「Bose Sound Sport」高音質でアクティブに使えるボースのワイヤレスイヤホンは絶品だった

更新日:

Bose Sound Sport

夜間に近所の公園でジョギングをしています。

一人寂しく涙をすすりながら走っている僕に頼れる相棒が加わりました。

Bluetooth搭載のスポーツ向けワイヤレスイヤホンBose SoundSport

スポーツ向けのアクティブ系イヤホンとしての発売されてますが、通勤など日常使いでも全然使える超優秀なイヤホンです。

高音質で使い心地がよく素晴らしいイヤホンだと実感中。

家電量販店でも堂々とディスプレイされている高級イヤホンですよ。

「Bose Sound Sport」まずは開封

やっぱ箱から違いますね。高級感漂っています。

同梱物はこちら

  • SoundSport wireless headphones
  • StayHear+ Sportチップ 3サイズ
  • 充電用USBケーブル
  • キャリングケース
  • クイックセットアップガイド
  • 保証書

次に各パーツを見ていきます。

本当に欠点の見つからない素晴らしい商品なので、かなり細かく記載していきます。

「Bose Sound Sport」の外観レビュー

イヤホン部分

シンプルながら耳へのフィット感を重視したデザイン。

もちろん掛け心地は抜群で、少し大げさに言うと数分間装着しているとつけている感覚がなくなります。

イヤーピースは耳に掛かりやすいようウィング付き。

柔らかいシリコン素材と独特な円錐型で、耳にすんごいフィットするのが特徴。

かなり激しい動きをしても一切落ちる感じがしないし、このウィングのような部分が耳に当たる感覚もないので、全く気にならない上にイヤホンが落ちないという見事な構造です。

これはぜひ試してもらいたい。

電源周り

電源ボタンは右のイヤーピース側にあり、長押しするとONになる。

ONにすると英語の音声ガイドで充電残量と接続先が案内されるという近未来仕様。

後述するが、専用のアプリを使えば英語ガイダンスを日本語に変えることも可能

とにかく、ちゃんと繋がっていることが確認できるので電車内でONにしても安心です。

繋がってない状態で再生ボタンを押し、スマホのスピーカーから音が出ちゃうという恥ずかしい思いをしなくて済みますね。

音量、ファンクションボタン

インラインリモコンがイヤホンの右側コード部分にあり、+と−は音量調整中央ボタンはマルチファンクションボタンとなっています。

これが非常に押しやすい構造になっていて、指の感覚だけで操作できます。

ファンクションボタンの使い方
  • 1回押しで再生、停止
  • 2回押しで曲送り(長押しは早送り)
  • 3回押しで曲戻し(長押しは早戻し)

NFC、マイク

インラインリモコンの裏側がNFCとマイクの配置になってます。

マイクは通話用として利用するため。

NFC対応スマートフォンであれば、ここに近づけるだけでペアリングすることができます。コンビニの電子マネーや、駅の改札でタッチするようなイメージですね。

クリップ付き

クリップは後ろの首袖に付けるためにありますが、これが無くてもイヤホンが耳から外れる感じはしません。激しく動くなら付けておきましょうという程度でOKだと思います。

充電はmicroUSB接続

充電はここから。一回のフル充電で6時間まで連続再生できます。少し時間的に物足りない気がするが、電源をONにすると電池残量を音声ガイダンスしてくれるので特に問題に感じることはないです。そろそろ充電かな?という時期がしっかり判断できます。

カラビナ付きケース

画像ではmicroUSBを収納してますが、イヤフォン本体も非常に収納しやすいケースの構造になっている気がします。

ゴチャゴチャせずに済むのは本当に助かりますね。

カラビナ付きなので、こんな感じにバッグに引っ掛けて使用することも可能です。

Coleman ATLAS
「Coleman ATLAS」(アトラス ロールトップ)通勤バッグをリュックに変えたら肩こりが治った

アーバンなバックパック「ATLAS アトラス ロールトップ」を購入したました。 僕は仕事柄スーツを着る必要がないので通勤の服装は自由なので、バッグも好きなタイプ ...

続きを見る

「Bose Sound Sport」仕様

本体 3.05 cm H x 2.5 cm W x 3.05 cm D
装着方式 インナーイヤー
駆動方式 ダイナミック型
重量 23 g
充電 リチウムイオンバッテリー
充電時間 2時間
バッテリー フル充電で6時間

アプリ「BOSE CONNECT APP」を使って接続を楽に

Boseの専用アプリ「BOSE CONNECT APP」を使えば、Bluetooth接続や切り替えが簡単に行なえるということなので、早速インストールしてみました。

Bose Connect

Bose Connect
無料
posted with アプリーチ

使ってみたところ、イヤホンのみならず音声通話やノートPCのような Bluetooth機器間の切替えが簡単に行え、さらにはイヤホンの諸設定も出来ました。

音声ガイダンスを英語から日本語に切り替えたりすることも出来ます。

「Bose Sound Sport」を1週間使ってみた感想

とにかく音質がいい

これまで使用していたBluetoothイヤホンとは、そもそも価格が違うので比較するのも可哀想ですが、素人が聞いても本当に音質が良いです。

イヤホン-JVC
「JVC XXシリーズ」迫力の重低音が魅力の高音質Bluetoothイヤフォンがいい感じ

Bluetooth対応イヤホンが手放せないほど愛用しているのでオススメします。

続きを見る

これまでは低音・重低音を重視したイヤホンを多く使用してきましたが、Bose Sound Sportは重低音と中高音のバランスが非常に良く、いつも聞いている曲が「こんなに聴きやすいのか!」と感じました。

とにかく全体のバランスが良い。というのが一番の感想です。

防滴/防汗仕様であることの安心感

雨天や汗によって濡れてしまっても心配がないのは電子機器にとって大切なこと。スポーツ系アクティブイヤホンとしてい発売されているので、この点は全く問題なしです。

ノイズキャンセリングでないが密閉性は高い

スポーツ系イヤホンなので、当然ノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、かなり密閉性が高いように感じます。ところが外の音もしっかり聞こえるので外出時に使うには最適です。

音漏れもカナル式と同じくらいなので、ほぼ音は漏れないと考えていいと思います。

イヤホン内部が独自の形状になっているので、しっかりと耳の入り口を塞いでくれているのを実感できます。

ランニングには最適なイヤホンだと実感

このイヤホンは耳への負担もなく、ワイヤレスでアクティブに使うことに特化しているので、公園をジョギングする時に使うと本当に快適ですよ。

もちろん日常使いでも全然使えますけど。

激しいスポーツをする人でも、イヤホンが落ちるようなことは考えづらいし、汗で濡れてもOKだし、音もいいしカッコいいし・・・このBose Sound Sportという選択肢はかなりいいと思います。

最後に

Boseは1年間の保証期間内であれば、何度でも無償で新品交換してくれます。

イヤホンは断線しやすいので、安いものを数回買うよりはちゃんと保証が付いているものを買うのは大事なことかもしれないと思い始めてます。(過去に何度か捨ててる経験アリ)

Boseというブランドのイヤホンを使ってみて、とにかく細かい所に手が行き届いている商品だと実感しました。そのおかげで使い心地も使いやすさも欠点が見つかりません。

イヤホン選びに悩んでいる人はぜひオススメしたい商品ですね。

最後に一言

ボーズ・オンラインストアなら30日間返品・返金保証、送料無料などのサービスも充実しており、公式ならではの安心サービスで購入することが出来ます。

 

-オーディオ機器
-, ,

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.