音質よしっ!「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」はクリアで迫力ある防水7W低音スピーカーとして優秀【レビュー】

更新日:

自宅にスピーカーが続々と増え続けてますmacho(@machoMacholog)です。

近年、高品質の低価格スピーカーがオーディオ市場を賑やかしており、気がついたら日常的にチェックするようになってしまいました。

今回Omaker様より「これは本気でスゴい!」と実感しているBluetoothスピーカーM6を提供頂いたのでレビューしたいと思います。スピーカーの購入を考えている方は当レビューを読んでから検討してみて下さいね。

Omaker M6は「7W出力/重低音/防水」の設計で低価格であること

omaker-m6

M6スピーカー本体、USB充電ケーブル、3.5mmAUXケーブル、ストラップ&カナビラ、説明書&保証書

Omakerがこれまで発売してきた「M4」「M5」に引き続き、最新ワイヤレススピーカー「Omaker Bluetoothスピーカー M6」は3.5W×2の7Wのデュアルドライバー内蔵で、迫力のあるステレオサウンドが楽しめるのが特徴です。
最大音量は110db12時間連続再生が可能。110dbは相当デカい音量(日常生活では不要なくらい)です。

M6は接続機能が強化され通信距離が20mと倍の距離になっています。これまでOmakerスピーカー製品に関してBluetooth接続で問題を感じたことはありませんが、野外で使う場合はスマホと接続して使うケースがほとんどなので、ポケットに入れて動き回っていても安心して使えるのはいいですね。

また、IPX5の防水等級で水に濡れても大丈夫です。
「IPX5クラス」の防水レベルについては以下を参考にしてください。お風呂でも問題なく使えてますよ。

あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。

価格は4,000円とOmakerにしては高価格帯のスピーカーですが、1000~3000円台で買えるスピーカーとは質が違う上、他社の高級ブランドで同じようなスペックを購入するなら1万円近くするでしょう。

Omaker M6の外観

omaker-m6-review

デザインは最近のトレンドっぽいブラックのシンプルな設計で、サイズは約14cm×7cm×4.5cmのそれなりにコンパクトなサイズになっています。

omaker-m6-front

omaker-m6-gaikan

操作ボタンサイズが大きいのでとても使いやすく、裏面のグリップが強いのでしっかり固定されます。「PCから操作するから必要なくね??」と思いがちですが、これが不思議と意外とスピーカー側で操作するようになるので、操作しやすいボタンであるのは重要だと感じてます。

また、上部に付属品のカラビナを取り付ければ野外での持ち運びが便利になりますが、個人的には自宅用として使うのがいいんじゃないかと思っています。

野外で使うなら「Omaker M4 Bluetoothスピーカー」のほうが持ち出しやすいのでオススメですね。

ということで自宅用PCに繋いでみました。

【自宅PCスピーカーとして】付属品のAUXケーブルでPCと接続してみました

omaker-m6-pc

本来であれば、スマホとBluetooth接続して音楽を楽しむのがベストですが、今回はPC用のスピーカーとして使ってみました。

AUXケーブル(付属品)を使ってPCと接続して音楽や映画を楽しむことができます。ケーブルが付属しているのはありがたい。

AUXケーブル+充電用USBの両方を接続しておけば充電も問題ないので一緒に挿しておきます。

omaker-sperker

omkaer-m6-setsuzoku

これでPC用のスピーカーとして使うことができます。

実はこれまで使っていた某社のPC用スピーカーがありましたが、場所を取るので省スペースで使えるM6 スピーカーに切り替えました。

音質について

ホントに省スペースでいい音が出るんで快適に使えています。

低音が出るのはもちろんですが中高音域がかなりクリアに聞こえるので、個人的にはすごく好きなタイプの音質です。HipHop、R&Bや、EDMなどのエレクト系が好きな人にはオススメです。ロック系だとギター音やドラムのハイハット音がよく聞こえる感じです。

音量を上げても柔らかい音が維持されるので、これはGOOD!と評価できます。

仕様について

仕様 スペック
連続使用可能時間 12 時間
平均充電可能回数 4.5 時間
重量 約340g
寸法 14cm×7cm×4.5cm
出力電力 2 × 3.5W
周波数特性 68Hz-20KHz
信号対雑音比 72デシベル
Bluetoothの範囲 66フィート/ 10メートルの最大
バッテリー 内蔵1900mAhリチウムイオン充電式バッテリー

Omaker M6 レビューのまとめ


このOmaker M6は重低音をステレオサウンドで楽しめるコンパクトスピーカーで、同時にOmakerならではのコストパフォーマンスに優れた商品です。
2台のM6 スピーカーをペアリングしてステレオサウンドを楽しむ(TWS機能ーTrue Wireless Stereo)こともできるので、自宅でも野外でも迫力あるサウンドを楽しむことができます。>

Amazonでは非常に人気が高い商品であったため先月までは入荷が難しかった状況ですが、商品が再入荷されたようです!気になった方はお早めにどうぞ。

その他、コスパに優れたOmakerのBluetoothスピーカーが気になる方は一覧からご覧ください。

コチラも読まれています

オーディオ関連記事

-オーディオ機器
-,

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.