宮古島「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」へ子連れ旅行!美しい景色を堪能してきた!

4年連続5回目の沖縄県へ。

今年は去年に引き続き“宮古島(3泊4日)”へ行ってきました。

石垣島に比べて小さく、船を使わずにレンタカー1つで離島へも移動できるので子連れでも動きやすいのが気に入っています。

 

宮古島と言えばコレですね。

  • 青い空
  • 美しい海
  • サトウキビ畑

もうね。景色がヤバいっす。

 

そりゃ日本本島から超離れてるもの。ほぼ海外って行ってもいいんじゃない?

 

そんな美しい宮古島を堪能してきたので写真と共に記事で紹介してみようと思います!

 

持っていったカメラはコチラです。

 

アラマンダ「インギャーコーラルヴィレッジ」に宿泊

昨年は「東急ホテル&リゾート」に泊まって大満足だったんですが、今回は「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」へ宿泊しました。

広大なシギラリゾートの隅っこにあります。

 

フロント裏のレストランでチェックイン。おしゃれ。

 

部屋紹介

部屋はコテージタイプでファミリー層には最高の環境。広い感じはしないけど天井高があるので開放的な空間でした。

 

ベッドルームは2つ。

 

子どもたち(いや、息子だけ)はおおはしゃぎ。

 

さらにロフト付き。

正直ロフトは使わなかったけど、エアコンがあったので洗濯物の半乾燥室的な感じで使ってました。

ちなみに室内には4台のエアコンが備え付けられてます。多すぎるでしょ。

 

さらにジャグジーヴィラという客室名だけあって部屋はジャグジー付き。

ホテルのプールで遊んで部屋に帰ってすぐにジャグジー入れるのが最高でした。

もちろんシャワールームもあります。

 

アメニティはこんな感じ。女子が必要とするモノは分からないので詳しくは以下のリンク先をチェックしてみてください。

男子は服だけ持ってけば3泊いける。

 アメニティの詳細はコチラ:ジャグジーヴィラ 客室備品一覧 

館内にはプール用のバスタオルも自由に使えるので、子供用のバスタオルなども持っていく必要ナシです。

 

嬉しいのが部屋に洗濯乾燥機が付いていること!洗濯することにストレスがないので持っていく服をかなり減らせました。

この洗濯機良かった。買おうかな。

 

で、子連れなら気になるプールですが・・・そんなに大きくないですね。

プールに関しては東急ホテル&リゾートのほうが良かったけど、子どもたちからすれば関係ないみたい。小さな滑り台があったので十分楽しんでました。

 

インギャーコーラルヴィレッジは滞在型コテージとしてはかなりいいと思います。本当にゆっくりできる

ただ、シギラリゾートの端に位置しているので、ホテルレストランやカフェ・バーなどに行くのには苦労します。

シャトルバスが出てるけど使わなかったし、我が家は朝食を覗いた食事はほとんど市街地(車で15〜20分くらい)へ出かけてました。

レンタカー使うと飲めないのが辛かったなぁ。

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ
 公式サイト
所在地:〒906-0107 沖縄県宮古島市城辺友利542
電話:098-993-5385

 

海水の透明度はヤバい

で、次に見せたいのがやっぱり海。

ホテルの目の前にあるビーチはこんな感じ。

ヤバいね。

 

とにかく純水のように濁ってなくて温泉みたい。

海遊びやプール遊びはG-SHOCKが最強なので沖縄行くときは必ず持っていきます。

 

宮古島には東洋一美しいとも言われる与那覇前浜ビーチがあるけど、こっちのビーチはサンゴ礁が広がっているので海中を歩きながら熱帯魚を鑑賞できるのが楽しかったですね。(満潮時は足が着かないのでシュノーケルが必要)

ニモ(カクレクマノミ)もいっぱいいたよ。

新城海岸(あらぐす)をよりキレイにした感じで、子供が絶対に喜ぶビーチだと思います。

 

ホテルの目の前で星空撮影

宮古島に一眼レフ持ってくなら絶対にやるべき星空撮影。

ホテル目の前のビーチにて「SONY α7ⅢTamron 17-28mm F/2.8の組み合わせで撮影してみました。

宮古島-星空撮影
20秒 / F2.8 / 0EV / ISO640 / 焦点距離17mm

雲が掛かってしまったのが残念だったけど、ホテル前なのにかなり暗い場所だったので安心して星空撮影できました。

ソニー(SONY)
¥214,000(2019/11/20 23:05:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに、Twitterを見ていたら同じブロガーのニノさん@FatherLog管理人)も宮古島に来ていることを知ってびっくり!笑

同じ日に同じ島で星空撮影してたと思うと嬉しかったですね。

 ニノさんのブログはこちら:Fatherlog

 

食事とかカフェとか

去年行けなかったお店を中心に色々と出かけてきたのでその一部を紹介。

※去年の記事は最後にリンク貼っておくので参考にしてみてください。

 

今のところ一番うまい「古謝そば屋」

去年は行列で入るの諦めた人気店「古謝そば屋」へ。ほぼ並ばずに入れたのでラッキーでした。

今のところ沖縄で食べたそばの中で一番美味しかった!

 

女性イタリア人シェフのお店「ベルデマーレ」

ここも去年気になってて結局行かなかったイタリアンレストラン「ベルデマーレ」。

女性のイタリア人シェフがいるお店。ちらっとしか見てないけどキレイな方でした。

ご主人ぽいオーナーさん?はジブリに出てくるようなガタイのいい方。なんだかご夫婦のライフスタイルが気になる。

ピザもパスタも超美味しかった。ここは再訪したい。

 

カフェ「AOSORA PARLOR(あおぞらパーラー)」

来間島にある「あおぞらパーラー」はまさに小さな島のおしゃれなカフェって感じのお店。去年も行ったけどまた行ってしまった。

 

あおぞらパーラーはレインボウカラーが目印になっているんだけど・・・

 

その後のドライブで本当のレインボーを見ることに!しかもダブルレインボー!

宮古島は遊ばせてくれるねぇ。

その日のサンセットも綺麗で、道の途中でこんな風景が見れるのが素晴らしい。

 

ドライブして色々と

宮古島はさまざまなアクティビティがあるんだけど、小学生以下はあまり参加できないものが多いので「明日やることねぇな」みたいなこともありがち。

そんな日はドライブして観光するのが一番。たとえ雨が降っていてもちょっと移動すれば晴れてる、なんてことも普通です。

 

「下地空港17END」は通行止めになったから気合いで歩く

宮古島で一番キレイな海を見るなら下地空港の17END。

去年その景色に感動したので再び行ってみました。

しかし、みやこ下地島空港がLLC就航に伴って安全を考慮するため2019年3月から車両通行止めに。

 

炎天下の中、気合いで歩くものの言い出しっぺの妻が最初にギブアップ。笑

同じく息子ももう歩きたくないと言い出したので途中で車へ戻ることに。

お姉ちゃん(小2)は「行きたい!」だったので僕と一緒に行くことに。成長したねぇ。

 

滑走路末端のランウェイエンド(ピカピカ光る誘導灯)を通り過ぎ・・・

 

思わず「ごちそうさまです」と言ってしまうほどの景色。

目の前がすべてブルーになるって不思議な気持ち。

※今回は佐和田の浜方面から来てしまったのが失敗!通り池方面から車でくればそこまで歩かずに行けます! 詳しくはGoogle Mapなどでチェックしてみてください。

 

絶景!行って良かった東平安名崎(ひがしへんなざき)

最終日は飛行機の時間まで余裕があったので、宮古島の東の果てにある東平安名崎の岬へ。

ここがマジで行って良かった。(でも1回行けば十分かも)

岬の灯台から来た道を振り返ると・・・この景色。

地球の丸さを感じられる場所っすね。

 

雲がモクモクと生きているのも分かるる。

とりあえず時間潰しで行った東平安名崎が思った以上に良かった。ここはオススメ。

 

さいごに

長々と写真を中心に書き綴ってきましたが、宮古島の思い出を残すためにも記事にしてみました。

これから訪れる方の参考になれば嬉しいです。

 

今回はこのカメラが大活躍でした。

ソニー(SONY)
¥214,000(2019/11/20 23:05:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

 2018年に宿泊した「東急ホテル&リゾート」の記事はこちら

関連記事

8月末の夏休みを使って宮古島3泊4日旅行へ行ってきました!7歳(娘)、3歳(息子)を連れて、3年連続4回目となる夏の沖縄旅行です。完全に沖縄にハマってます羽田〜宮古島は直行便が出ていて約3時間のフライト。[…]

 子連れの沖縄旅行に持っていくと便利なモノをまとめています

関連記事

もう10年前のこと。初めて沖縄に行った時に何を持っていったらいいのか分からず、荷物のパッキングに時間がかかった記憶があります。それから沖縄旅行に何度も足を運ぶようになり、「荷物の準備はバッチリ!さらにこれがあると便利!」というものま[…]