コスパ最強の万年筆“カクノ” 【レビュー】

カジュアル万年筆を代表する商品として「PILOT カクノ」を挙げることができますが、もはや“コスパ最強”と断言してもいい万年筆と断言できるほどのペン。

万年筆は気軽に買えないと認識している人が多いが、“カクノは1,000円で買える万年筆”としても有名です。初心者からコレクターまで気軽に手を出せるし、万が一気に入らなくても許せる金額。

 

そんな「PILOT カクノ」の良さや、実際に使った感触などをご紹介。

個人的には おすすめ度: という感じです。

 

PILOT カクノ

“きっと書くのが楽しくなる”

そんなキャッチフレーズのもと展開されているカクノ。その名の通り、低価格な万年筆であることの買いやすさ、国産ブランドとしての品質、どれをとってもバランスがよく、誰にでもおすすめできるペンのひとつ。

今回は、ライトグリーン[細字]を使ってレビューしてみます。

 入っているもの
  • 万年筆カクノ本体
  • カートリッジインキ(黒)
  • やさしい万年筆の使い方(説明書)

 

説明書が付いていますが、初めて万年筆を使う人でも分かりやすく書かれているので安心ではないかと思います。

 

カクノは初心者からコレクターまで愛される理由の1つとして、“豊富なカラー展開”という点が挙げられます。

これだけラインナップがあると選ぶのに迷うが、1,000円という価格は求めやすい。

 

では、書ける状態にセッティングしてみましょう。

 

付属のカートリッジインキをセットするだけ

カクノ本体をバラし、後ろから付属のカートリッジを差し込むだけ。インクがペン先に染み込むまで数分間待てば書く準備はOK。

 

好きなインクを使いたい人は対応コンバーターを入れれば可能だが、オススメはCON-70という商品。

カクノ−透明軸

このコンバーターはプッシュ式です。詳細はコチラの記事でどーぞ!

MACHOLOG

コスパ最強と言っても間違いないカジュアル万年筆「カクノ」。 前回はカクノの特徴や […]…

 

カクノで書いてみる[細字]

今回レビューしているのは[F:細字]です。

とにかくインクフローが良く、万年筆らしい筆圧ゼロで書ける感触を楽しめるように作られているように感じます。格安万年筆にありがちなカリカリ感はノート紙によって異なるが、とにかくインクがキレイに出るのでスラスラ書けるのは間違いありません。

これで1,000円とは素晴らしい

 

持ちやすい三角グリップとキャップ式がGOOD

カクノ−三角グリップ

カクノは“さりげなく三角グリップ”になっていて、握りやすくて書きやすいように設計されています。極端な三角ではなく緩やかな三角形のため、ソフトに握れるのが良い。

長時間使っても力を入れずに文字が書けそうな気がします。

 

カクノ−キャップ

また、キャップ式のため書きたい時にすぐ書けるというのもいい。高級万年筆のキャップは気密性を高めるために回転式のものが多いが、利便性だけを考えると実はキャップ式のほうが使いやすい。数ヶ月間放置してしまうとインクが固まってしまう可能性があるが、水に漬けておけばまた使うことができる。

詳しくは以下の記事で紹介しているので参考にしてほしい。

関連記事

オシャレで可愛い万年筆として有名な「LAMY Safari(ラミーサファリ)」。カラーラインナップが数多く揃っており、手ごろな価格で購入できることから、万年筆初心者はもちろん万年筆ファンなら必ず一本は持っているペンではないでしょうか[…]

 

カクノは万年筆ながらボールペンのような利便性を持ったペン。

確かに高級万年筆と比べるとチープ感はあるものの、可愛さ重視のデザインのため比較することはできない。

関連記事

高価なモノでも一生使うなら買っちゃえばいいじゃん。という宗教思想を持つmacho(@Macholog)です。筆記具界において“最高峰ブランド”として知られる『Montbalnc(モンブラン)』。100年以上の歴史を誇りながら、今[…]

関連記事

万年筆愛好家に絶大な信頼を得ている「ペリカンスーベレーンM400」を日常使いのペンとして愛用しています。高級万年筆を使うなら"はじめの1本目"としてオススメしたいのがこのペン。ペリカン スーベレーンは、1950年に現行の原型となる「[…]

 

ペン先の“笑顔マーク”もかわいい

カクノ−笑顔マーク

カクノのアイコンともなっている、ペン先に刻印された笑顔マークがとても可愛い。

カクノ 透明軸」はベロ出しマークになってて更に可愛いですね。

 

さいごに

ということで、1,000円で買える万年筆「カクノ」を紹介してみました。万年筆業界では驚異的な大ヒットとなっている商品の魅力が伝わったでしょうか。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいし、つい大人買いしたくなってしまうペンだと思います。

関連記事

万年筆が好きになると必ず1本欲しくなく透明軸のスケルトン万年筆。筆記具業界ではちょっとしたブームにもなっており、格安万年筆から高級万年筆まで様々なラインナップが登場しています。特に国内を代表する万年筆ブランド(PILOT、セーラー万[…]

関連記事

手軽に万年筆を楽しみたいなら、低価格で買える国産万年筆がおすすめです。「万年筆=高級」というイメージがつきものですが、1,000円以下の万年筆でも基本的な構造はしっかりしており、実際に手にしてみると価格以上に書きやすいと感じることが[…]

関連記事

低価格な万年筆を楽しむ万年筆のデザインってどうしても男性のイメージがありますよね。歴史的にも有名な万年筆が「黒、高級品」というイメージがあるせいでしょう。しかし、実は子供から大人まで楽しく使える低価格の「カジュア[…]

関連記事

万年筆には多種多様なブランドがあり、はじめて万年筆を買う人は何を買ったら良いか分からないと思います。入学・卒業などのお祝い品としてや、社会人になったきっかけに自己投資するなど、自分を磨くツールとしても長年愛用されている万年筆。[…]

万年筆-まとめ