-miniが最低限の貴重品を安全に持ち歩きたいという方におすすめです

メーカーLiberFlyerタイプ首さげタイプ
重さ50g防水・撥水性
サイズ13.0×15.5cmスキミング防止

 

12. AQshop ウエストポーチ

体に身に付けて貴重品を持ち運びでき、様々な機能を詰め込んだ腹巻きタイプのAQshopセキュリティポーチ。シャカシャカする素材で着用感と軽さがよく、服の下に隠して装着できる超薄型タイプです。ポケット裏地にスキミング防止素材を採用しており、クレジットカードなどを安心して持ち運べます。

ただし通気や軽さを含めた快適性を重視しているため、撥水素材ではあるものの完全防水仕様ではありません。

メーカーAQshopタイプウエストポーチ
重さ60g防水・撥水性
サイズ27.5×14cmスキミング防止

 

13. Naturehike パスポートケース

5色のカラーラインアップが揃っているNaturehikeのパスポートケースは、旅行の必須アイテムを合計13ポケットでキレイに整理できます。シンプルながら高級感のあるデザインでビジネスシーンでも活用できるのが特徴です。

手提げも首かけもできるタイプで、実用性・耐久性のあるポリエステル素材を採用。バッグのセンターにペンホルダーが付いていたり、小銭等のコイン専用ポケット付きで機能美が兼ね備えられているパスポートケースです。

メーカーNaturehikeタイプケースタイプ
重さ140g防水・撥水性
サイズ22.5×12cmスキミング防止

 

14. milesto トラベルオーガナイザー Hutte

旅をアクティブに愉しむためのmilesto(ミレスト)のオーガナイザーHutte。立体縫製によりプロダクトデザインのような美しいデザインのトラベルオーガナイザーです。カラーは全部で4種類。肩掛け・斜め掛けの2WAY仕様となっているのも便利です。

開閉しやすいマグネットのフラップでポーチ全体をカバー。テフロン加工を施したコーデュラ素材を使用しているため、撥水こそするものの完全防水仕様ではありません。普通のパスポートケースでは満足できない方にオススメです。

メーカーmilestoタイプショルダータイプ
重さ防水・撥水性
サイズ13x23cmスキミング防止

 

 

以上で、今人気のパスポートケースを紹介しました。

それぞれがどのような特徴があるかお分かりいただけたでしょうか。安全面を考慮しながら自分に合ったパスポートケースを選んでみて下さい。