バーチカルブラインドでおしゃれなリビングに~メリットとデメリット~

更新日:

バーチカルブラインド

リビングはカーテンを使わずにバーチカルブラインドにしました。

リビングには3.6mの大きな窓があり、とても存在感が強いので普通のカーテンではどうも違和感を感じるだろうと思い、バーチカルブラインドにしました。別に特注の窓とかではないです。

バーチカルブラインドには「センターレース付き・無し」の2種類があります。

センターレースとはブランドを開いた状態の時に、ブラインドの間にあるレースが目隠しの役割を果たしてくれます。

 

センターレース付きか無しか悩んだが

バーチカルブラインドを選ぶ際、まず最初にレース付き・レース無しの選択にぶつかると思います。

価格も全然違い、倍近く違うと言っても過言ではないかも。

が!個人的には絶対にレース付きをオススメします。

レース無しだと非常にすっきりしててデザイン性高く良いのですが、オープンにしたら外から丸見えで、正直生活しづらいです。(外の目線を気にする環境でない人は除きます)

我が家は人の目線が気になる環境ではないが、レース付きのブラインドにしました。

やっぱりレースがあると安心感がありますね。

部屋の中が見えないことは防犯上もいいことです。

バーチカルブラインド-夜
夜、ブラインドを閉じている状態

レース付きか無しかで悩んだ後、次に選ぶことはレールの取り付け位置。

 

レールの取り付け位置

カーテンレールを「窓枠内に取り付けるか、天井付けにするか」を選ぶ必要があります。

つまり、窓の枠内からブラインドを吊るすか、天井から吊るすかの2択です。

ここは天井付けをオススメします。

設計の段階でインテリアコーディネーターの女性から

「絶対に天井付けの方が綺麗です」

と言われました。あまり強要するような方ではなかったんですが、ここだけは絶対に!!と推されました。

結果・・・絶対に天井付けのがいいです。

ブラインドをオープンにし、センターレースにしている状態

本当に天井付けにして良かった。

うっかり窓枠サイズで取り付けていたら、かなりコンパクトなバーチカルブラインドになっていたかもしれません。。。

この写真で「いいね!」と共感してもらえたら嬉しい。

この写真に関して言うと、センターレースがあっても外からは家の中の様子が割と見えます。我が家は電動シャッターをつけているのは気にしていませんが。

 

バーチカルブラインドの欠点

バーチカルブラインドは美しさが最優先されたものなので、ある欠点もあることを知っておいたほうがよいです。

 

小さな子供が居る家庭ではおもちゃにされる

うちの下の子がまだ小さいので、バーチカルブラインドを興味深々に引っ張ったりします。

思いっきり引っ張ったりすると外れてしまうようですが、今のところはまだ大丈夫です。

でもバーチカルブラインドで遊んでる子供を見るとヒヤヒヤしますね。

バーチカルブラインド-センターレース

このツマミで開閉を調整したりします。

バーチカルブラインド-オープン

ブラインドの幅が大きいほどバーチカルブラインドは美しい。

 

 

商品名と価格

こちらの画像の品番は無視してください。(トヨタホーム専用の品番です)

バーチカルブラインド-価格

ニチベイのアルペジオという商品でセンターレース付き。3.6m幅を購入しました。

 

価格は21万円→15万円でした。

これは時期的なものや、会社的なことで左右される価格であると思ってください。

 

バーチカルブラインドにしたことによって

これは何度も言うように「美しさ」です。

自宅ってこういう自分の気に入ったものがいくつも積み重なって「落ち着く場所」ってものが完成すると思います。

子供のいたずら対策もしなくてはなりませんが、結局普通のカーテンでも何かしらのデメリットはありますしね。こればかりは仕方がない。

最も目立つリビングのカーテンにお金をかけ、2階の寝室や子供部屋などはなるべくコスパの良いカーテンを選んだのも良かったなと思っています。

-インテリア
-

Copyright© MACHOLOG , 2017 All Rights Reserved.