【第1弾】トラベラーズノートのリフィルを超簡単に自作する方法

トラベラーズノートのリフィルは高すぎる!!

と、熱い一言から記事を書いてみました。

リフィルとはノートのこと。トラベラーズノートのリフィルはちょっとお高いと思いませんか。

2冊で600円程度する価格はちょっと燃費が悪いですよね。

だから自作ノートを作っている人が多いんです。

僕も色々と自作で作っているので、その中でも超が付くほど簡単にできる方法を紹介しますね。

トラベラーズノート-カスタマイズ-リフィル
トラベラーズノートとリフィルのストックたちを公開。
関連記事

僕は文房具が好きで、かつ革製品が好きです。そんな人は間違いなくこれが好きなハズ。[itemlink post_id="18850"] 数年前にとあるサイトでこの商品に出会い有楽町のロフトで購入してか[…]

トラベラーズノート

 

トラベラーズノートのリフィルを超簡単に自作するための準備

まずは必要なものから。

  1.  定規(できればステンレス製) 
  2. カッター(大きい方が使いやすい)
  3. カッターマット
  4. ホッチくる
  5. Rollbahnのノート(これが最重要)

トラベラーズノート-カスタマイズ-自作-リフィル

 

これだけでOKです。

なぜ「ホッチくる」が必要かは後述します。

 

ノートはロルバーン(Rollbahn) のLサイズ

このLサイズというのはB6サイズに相当します。

DELFONICS(デルフォニックス)
¥473(2019/12/11 16:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

では実際に作業に入ります。

 

リフィルの作成手順

1.ロルバーンからノート紙10枚と厚紙1枚を切り取る。

ロールバーンのノート紙は切り取り線が付いているので、手でキレイに切り取ることができます。

10枚あれば十分です。あと、巻末ページに厚紙が2枚入っているので、1枚をカッターで切り落としましょう。

トラベラーズノート-自作

切り取ったノートを半分に折ると、ちょうど既成品と同じサイズになります。

つまりノートのサイズを測ったり、カッティングする必要がありません。

トラベラーズノート-リフィル-オリジナル

左がトラベラーズノートリフィル 。 右がロールバーンのノートを切り取ったもの。

 

2.ノート紙10枚と厚紙1枚を重ね合わせてホッチくるを使う。

ホッチくるは90度回転させてホッチキスを打てるので、このリフィルを作る上で必須のアイテムになります。

トラベラーズノート-ホッチくる

バチっと打ちました。これを上下2箇所打てばOKです。

トラベラーズノート-ホッチくる-簡単

 

3.ノートを閉じてはみ出した部分をカットする。

ステンレス製の定規で強く抑え、カッターを数回切りつければキレイにカット出来ます。

トラベラーズノート-リフィル-自作-カット

 

以上の3ステップで完成です!

トラベラーズノート-カスタマイズ-自作

トラベラーズノート-リフィル-糸

どうでしょう。既成品と同じレベルのものが完成しました。

複数冊作りたい場合は、100円ショップなどで厚紙を仕入れれば好きな色のリフィルを作ることが出来ます。

ロールバーンのノートを使うメリットは、カットの必要がほぼないってこと。

通常のノート紙を使うと、カッターを使う回数が多く失敗することもあるので、このノートをおすすめします。

 

トラベラーズノートのリフィル自作まとめ

おさらいします。超簡単にトラベラーズノートのリフィルを自作したい場合、以下の2商品を使うかどうかが重要。

  • ホッチくる
  • ロルバーン(Rollbahn)Lサイズ
  • 定規
  • カッター
  • カッターマット

 

100円ショップでも揃うパーツがあると思います。

リフィルの自作は節約というメリットもあるが、何より簡単に自分の好きな色でリフィルが作れるってのがいいんですよね。

自作で作ったものは愛着も変わってきます。

リフィルが増えていく喜びもあり、使い終わったリフィルをまたストックしていくのも楽しいものです。

今後も随時リフィルを増やしていくつもりです。

トラベラーズノート-リフィル-カスタマイズ

関連記事

トラベラーズノートのリフィル(ノート)を新たに自作しました。今回はダースベイター仕様にしました。ステッカー貼っただけじゃん!とは言わないで・・・。[blogcard url=https://blog.marswee.com/[…]

トラベラーズノート-リフィル
関連記事

トラベラーズノートのリフィルを再び自作しました。これまでは地道に手作業でやっていたんですが、今回は裁断機を使って作ったので、その過程などを紹介したいと思います。裁断機を使うことで「キレイ、正確に、スピーディに」と、今までとは[…]