2019年7月は様々な事業にトライ!ブログも頑張って更新中です!

万年筆カクノのコンバーターは「CON-70」がオススメな理由

コスパ最強と言っても間違いないカジュアル万年筆「カクノ」。

前回はカクノの特徴や付属のカートリッジインキを使って使用レビューをお届けしたが、今回はコンバーターを使って好きなインクを使えるようにセットしてみたいと思います。

MACHOLOG

カジュアル万年筆を代表する商品として「PILOT カクノ」を挙げることができます […]…

 

使用するコンバーターは「CON-70」。カクノは「透明軸」を使います。

公式サイトでは「CON-40」が対応と記載されているが、カスタム74(PILOTを代表する万年筆)のような高級万年筆で使う「CON-70」をセットすることが可能です。

両者の違いはこちら。

CON-40 CON-70
インク容量 0.4ml 1.1ml
吸引方式 回転式 プッシュ式

 

CON-70は2倍以上のインキ量を充填することができ、簡単なプッシュ式を採用しています。非公式ではあるものの、カクノを使うのであればコチラを選択したほうが良いと思います。

では早速カクノにセットしてみようと思います。

Pilot
¥567 (2019/07/16 23:59:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

カクノ 透明軸に「CON-70」をセット

使用するインキは、同じくPILOTの iroshizuku〈色彩雫〉【竹林】。

“コンバーター × 透明軸万年筆”は万年筆を楽しむための基本。お気に入りのカラーインクを視覚的にも楽しめるのでオススメです。

以下の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事

万年筆が好きになると必ず1本欲しくなく透明軸のスケルトン万年筆。 筆記具業界ではちょっとしたブームにもなっており、格安万年筆から高級万年筆まで様々なラインナップが登場しています。特に国内を代表する万年筆ブランド(PILOT、セーラー万[…]

 

使い方

1.コンバーターを挿し込む

まずは万年筆をバラし、コンバーターをペン先の後ろから挿し込むようにしてセット。力を入れても固定されている状態であればOKです。

こうしてみると、CON-70の大容量さが良くわかります。

 

2.インクを吸引する

次にインクを吸引していきますが、CON-70はプッシュ式なので簡単。ペン先は空気が入らないようインクの中にどっぷり浸けて吸引します。

で、約5〜7回ほどプッシュすればインク満タンに。

いや、本当に簡単。ものの数秒で充填されました。

 

3.ペン先を軽く拭いたら完成

ティッシュなどでペンに付いてしまったインクを拭き取ったら完了。

やはり1.1mlタンクに入るインク量は半端じゃないですね。たっぷり入りました。

 

 

カクノ│色彩雫[竹林]で書いてみる

色彩雫[竹林]は薄くて綺麗なグリーン。薄いだけにインクフローが悪くなった感じもしますが、ノートの種類によりけりと言ったところで評価するのは難しいところ。

 

ただ、1,000円で買えるカジュアル万年筆カクノが、こんなにも美しいペンに早変わりしました。

さすがの大容量タンクで一度充填すればかなり長い期間使うことができるし、透明軸が完全にそのインクカラーに染まるので見た目も良いと思います。

 

 

さいごに

ということで、カクノ透明軸にコンバーター「CON-70」を使い、インク「iroshizuku[竹林]」を使ってみました。個人的にはかなりお気に入りの1本で、最近では普段使いの万年筆として愛用しています。

カクノを買うなら「透明軸+コンバーター」で好きなインクを楽しむのがいいのではないかと。

そんなコンバーターの魅力を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

ココがおすすめ
  • 1.1mlの大容量タンクたっぷり入る
  • プッシュ式で吸引が簡単
  • 透明軸がインクカラーで染まるように見える
  • キャップ式で使いやすい
Pilot
¥567 (2019/07/16 23:59:51時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

低価格な万年筆を楽しむ 万年筆のデザインってどうしても男性のイメージがありますよね。 歴史的にも有名な万年筆が「黒、高級品」というイメージがあるせいでしょう。 しかし、実は子供から大人まで楽しく使える低価格の「カジュア[…]

関連記事

リーズナブルな国産スケルトン万年筆として人気のパイロット万年筆「プレラ」は、普段使いの万年筆としてラフに使えるのがポイント。 スケルトン軸の万年筆でありがなら若干カラーが入っており、ラインナップは全部で7色。インクカラーによってまった[…]

関連記事

カジュアル万年筆を代表する商品として「PILOT カクノ」を挙げることができますが、もはや“コスパ最強”と断言してもいい万年筆と断言できるほどのペン。 万年筆は気軽に買えないと認識している人が多いが、“カクノは1,000円で買える万年[…]