トラベラーズノートのリフィルを自作し、ダースベイター仕様にしたので紹介します

トラベラーズノート-リフィル

トラベラーズノートのリフィル(ノート)を新たに自作しました。

今回はダースベイター仕様にしました。ステッカー貼っただけじゃん!とは言わないで・・・。

リフィルはメモ帳としても使えるので何かと便利なのです。そんなリフィルの作り方を紹介します。

 

自作リフィルを作る方法

準備

リフィル-自作

 

基礎知識

トラベラーズノートのパスポートサイズは、B7サイズを若干変形させたものです。つまりB6サイズの紙を半分に折ればB7サイズになります。

これを基本に作業を進めていきます。

 

画用紙とノート紙を準備する

装丁(カバー)となる画用紙は、なるべく固めのものを用意します。

僕はLOFTで購入することが多く、手紙関連のコーナーに行けばこのような商品があることが多いですが、普通に固めの画用紙であれば何でもOKです。

loft-手紙

ノート紙となる紙はロルバーンを使いました。

ロルバーン

しっかりしたノートを作りたければ、LIFE情報カード(B6サイズ)をオススメします。

LIFE情報カード

 

画用紙とノート紙のサイズを合わせる

切り取ったノート紙と画用紙を合わせて折ってみます。ちょっと折り目がついてしまったが、あまり気にせず進めましょう。

リフィル-自作
ノート-自作

次にクリップでしっかり固定します。

フィリル-カスタマイズ

 

ハミ出た部分をカットする

上下幅はピッタリ合わせたいので、ハミ出た部分をカッターでカットします。キレイに出来ると気持ちいいですよ。

より一層キレイにカットしたければ、ロールカッターを使うことをオススメします。

 

仕上げは『ホッチくる』で留める

ノート制作に必須アイテムのホッチくる』を使えば簡単に留めることが出来ます。

この画像のように、通常のホッチキスではノートの中心部に芯を持ってくることが出来ません。

しかし、この『ホッチくる』は回転角度を変形させることが出来るアイディア商品です。

ノートの中とじ、紙箱の止め合わせ、ペーパークラフトなどに適した商品です。

実演してみます。

ホッチくる-おすすめ ホッチくる-回転 ホッチくる-ホッチキス ホッチくる-使い方

このように『ホッチくる』を使えば、合っという間にノートが出来上がってしまいます。

最後にダースベイダーのステッカーを貼ってフィニッシュ。デコレーションに使えそうなステッカーやパンフレットを出してみました。

 

リフィル大集合

これまで自作してきたリフィルや、市販のリフィルを集めての集合写真です。

武骨な雰囲気がいい感じになってきました。

新しく参入したダースベイダーもかっこいいですな。

トラベラーズノート-カスタマイズ トラベラーズノート-リフィル自作 トラベラーズノート-リフィル-カスタマイズ

トラベラーズノートの魅力

自分の好きなようにカスタムできるのがトラベラーズノートの魅力。今回のようにリフィルだって簡単に自作できます。

トラベラーズノートは、持つ人により全く違う経年変化があり、ちょっとカスタムするだけで個性が出ます。

また新しいリフィルを作ったら、なるべくカッコよく、またマニアックに記事を書きますね。

トラベラーズノートの使い方と魅力を語ってみる

2016.10.01

スポンサードリンク