トラベラーズノートの使い方と魅力を語ってみる

トラベラーズノート

僕は文房具が好きで、かつ革製品が好きです。

そんな人は間違いなくこれが好きです。

トラベラーズノート

数年前にとあるサイトでこの商品に出会い有楽町のロフトで購入。それからというもの、すっかりトラベラーズノートの魅力に取り付かれてしまいました。

世の中にはこのトラベラーズノートの魅力に取り憑かれている人が多々います。

今日はそんなトラベラーズノートの世界をたっぷり紹介したいと思います。

この記事を読んで仲間になってもらえたら嬉しいです。

トラベラーズノートとは?

牛革カバーにリフィルを挟んで使う自由なスタイルを楽しめるノートで、コンセプトは「手に取って旅に出たくなるノート」だそうです。

これはとてもいい商品コンセプトですね。

「文房具✕旅」という一見お門違いなテーマだが、実はそんなことないんです。

よく文房具の専門誌『趣味の文房具』という雑誌を読んでいるんですが、旅こそノートを使って旅を記録したり思い出を残したり、文房具と旅というのは密接な関係にあったりします。

言われてみれば小学校・中学校で「旅のしおり」ってあったと思うが、トラベラーズノートのコンセプトはその類のようにも思えます。

旅の記録をしたり、旅の予定を書いたり、写真を貼り付けたり自由に使っていいノート、それがトラベラーズノートです。

トラベラーズノートの魅力

多くのトラベラーズノートユーザーは、カスタマイズしたりして楽しんでいるようですが僕もその1人です。

特に一番魅力に感じるのは『革の経年変化』が美しいということ。

普通の革製品はロウであったりワックスであったり何かしらコーティングされた状態で販売されているが、トラベラーズノートは牛革そのままに近い状態で売られています。

これがいいんですよね。

何も手入れをせずに使ったり、定期的にオイルを塗ったりと、経年するにつれそれぞれが違うトラベラーズノートになってきます。

使っている2つのトラベラーズノートの経年変化の違いはコチラ。

使用歴:左が2年、右が5年使用(右は手入れ多め)
トラベラーズノート-経年変化

色が全然違いますよね。革の柔らかさや、質感も全然違い、手入れ一つでこれだけ違うトラベラーズノートになります。

手入れの方法も全然違い、5年使っている方はオイル(ミンクオイル)などをこまめに塗っていて、2年しか使っていないほうは、あまりオイルの手入れを少なめに(年に一度)しています。

トラベラーズノートに最も向いているオイルはこれだと思います。通常の革製品のメンテナンスでも使用できますよ。

当然触り心地や柔らかさも全然違い、それぞれに違った魅力があったりします。

ここまで使ってやっと愛着が湧いてくるのがトラベラーズノートの魅力です。

みんなのカスタマイズを見たかったら、公式ページで閲覧することが可能です。

僕も投稿し掲載されました。非売品がもらえます。

TRAVELER’S notebook みんなの投稿

僕も頂きました。

トラベラーズノートから謝礼として非売品のプレゼントが贈られた話

2016.06.14

トラベラーズノートとの出会い

トラベラーズノートを使い始めたきっかけですが、ある香港の方のflickrを見てすっかり欲しくなったのを覚えています。

Patrick Ng Flickr

このPatrick Ngさんの撮る写真が素敵すぎてトラベラーズノートの魅力に取りつかれてしまいました。

トラベラーズノート以外にも参考になることが非常に多く、ブツ撮りの仕方であったり、モノ選びのセンスであったりとにかく写真が上手な方です。

革のペンケースとの愛称

トラベラーズノートと一緒に持ち歩くモノとして、一番相性がいいのは『革のペンケース』だと思います。

このペンケースはトラベラーズノートとの愛称バッチリだと思うのでとてもオススメしています。

travelersnote-ペンケース

どうです?素敵じゃないですか?

なかなか購入しづらい商品なので、気に入った方はチェックしてみてください。

僕の愛用しているペンケースです。

おしゃれなペンケースなら革と帆布の『Whole grain mustard』ホールグレインマスタード

2016.04.06

トラベラーズノートの中身公開

スケジュールはもちろん、メモや雑記、名刺やレシート入れたり、なんでもかんでもトラベラーズノートに収納しています。

ちょっとだけ中身を公開したいと思いますね。

僕の愛犬が邪魔してくるので一緒に撮影
トラベラーズノート-リフィル

こんな爪楊枝いれたりと、これが意外にも活躍している。
トラベラーズノート-使い方

ルール無しで使いたいようにカスタムできるので色々遊べるのが魅力です。

絆創膏を入れといたこともあったなぁ。

トラベラーズノートの欠点はリフィルの価格

トラベラーズノートはブランド価値があり、価格は少し高いです。

特にリフィルの値段の高さ。正直これは頂けなくて、パスポートサイズでも1冊250円以上したりします。

品質はいいんですけどね。

そこでリフィルの自作をしているので紹介しておこうと思います。

この方法であれば、コスト1/10以下で同じものが作れるはずですよ。

2つほど関連記事を紹介しておきます。

トラベラーズノートのリフィルを自作し、ダースベイター仕様にしたので紹介します

2016.08.08

トラベラーズノートのリフィルを超簡単に自作する方法

2016.04.27

これだけ大好きなトラベラーズノートなんですが、ここ最近はちょっと使い方が変わってきました。

スケジュール帳として使わなくなってしまったんです。

それは・・・。

Googleカレンダーの存在

会社ではずっとGoogleカレンダーを使っているので、

  • 会社→Googleカレンダー
  • プライベート→トラベラーズノート

と、別々のフォーマットで管理すされている状態がすごく不便に感じてきたんです。

やっぱりスケジュールは最重要なので、「変更・削除・更新」が容易にできるデジタル管理になってしまいました。

こればかりはしょうがないですね。

とは言え、トラベラーズノートはガンガン使いたいので思考整理させたりするメモ帳として活躍しています。

これは数あるリフィルの一部です。
トラベラーズノート-自作

大体、月に1冊ペースで消費しています。

トラベラーズノートのカスタマイズ

カスタマイズ自体はそこまでしていないが、ペンホルダーなんかは自作しています。

travelersnote-カスタマイズ

このようなカスタマイズ始めちゃうときりがないので、これ以上はやめようと自分を制御しています。

見た目のカスタマイズよりも使い続けることが重要なんで。

ちなみに浅草橋には革の問屋が沢山あるので、革で遊びたい人は是非オススメします。

レザークラフトを販売するならば。費用と原価を計算してみる

2016.08.17

ということで、トラベラーズノートの記事は以上です!

僕がハマったように1人でも多くの人に共感してもらえたら嬉しいです。

長らくお付き合いありがとうございました。

トラベラーズノート-カスタマイズ

2018年、トラベラーズノート手帳はコチラ

【Moleskine】モレスキンの使い方と魅力を語ってみる

2016.09.15
スポンサードリンク