私的良品 LIFE STYLE マガジン

MACHOLOG

万年筆LAMYサファリ「オールブラック-2018年限定」を購入!ペン先まで全てがブラックな逸品!

投稿日:

LAMYサファリの2018年限定モデルは「オールブラック」。迷わず注文して無事に届きました。

今や毎年販売されるLAMY限定モデルですが、これまでの歴代モデルに比べてかなり渋いラインナップとなっています。

個人的にはブラック大好きなので、絶対に手に入れたかった1本。

関連万年筆「LAMY Safari」(ラミーサファリ)│定番から歴代まで全ラインナップ一覧

 

今回の記事では、オールブラックの中身やブラックインクを注入して“超完全体ブラック”にした私の使い方を紹介します!

限定モデルは価格が高騰するので、気になっている方は早めに購入しておくのがオススメです。

これがLAMY サファリ オールブラック!

真っ黒なサファリはマットな質感で、黒さがより強調されるデザインとなっているのが特徴です。

いつもながらインクカートリッジを保護するリングが付いていますが、こちらは取ってしまってコンバーター装着+インク注入の流れで使います。

 

「極黒」|コンバーターを使ってインクを注入!

ということで、サファリ オールブラックに使うインクはセーラー万年筆の「極黒(きわぐろ)」を使いました。

なかなか使う機会を見失っていたインクでしたが、サファリ オールブラックに使うにはベストなカラーですね。

とういことで、まずは万年筆本体に付属していたインクカートリッジを外して別売りのコンバーター「LZ28」をセット。

ペン先をしっかりとインクに浸し、コンバーターの赤い部分を回してインクを吸引します。

たっぷりインクを入れたらペン先を拭き取って完了。

まるで墨汁のようなブラックが再現できました。

黒の中に若干光沢が見えるので、まさに墨汁と言ってもいい気がしますね。

この組み合わせは個人的にすごく満足度が高いです。気に入りました。

セーラー万年筆
¥1,535 (2018/10/19 04:08:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

3種類のペン先│購入したのは「EF(極細)」

お馴染みのスチールのペン先ラインナップは3種類。

  • EF(極細字)
  • F(細字)
  • M(中字)

私が購入したのは「EF(極細字)」で、普段使いとしてはもっとも使いやすいサイズだと思います。

メモ書きから手帳用、その他普段使い用として、LAMYの極細字は細すぎず太すぎずとても使いやすいです。

国産万年筆の細字がLAMYの極細字くらいのイメージでしょうか。

とにかく初めてLAMY サファリを使うのであれば、迷わずに「EF(極細字)」をオススメします。

 

存在感のある万年筆として

ブラックな万年筆にはブラックのインクを。そんな感じで“完全ブラック”な一本に仕上がった私のオールブラック。

他のLAMY サファリと比べても圧倒的な存在感を感じますね。

LAMY サファリはカジュアル万年筆として位置づけられていますが、このモデルならビジネスシーンでも使える一本じゃないかと思います。サファリの大きなクリップは、シャツの胸ポケットや手帳にしっかりとホールドできるように設計されているため使いやすさも抜群です。

私はこのオールブラックと、透明軸のサファリをトラベラーズノート用として使うことに。

自分の中では数あるステーショナリーの中でもかなりベストな組み合わせの1つでとても気に入っています。トラベラーズノートやLAMYが好きな方なら分かってくれるんじゃないかと。笑

 

LAMYのスケルトン軸、トラベラーズノート ブルーはコチラの記事で紹介しています。

関連万年筆「LAMY Safari(ラミー サファリ)」はコンバーターを使ってこそ魅力あふれる一本になる

関連トラベラーズノート「ブルー」を購入!より美しい経年変化を楽しむために

 

さいごに

ということで予約注文から待ちに待ったオールブラックを手にし、思ったとおりの格好良さでとても気に入りました。

今LAMYサファリ万年筆を買うならこのモデルはかなりいいと思います。

ブラック大好きな方から、渋いカジュアル万年筆を持ちたい方にはオススメですね。

LAMY限定モデルは価格の高騰、商品切れが多発するのでお早めに!

-筆記具
-,

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.