ウッドブラインドをカーテンが使えない小窓に設置しました

ウッドブラインド

インテリアコーディネートをする上でカーテン選びはとても大事らしい。

いや、大事だ。(断言)

カーテンを変えるだけでモダンにもナチュラルにも部屋が変身する気がする。

カーテン選びで難しいのは、窓サイズ・窓位置に対して何の種類のカーテンを使うか、ということ。

見た目はもちろん、窓の仕様によっては使えないカーテンもある。

適材適所を考えなくてはならない難しさ。これが面倒でもあり楽しい悩みでもあり・・・。

実際にカーテン選びをしていた時は、真剣にネット検索しながら色んな人のブログを読んだりしました。

参考になるものが沢山あったから、自分も公開してみようと思います。

まずは過去記事の例から。

カーテン選びに関する記事

リビングはこのバーチカルブラインドを使っている。 

バーチカルブラインドでおしゃれなリビングに~メリットとデメリット~

2016.06.08

和室にはこんな感じのカーテンを。いわゆる一般的な腰窓カーテン。

スマートな和室の設計と配色。壁紙とカーテンの統一感。

2016.01.12

では普通の窓の形をしていない小窓には、どのようなものを選んだか紹介してみようと思う。

小窓にはブラインドとロールスクリーン

書斎のブラインド

でも、とてもしっかりした素材で出来ていて、柄も素敵だったからこれに決めた。

子供部屋はなるべく明るい雰囲気にしたかったから、白ベースで選んだ。

下の息子(0歳)が将来使う寝室だが、今は僕がこの部屋を使っている。

このように寝室や書斎などは日差しを遮る必要がある。

逆に、あえて何も付けていない窓もある。

カーテン、ブラインドなど何も付けないという選択

例えばこの窓。

この窓位置は家の東側になり、午前中に柔らかい光が入る窓になっている。

2つ設置したのは換気しやすいため。

また、透明ガラスではなく「擦りガラス」にしているため、ブラインドなどは使っていない。

人の目線も気になる場所でもないので。

ブラインドなどを設置したら、部屋がかなり暗くなってしまったかもしれない。

カーテン選びの参考になれば

自分がカーテン選びをした時、様々なブログを見て勉強しました。

たった1つのブログで、カーテン選びが方向転換したこともあります。

自宅の雰囲気を変えたい人や、カーテン選びに悩んでいる人がいたら、この記事が1つでも参考になれば幸いです。

注文住宅の間取り・プラン・設計図は無料で一括オーダーするのがオススメ!

2017.01.15
スポンサードリンク
ウッドブラインド