8月はブログ頑張るぞ!「マチョログ」で検索してね。

【注文住宅】フローリングに「ガラスコーティング」して3年経ったが傷はどれくらいできた?気になる価格まで公開!

ファミリー層が注文住宅を購入する際、「子供がどれくらい家を傷付けるのか?」というのは気になるもの。

設計当時、私にも小さな子供がいたので「しょうがないけどやっぱり気になる」と思っていました。

 

子供が傷をつけそうな場所は「壁かフローリング」ですよね。

壁であれば壁紙の張替えをすれば何とか修復できるものの、フローリングに大きな傷などが入った場合は簡単に修繕はできません。

 

フローリングの色や雰囲気は部屋の印象をガラっと変えてしまうし、施工面積が大きいだけあって価格差も凄く大きい。また、多様な素材とラインナップがあって、1㎡の単価がちょっとの価格差でも金額が大きく変わってしまいます。

フローリング選びって意外と迷うんですよ。(こだわると・・)

 

「よし!ちょっと奮発してこの素敵なフローリングにしよう!」

と思っても

「子供がどれくらい傷をつけるんだろう・・・」

というのも心配になるもんです。しょうがないんだけどね。

 

そこで我が家が施工したのが「ガラスコーティング」

フロアコーティングの種類の中でも”かなり良いほう”と言われるコーティングです。

 

注文住宅に住み始めて3年たった今、6歳の娘と3歳の息子とクラス我が家の床の傷つき具合を公開してみようと思います。

これから住宅を購入する方は、床材選びやコーティング選びの参考にしてもらえたらなと思います!

 

床をガラスコーリングしても子供と暮らすと傷だらけになる?

A. ほとんど傷はついていない

我が家の床材は一般的な「合板床」で、その上に「ガラスコーティング」を施工しています。

10~15年は余裕と言われるガラスコーティングのおかげで、ざっと見渡す限りはまだまだキレイな状態です。

 

ただし、所々小さな傷は出来ています。

そのほとんどは硬いモノを落としたりすることで傷が付いている感じですね。

例えばこのような小さな傷。

これだけ見ると「ほんのチョットじゃん!」って思いますが、リビングだけでも数ヶ所はあるんじゃないかなと。

これらの小さな傷は硬くて重いモノを落としたりする衝撃で付いたもので、生活している中では全く気にならないレベルの傷です。

ガラスコーティングをしたおかげなのか分かりませんが、子供がおもちゃで床をガンガン叩く程度なら全く傷が付かないという印象です。

コーティングってスゴイ。

 

意外とキッチンの床は傷がつく

キッチンの下にマットを引いている方が多いと思いますが、我が家はキッチンマットを敷いていません。

使わない主な理由は水拭きロボット掃除機「ブラーバ」を使っているため、キッチンもリビングも丸ごと水拭き掃除がしたいからというだけ。

その代償として皿・鍋・フライパン・包丁などを落とした場合、かなりの確率で床に傷がつきます。

「じゃあキッチンマット使えよ」って話ですが、マットを洗うのが面倒くさいんですよ。笑

 

ブラーバって何?っていう方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

関連記事

お掃除ロボットの中でも異彩を放っている掃除機ブラーバ(iRobot社)。ネットなどで話題になっていてずっと気になっていたんですが、実際に量販店で話を聞いているうちに購入に至りました。[itemlink post_id="16[…]

 

そんな理由からキッチンマットを使っていないので、床には何ヶ所か傷が付いています。

調理道具というのは硬くて傷が付きやすいモノばかりですね。←(落としてから気づく)

さすがのガラスコーティングも鍋が落ちたら耐えられないようです。

 

住宅を購入する場合、入居前にフロアコーティングをするかどうか選ぶことになります。これは注文住宅でも建売でもマンションでも、ほぼ必ず選ぶ選択肢の一つだと思います。

家財道具が一切入っていない入居前なら床の隅々までコーティングができるので絶対に営業マンからオススメされるんですよね。

フロアコーティングにはいくつか種類があるので、住宅メーカーにお願いするか、価格に納得いかなければ「施主支給」という形で、自分で見積もりを取ってみてリーズナブルに施工するという方法もあります。

 

気になるガラスコーティングの価格は?

我が家がハウスメーカーでお願いしたガラスコーティングの価格についてですが、ざっと20万円以上掛かりました。

決して安い金額ではないですよね。

なのでもっと安く施工したい場合は、「コーティングは階段まで」「2階はやらない」「トイレは不要」など、施工場所をよく選んでコーティングする面積を小さくすることもポイントだと思うので、業者と相談しながら進めるのが得策だと思います。

 

フローリングは選ぶことよりも「維持する」ことの方が難しい

入居当時はせっかく気に入ったフローリングを選んでガラスコーティングまでしたので、なるべくキレイな状態を維持できればいいな~と思っていました。

でもやっぱり傷は付くもの。

実際に生活してしまえば全く気にならないんですが、放っておけばどんどん汚れるし、子供と暮らせばさらに傷や汚れがつくのは当たり前のことだと思います。

 

私の場合、毎朝ダイソンで掃除機をかけ、週に一回はブラーバで水拭き掃除をするように心がけています。

フローリングって掃除機だけじゃ全然汚れが取れないんですよ。

この「ダイソン+ブラーバ」の掃除ルーティーンのおかげで、床はかなり綺麗な方なんじゃないかなと思います。

 

これから新居の入居される方は、ブラーバだけは絶対に持っておいたほうがいいと思います。ボタン1つで家中の床を水拭き掃除してくれるので本当に便利です。

 

ダイソンに関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい。(ペットと暮らしている方にオススメです)

関連記事

コードレスクリーナー『ダイソン V7 Animalpro』を購入。我が家は2頭の犬と暮らしているので、ダイソンの掃除機の中でもペットの毛に強いAnimalpro(アニマルプロ)シリーズに決めました。最新モデルはV8シリーズと[…]

 

コーティングのメリットは傷から守るだけではなく、油分・水分などの汚れもサッと拭き取れるのもメリットの1つだと思います。

汚れが木材に染み込んでしまうのを防いでくれるので、目に見える汚れがつきにくいというのもポイントです。

 

さいごに

ということで、注文住宅にガラスコーティングをして3年間経った現状の床の状態を紹介しました。

コーティングしていることで、子供が床に大きな傷が付けるという事故は起きていません。

入居当時は心配でしたが、時間が経つにつれて傷や汚れに対しての心理的耐性も増しており、小さな傷であれば全く気にならなくなっているのも事実。

現状はフローリングはキレイな状態と言えるし、とても快適に過ごせています。

 

フロアをコーティングを施工するかどうか迷っている方も多いと思いますが、個人的にはコーティングは絶対にやるべきだと実感しています。

ただ、ちょっと料金が高い・・・。というのも事実。

色々と探してみると料金を比較できるサイトや、リーズナブルに施工できる会社もあるようなので、迷っている方は参考にしてみてください。