私的良品 LIFE STYLE マガジン

MACHOLOG

SHAKA(シャカ)の人気サンダルおすすめ7選│あの民族柄が復刻して新たな進化を遂げている

更新日:

1990年代に実在した南アフリカ共和国のサンダルブランド「 SHAKA(シャカ)」。

ファッションアイテムに精通した40代の方なら”懐かしい”と感じるでしょうし、若者にとっては”新鮮”に見えるブランドだと思います。アフリカの伝統的な柄や色使い、ウェビングテープを使用したスポーツサンダルは1990年代後半に国内で数多く出回っていました。

そんなシャカは2000年前半にブランド自体が消滅。

しかしコアなファンを抱え、フェス好きやアウトドアマン、マニア層などから絶大な支持を受け続けていたことを受け、2013年に「ブルームーンカンパニー」によって“復刻”という形で再販されることになりました。

当時のアーカイブを忠実に再現している一方、ソールの強度・クッション性などはより進化したものにアレンジされ、お洒落なサンダルとして認知されるようになってきました。

SHAKA(シャカ)の特徴は抜群の“ホールド感”!

 

シャカの特徴的なデザインと言えばこの2つ。

  • 民族調の柄とモノトーンカラーで多数のラインナップ
  • ウェビングテープ型サンダルの先駆者

ウェビングテープとは、強度のある素材を高密度に織ったテープのことで、この強度なテープを足のサイズに合わせて調整して使うことで、四方からしっかりとホールドさせて履くことができます。

また、民族調の柄物がメイン商品だったシャカですが、現在は白黒・モノトーンを取り入れたトレンドカラーを中心に展開されており、素材も現代風にアップグレードさえた商品が取り揃えられています。

街歩きだけでなく、水陸両用で使えるのでアウトドアでも大活躍間違いなし!そんなシャカのサンダルのおすすめ人気モデルを紹介したいと思います。

SHAKA(シャカ)の定番・人気おすすめモデル7選

シャカと言えば「柄」というイメージがある方も多いと思いますが、現在は白黒・モノトーンを中心としたラインナップがメインとなっています。各シリーズごとに多数のカラーバリエーション柄シリーズが展開されているので、気になるアイテムを見つけたらチェックしてみてください。

HIKER(ハイカー)

ウェビングサンダルの先駆けとなった「ハイカー」はSHAKAを代表するモデル。
足の甲を包み込むようなストラップが特徴で、足首・踵・甲の各部分をベルクロで調整する事ができるため、様々な足の形でもしっかりとホールドできます。

このデザインをベースに生産する他社ブランドが数多く存在するのも事実。
ソールのクッション性・グリップ力ともに抜群で、サンダルにも関わらずヒールの高さが3.5cmあるのでよりスタイリッシュなシルエットに見えることでしょう。

 

HIKER KIDS

 

NEO BUNGY(ネオ バンジー)

足首・踵を支える2本ストラップが印象的な「ネオ バンジー」は、当時のバンジーを進化されたモデル。ストラップに新しく「ネオプレン素材」を使うことで、伸縮性がアップし、ホールド感と動きやすさも抜群となっています。
現代風のトレンドでもあるミニマル感もあり、SHAKAのサンダルの中でも最も快適な履き心地と評判です。

「ウェビング=硬い」というイメージを打ち壊した「ネオ バンジー」は、サンダルにフィット感を求める方におすすめです。

NEO BUNGY KIDS

SHAKA(シャカ)
¥5,184 (2018/08/19 02:01:28時点 Amazon調べ-詳細)

メモ

  • 15.0~19.0cm

 

CLIMBING(クライミング)

SHAKAのサンダルの中で最も人気モデルとなっているのが「クライミング」。
シンプルなアッパーと重厚なソールのバランスが非常に良く、履き心地も見た目も良い一足に仕上がっています。足首、踵、甲の部分をベルクロで調整できるので、様々な足の形にフィットするよう設計されています。

この「クライミング」をさらに進化させた「NEO CLIMBING(ネオ クライミング)」も展開されており、ウェビングテープ裏にクッション材を採用することでより履き心地が向上しています。グリップ力、耐久性に優れているため、川や海、山にも幅広く使えます。

 

ROCKY STRETCH(ロッキーストレッチ)

ストレッチ素材でつま先部分が覆われており、シューズとサンダルの中間のようなフォルムが特徴的な「ロッキーストレッチ」。見た目はオリジナルと同じだが、ソールの強度・クッション性・足入れの向上が図られ、現代風にアレンジした進化版として展開されています。
サンダルでありながら足をすっぽりと保護してくれるので、より安全に使うことができます。

 

RALLY(ラリー)

「ラリー」は「ハイカー」とほぼ同じ形状ですが、つま先の部分の通気性を確保する為にストラップがないオープントゥタイプとなっています。
ソールのクッション性、グリップ力はハイカー同様に抜群で、軽量で独特なソールの反りが足にフィットし、快適に使うことが出来ます。

 

CHILL OUT(チルアウト)

SHAKA(シャカ)
¥8,964 (2018/08/18 02:42:54時点 Amazon調べ-詳細)

「チルアウト」は甲部分がバタフライ形状になっており、ヒールのホールドストラップがないためサンダルのように気軽に使えるモデルです。
普通のサンダルと違うのは、つま先部分の幅は調整可能できる点で長時間履いても疲れにくい設計がなされています。その名の通り、Chill out=“リラックス“できるモデルとしておすすめです。

 

FREEFALL(フリーフォール)

クロスされたストラップが特徴的な「フリーフォール」。タウンユースよりもアウトドア向けのデザインとしておすすめです。
足首周りから甲までベルクロでしっかりと調整することができるので、足の形を問わずにしっかりとフィットさせて履くことができます。

 

SHAKA(シャカ)のおすすめ人気サンダルのラインナップは以上です。

気になった商品はありましたでしょうか。ウェビングテープによってしっかりと足にフィットさせることができ、サンダル以上スニーカー以下の位置付けとして普段使いからアウトドア用まで幅広く履くことができます。

シンプルなデザイン以外にも様々なラインナップが展開されているので、気になった方は是非チェックしてみてください。

 

-ファッション
-,

Copyright© MACHOLOG , 2018 All Rights Reserved.