『SOREL(ソレル)』の街履きならスノーブーツではなくレインブーツがオススメ【購入レビュー】

SORELブーツ

今年の冬を乗り切るための最強ブーツ「SOREL」を購入しました。

1962年にカナダの極寒の大地で誕生したウインターブーツブランドで、50年以上経った現在でも世界中で愛され、数年前からは国内の都市部でもよく見かけるようになりました。

「SOREL」はデザイン、防寒性、防水性が非常に高く、極寒の日や雪の日には最適なブーツです。

僕は関東圏在住のために街履きがメインになるので、使い回しの良いレインブーツを選びました。

この冬はこれでいくぞ。買っちゃったし!

【購入レビュー】「SOREL CHEYANNE LACE FULL GRAIN」(シャイアン レース フルグレイン)

まず純粋にカッコいいと思ったのが購入のきっかけ。

SORELを代表するブーツと言えば「カリブー」というスノーブーツなんだけど、試し履きをした結果、都心部で履くにはちょっと暑いと判断

インナーがモコモコで超暖かかったけど。

ということで、レインブーツのカテゴリに入る「シャイアン レース フルグレイン」を選びました。

インナーは中綿素材を装備しているので保温性も抜群で、足先までこの生地で覆われているので、都心で使うには寒さを感じることはないです。

末端冷え症のボクにはベストチョイスなブーツだった。

通常は温度差などでヒビ割れしがちなゴムですが、-40℃まで対応する特殊なゴムを使用しており、強くて柔らかいのが特徴です。

SOREL-CHEYANNE LACE FULL GRAIN

ゴムのヒビ割れを防ぐなら、弾力性を保ち続けてくれる「コロニル ラバーブーツスプレー」を塗っておくことをオススメします。

革製品の手入れをするなら知っておくべき3ブランドと、実際のメンテナンス方法を徹底解説!

2016.08.10

底面は雨天時のスリップに強そうな波形状。

雨の日に使用したが滑る感じは一切しなかった。
シャイアンレースフルグレイン

裁縫も細かい所までしっかりしている印象を受けます

糸の留め方、紐を通すカン、縁のコバも良くできてる。
スノーブーツ-シャイアンレースフルグレイン

細かい部分までしっかり作られているのがよく分かる。
ソレル-スノーブーツ

レインシューズというだけあって、雨などの侵入を防ぐリッチな高級防水フルグレインレザーを贅沢に使用し、雨天でも安心して使っています。

レザーには「WATERPROOF」が刻印。
ソレル-ブーツ

ヒール、カウンター上部には「SOREL」の刻印。
ソレル-ウィンターブーツ

タウンユースでもイケるSOREL「シャイアンレースフルグレイン」

キャンプから普段使いまで汎用性の高いショートブーツで、ソレルのブーツの中では比較的軽く(片足約680g)、デザイン的にも秋冬ファッションに合わせやすいです。

ヒールのバランスもいい感じ。
SOREL-スノーブーツ

カラーは5色展開

カラーが渋くてかなり迷ってしまったので、分かりやすいようにカラー展開の一覧画像を作成しました。

sorel-カラー

一番人気のカラーは画像左下の「Chipmunk, Black」のようです。

ZOZOTOWNのコーデ一覧から勝手に判断した感じですが。

 

まとめ

ということで今年の冬を乗り切るブーツは『SOREL』に決めましたが、今のところとても履きやすくて暖かくて最高に気に入っています。

また、スノーブーツではなくレインブーツを選びましたが、豪雪地帯でない限りレインブーツでも十分な暖かさが確保できています。

メンズ・レディース問わず種類も豊富なので、気になった人はチェックしてみてくださいね。

ではでは。

サイズは普段と同じサイズが適正です。 

スポンサードリンク