ステッドラー「アバンギャルド」4C規格の多機能ペンはジェットストリーム芯を入れよう

投稿日:

ドイツ生まれのSTEADTLER(ステッドラー)「アバンギャルド」と言えば、スタイリッシュで実用性を兼ね備えた多機能ペンとして幅広い層にファンを抱えています。

しかも4C規格対応でジェットストリームの替え芯が使えるので、「国産ボールペンはデザインがちょっと・・」という人にとってベストなペンではないかと思います。

アバンギャルドの良さは、低価格(実売2,000円以下)ながら優れたデザインと、軽量かつ重心が低くて書きやすいという利点があります。

そんなステッドラー アバンギャルドについて紹介したいと思います!

 

ステッドラー「アバンギャルド」多機能ペン

アバンギャルドは「3色+シャープ」の多機能ペンながら、太くもなくシャープでスッキリとしたデザインに仕上がっています。さすがドイツデザイン。

カラーは「スノーホワイト 」を使っていますが、カラーラインナップも豊富なので選ぶ楽しみもあります。

国産の多色ボールペンで細いデザインを採用した場合、ほとんどがロール式(回して色を変えるボールペン)ですがアバンギャルドはノック式です。

その仕組みは「振り子式」で色を変えるから。

 

アバンギャルドは「振り子式」

振り子式とは、ペンを横向きにしてペン尻にある色種の表示を上に向けてノックを押すとその色のペンが出る仕組みになっています。

ペン先を戻す時は横にある○ボタンを押します。

ザックリと使い方をYouTtubeで紹介してるのでご覧ください。

 

同じ振り子式のペンとしてLAMY2000が有名ですね。

使い方は全く同じですがLAMY2000は「高級感こそあるが値段が高い」という感じかなと。

関連記事
lamy_2000
大人の逸品『LAMY 2000』4色ボールペンの魅力を語ってみる

「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」というコンセプトで1966年に発売された『LAMY 2000』。 50年間変わらぬデザイン・機 ...

続きを見る

 

見た目も良く、軽量で書きやすい

アバンギャルドの素材は硬質アルミ軽合金製という「よく分からないけど軽くて良さそうな素材」を使っているようです。

そのため重さは18gと軽いのがが、さらに重心がグリップ側にあるので書いている時も軽く感じるのがいいんです。

アバンギャルドは定価3,000円、Amazonなら2,000円以下で購入することができますが、低価格ながらチープ感がありません。今回レビューしているのはスノーホワイトという色ですが、ナイトブルーなんかは高級感さえ漂っています。

ステッドラーは工業デザインの国とも言われるドイツ生まれのブランドのため、デザインが完成されているがゆえの高級感なんだと思います。

 

替え芯は“4C規格”に対応!ならジェットストリーム芯を入れる

まずはステッドラー純正の替え芯(黒・青・赤)を外し、シャープペン芯はそのまま残しておきます。

芯を引っこ抜くだけなので簡単。

ペン軸の中身はこんな感じになっているのでこの穴に新しい替え芯を挿します。

 

で、0.5mmの替え芯ジェットストリームプライム SXR-200-05を入れます。

 

ジェットストリーム芯は明らかにインクフローや書き心地が違いますね。

純正リフィルは書き始めに文字がかすれたり抜けが出てますが、ジェットストリームの替え芯ならそのようなことは一切ない。

 

拡大して比較してみると違いがよく分かりますが、やはり国産最高峰の低粘度油性インクというのはスゴイですね。

 

書き心地もソフトになり、そこまで筆圧をかけずにヌルヌル書けるようになるので、アバンギャルドはジェットストリームの替え芯に交換すべきだと思います。

関連記事
最強の替え芯「4C規格リフィル」をまとめ!分かりにくい型番を一覧で紹介します

「お気に入りのボールペンなのにインクが悪くて書きづらい」 こんな不満は替え芯(リフィル)を交換することで簡単に解決することができます。中でも ...

続きを見る

 

・・・で・・・LAMY2000とどっちがオススメ?

アバンギャルドは4C規格に対応しているので、お洒落な海外製の4C規格ボールペンを探すとLAMY2000が比較対象になると思います。

両者を使っている感想としてはこんな感じ。

  • 高級感が好みならLAMY2000
  • ガンガン使うならアバンギャルド

LAMY2000は先端が無垢のステンレスで出来おり、アバンギャルドはアルミ合金。重さの違いは3〜4g程度なのでほとんど違いを感じませんが、見た目の美しさや高級感はLAMY2000のほうが勝ります。その反面、アバンギャルドは1/3の価格で買えるという魅力も。

両者が大きく違うのは重心の違いですね。

LAMY2000はペン尻が重たく、アバンギャルドはペン先側が重たい。

総合的に評価するとこのように感じます。

  • 見た目はLAMY2000
  • 書きやすさはアバンギャルド

参考になれば。

 

さいごに

4C規格が使えるお洒落な海外製ボールペンとして、ステッドラー アバンギャルドはその筆頭株でもある一本です。

何より実売価格2,000円以下で買えるというのが一番のポイントかと思います。つい何本も欲しくなってしま・・・・。

普段使いからビジネスシーンまで、さらには手帳用のペンとしてもオススメです。

-筆記具
-, , ,

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.