映画関連のアフィリエイト(ASP)は稼げるのか?収入を得るための方法などを紹介

映画-アフィリエイト

ブロガー向け記事です。

『映画~~を観ました!』『おすすめ映画を厳選~』的な記事を見かけたことはありますよね。

これらの記事をブロガー目線で見ると、収益どーなのよ??って思う人がいると思います。

僕も映画記事をよく書きますが、経験から言うと・・・

「儲からないがゼロではない」といったとこでしょうか。

ちょっと語ってみたいと思います。

この記事は映画記事で収益を得たい人に向けた記事です。

主にブログ初心者が対象になるので参考例の1つとして読んでもらえればと思います。

では早速、映画記事で収益を上げる基本的な構造や収益モデルから紹介したいと思います。

 

映画記事で収益を出す方法

映画記事による収益モデルは、大きく分類して以下の4つがあります。

①DVD・ブルーレイを購入してもらう

こちらは物販という形で、主にAmazonと楽天がメインですね。

何が売れるか分析しづらいですが、「デラックス盤」とか「限定盤」などの商品が売れやすい傾向にあります。

売り上げは雀の涙ほどなので、収益ウェイトとしたら「少」といったところ。

こんな形で紹介リンクを貼るのが一般的。

②Amazonビデオでレンタル・購入してもらう

こちらはAmazonビデオのレンタル・購入によって収益を得るもので、「Amazonアソシエイト紹介料率が10%」と最高峰の商品ジャンルになるので、数が売れると大きいです。

トレンド系映画に強く関連作品が売れやすい傾向があり、監督関連作品や関連マンガなども同時購入されるパターンもあります。

上記同様にプライムビデオの商品リンクを貼って紹介するのが一般的。

以下はプライムビデオのバナーリンク。こういうのもおまけで付けておくのが大事。(あまり効果はないけど)

③映画まとめ記事で、はてブ・SNS等拡散によりバズる収益パターン

最新映画や、映画まとめ記事でバズが起こってPV数が増加し、クリック型広告報酬が増えるパターン。

この辺は書き手のアイディアや技量がモノを言うので、どんどんトライしてみるといいと思います。

ただ、観たことない映画をネットで調べただけでまとめちゃうと、知っている側から見たら「??」ってことになってしまうので、なるべく観たことある映画を真摯にまとめたほうが印象が良いです。

10選をやめて5選にするのも技の1つ。

(実際は沢山まとめた方がブックマーク沢山付きやすいんだけどね・・笑)

この辺はどんどん試してみるといいと思います。

例えばこんな記事。

絶対に見ておくべきフランス映画、最高に面白い「おじさんが出る」映画を厳選3本

2016.07.22

【金融映画】巨額マネーが動く投資やお金をテーマにしたビジネス映画10選

2016.04.22

④アフィリエイトサービス会社(ASP)を通して動画配信サービスの登録紹介料をもらう

こちらは主に動画配信サービスを紹介し登録してもらうことで収益を上げます。

ASPって何?って人も気にせず読み進めてください。

動画配信サービスの紹介料は比較的安め(1件1000円~が相場)で、WOWOWやスカパー!等の衛星放送関連は高めの設定になっています。

ASP関連の収益は、映画特化サイトであればあるほど強い印象ですが、雑記ブログでもちゃんと収益は出せます。

映画を紹介するなら収益ウェイトの中で最も大きい存在です。

 

では、この収益ウェイトの大きいASP登録型サイトで紹介料を得るためにはどうしたらよいのか。

 

映画記事で収益を上げるためにどうしたらよいか

まず動画配信サービス等に登録して試してみる

まずは動画配信サービスに登録して試す→その後レビューするという形がベスト。

ほとんどの動画配信サービスには無料期間があるので、これを活用しない手はないでしょう。

登録しないで記事を書くのもアリですが、そのサービスを経験するかしないかの違いは記事ボリュームに大きく反映します。←これはマジ。

先日、『DAZN(ダ・ゾーン)』という新しいスポーツ系動画配信サービスに登録して試聴しましたが・・・
まぁ・・・画質から何からヒドイことヒドイこと。。。
※現在は改良されていました。

知らずに「オススメです!」なんて紹介しなくて良かったし、逆に「ダメだった!」という記事を書くのも1つの手。
これも試してみたからこそ分かったことです。

次に、収益を得るためにはASPサービス会社に登録して、動画配信サービスを紹介できるようにしなくてはなりません。

 

ASP各社と提携するならこの2社

※ASPとは成功報酬型広告のことで、広告をクリックしてもらった後に成果条件を満たした場合に報酬が発生するサービスのことです。

 

エンタメ系や映画関連広告ならこの2社が強いです。

1. バリューコマース

バリューコマースはASPでは外してはならない存在で、特に映画関連のエンタメ系サービスを紹介するなら登録は必須。

2. A8.net

A8.netも映画関連サービスを紹介できるASPの1つです。バリューコマースには無い案件もあるのでコチラも登録は必須。

 

とりあえずこの2社に登録しておけば、主要な動画配信サービスは網羅できます。

次に、肝心な動画配信サービスを紹介しておきます。

 

一度は試しておくべき主要な動画配信サービス4社

僕は映画マニアなのでほぼ全ての動画配信サービスを経験してますが、選択肢としては以下の4社に絞っていいと思います。

hulu

レビューの書きやすさ・・・★★★★★

初めて動画配信サービスを利用する人にオススメなのがhulu。

月額933円の定額制のシンプルな料金形態なのでレビューを書くのも簡単です。

映画コンテンツ量も十分なので記事ネタの宝庫と言えます。

「2週間無料」なのもGOODです。

U-NEXT

レビューの書きやすさ・・・★★☆☆☆

圧倒的コンテンツ量と最新作に強いが、「月額制」と「課金制」の作品がゴチャ混ぜになっているのでレビューの難易度は高め。

映画の他にも雑誌・コミック・音楽・アダルト(別料金)などもあり、紹介するにはちょっと複雑かもしれない。

最新作が豊富であるため、レビュー記事によっては検索上位を狙える確率は高いかも?

無料期間は「31日」と長めです。

NETFLIX

アフィリエイト・プログラムの取り扱いはなし(2016/10現在)

レビューの書きやすさ・・・★★★★★

世界規模なら圧倒的王者のNETFLIX。個人的には「サイトの使いやすさ」が非常に優秀でこれは他社を圧倒しています。

オリジナルコンテンツが売りなので、レビューを書いている人も少なく検索上位に上がりやすい。その分検索ボリュームも低い。

無料期間は「31日」です。

【Netflix】Stream Team(ストリームチーム)のメンバーになりました!

2016.09.10

dTV

レビューの書きやすさ・・・★★★★☆

月額500円という安さが売りのdTVだが、こちらも一部レンタル課金制なのでややこしいがU-NEXTほどではない。

オリジナル番組もあるが、なんと言っても料金の安さが魅力なので、記事ネタとしての要素としてはとても強いです。

コンテンツをDLして試聴できる点も特徴なので、これを売りに記事を書くと効果が出るかも?

無料期間は「31日」です。

 

映画記事のメリット・デメリット

良い点/ネタが尽きることがない!

映画は無数にあり、関連商品やグッズ、ロケ地など付随してくるネタが多大です。

俳優の~~が映画の中で付けていた時計とか、映画で使用されていた音楽もアフィリエイトすることが可能です。

売れるかどうかは別として、アフィリエイトできるネタは多いです。

SUUNTO(スント) CORE ┃映画『イコライザー』でD・ワシントンが着用していてる腕時計がかっこいい

2016.07.14

悪い点/競合性が高く成約率も低い。

これが一番ネック。

特に有名作品を検索上位に上げるのは至難の業です。

逆にマイナー作品は検索ボリュームこそ少ないものの、上位に上がりやすいとも言えます。

成約率も非常に低いですが、波に乗り出すとコンスタントに数万円は出ます。

 

結論

好きな映画なら思い切って書いてみよう!

これが一番だと思います。

初めて書いてみるとレビューの難しさや記事の構成に悩むと思いますが、「この映画は面白かった!」でも十分だと思います。

映画記事内容を摘発しようとしてくる「映画ポリス」がネット上にはウヨウヨしていますが、そういうの人たちの意見を素直に受け入れたり、場合によっては無視するスキルも必要です。

個人的には好きなように書いて、一部の人でも共感してもらえるのが一番だと思います。

ついでにリンク等を貼って収益が少し出ればいい。

これくらいの気持ちでスタートするのが良いと思います。

ということで、映画記事で収益を出す手順を一通りまとめてみました。

参考になれば。

スポンサードリンク

ブロガーに人気のWordPressテーマ「STORK」


効果的なデザインが用意されてており、誰でもオシャレなサイト運営が出来ます。
詳しくはデモサイトをご覧ください。