[手帳活用術]2020年の手帳はEDiTとラコニックに決めた!2冊使いで予定とタスクを管理してみる

2020年の手帳を決めました。

毎年10月くらいになると「来年の手帳は何にしようかなぁ〜」と悩み始めるんですが、

割と早々にこちらの2冊を使うことに決めてました。

 

メインはLACONIC「仕事計画」の週間バーチカルレフトで、一週間のスケジュールを管理。

1日1ページのEDiTは手帳+αとしてのノート的な役割として。

 

12月から軽く使ってみたところ↓

  • パッと見たときに「今何をすべきか」がひと目で分かる。
  • ちょっとしてToDoも見逃さない。
  • タスク以外の余計なコトを考えなくていい。

 

と、思考がスッキリしていい感じに使えそうです。

ではその中身や使い方について語ってみるので、手帳活用術のひとつとして参考にしてみてください。

 

「バーチカル」+「1日1ページ」を2冊使いする

両方リフィルの状態だが、こちらがLACONICとEDiTの手帳。

どちらも個人的に使いやすいと思っているB6サイズを選んでいます。

使う用途をざっくりまとめるとこうなります。

▶ LACONIC・・・スケジュール・TODO・タスク管理

▶ EDiT・・・今日すべきこと

 

するとどうなるかと言うと・・・

書き出したタスクを消化していくだけのスタイル。

が実現できます。

 

サラリーマンを辞めて法人化したことで、とにかくやるべきタスクが多い。もう多すぎて頭が爆発するんじゃないかと言うほど。

だからこそ、常に頭の中をスッキリさせた状態で仕事に臨みたい!というのを理由にこのようなスタイルにしました。

LACONICのバーチカルレフトは、左のバーチカルページに一週間のスケジュールを書き、右のフリーページにタスクややりたいことを書き出します。

EDiTの1日1ページは、今日やるべきことを始業前に書き出します。

 

手帳に書くことは「やらなきゃ!」と自分を奮起させるためのツールにできる一面も持ち合わせてます。

ダラダラ仕事するの好きじゃないので、自分自身を管理する上でもこの使い方は良いと思ってます。

また、どちらも180度フラットに開くので、書くことにストレスもありません。

 

手帳を書く時間は1日5分程度

僕は手帳を書くことに時間を掛けません。

ほぼ1日5分以内。

手帳は仕事のためのツールなので、流行りの手帳デコレーションなどは一切しないタイプです。男だし。

過去には1日1ページ手帳にログを残していたこともあったけど、そう長く続けることができずに断念。

なんか時間もったいないなぁーって。

 

なので、手帳は月・週・1日単位の予定やタスクを一覧で見れる状態にしておければ十分。

無駄なく仕事をするためのツールとして使います。

2冊使いする理由もそれです。

 

[スケジュール管理]LACONIC「仕事計画」バーチカルレフトが使いやすい

12月にLACONIC「仕事計画」 B6 手帳を試してみたんですが、バーチカルレフトというフォーマットが本当に良かった。

左ページが1週間バーチカル、右ページがフリーページとなっていて、週間レフトをより視覚的に1時間単位で管理できる手帳って感じですね。

数少ないタイプのフォーマットながら、これだ!と確信できました。

LACONICは表紙のデザインもカッコいいし、とりあえずカバーなしでこのまま使ってみる予定。

 

▼詳しくはこちらの記事で紹介!

関連記事

数多くの手帳レビューをしている当サイト管理人macho(@Twitter)です。いやぁ、出会ってしまった。ついに2020年に使いたい手帳を見つけました。見つけたというか、いざ手にとってみたら「すごく良かった」という感[…]

 

[日々のこと]マークス EDiT  1日1ページでやること管理

1日のタスクを書き出すなら、1日がフリーページになっているEDiTがいいと判断。

EDiTは過去にライフログを残そうと頑張ったが断念した手帳です。

ラコニックと同じB6サイズなので、兄弟手帳として使うにもいいかなと。ほぼ日はA6、A5サイズだし。

 

2019年は日々のタスクをロイヒトトゥルムのA6ノートに書いていました。

このノートはMOLESKINEのように愛着が持てて気に入ってるんですが、やっぱり日付入りが欲しいなぁーという欲求からEDiTを使うことに。

日付入りだと仕事の打ち合わせメモ(ノートPCメインだけど)も記録しやすく、後々になって役立ったこともあります。

なんだかんだで1日1ページ手帳は便利ですね。

 

▼詳しくはこちらの記事で紹介!

関連記事

マークスのEDiT(エディット)は人生を編集していくための手帳。2020年版で10年目を迎え、今や1日1ページ手帳として多くの方に知られていますね。EDiTはラインナップが豊富なので選ぶのも楽しみのひとつですが、この記事では[…]

 

手帳で使うペン

手帳をちゃんと使う人にとっては、どんなペンを使うか決めるのも楽しみのひとつ。

特に最近は超極細ペンが多いので選ぶのも一苦労。

 

でも0.3mm以下の超極細ならこのボールペンがおすすめです。

 

スケジュール管理では細かい文字が書けると便利なので、このような超極細ペンが使いやすい。

特に、この両者はペン先が尖っているので、細かい字を書くのに視覚的にも見やすくて書きやすいです。

 

本当はジュースアップ03を使う予定だったけど、2019年末に登場したジェットストリームエッジが思った以上に良かったので、併用しながら自由に使ってみようかなと。

関連記事

ついに0.28mmの超極細ペン「ジェットストリーム EDGE エッジ」をゲットしました。油性ボールペンで0.28mmは世界初。これまでゲルインキならユニボールシグノ0.28などがあるが、どうやら油性ボールペンで小さいボール径[…]

 

1日1ページのEDiTは自由に使えるのが魅力なので万年筆を使います。

 

最近は色々とインクを買い足しているので、使いたいという欲求からEDiTでは万年筆を使う予定です。

EDiTはインクの裏抜けもしないので安心。

 

さいごに

ということで、2020年に僕が使う手帳を紹介してみました!

2冊も使うなんて・・・Googleカレンダー使えばいいじゃん・・・って声が聞こえそうですが、実は僕はGoogleカレンダーもヘビーユーザーです。

手帳以上に細かくスケジュールが刻まれているし、一日何度もリマインダーが鳴ります。笑

でも自分の文字で書いたほうが実行力が高いので、まだまだ手帳は手放せませんね。

 

今年は2冊使いというマニアックな使い方をしますが、この記事が手帳活用術のひとつとして参考になれば光栄です。

 

▼おすすめの手帳をまとめた記事一覧になります。

関連記事

2020年の新作手帳の発表が続き、定番から新シリーズまで数多くの手帳がラインナップされています。そこで “2020年最新手帳” の注目商品をまとめて紹介するので自分に合った手帳を探してみてはどうでしょうか。当サイトでも様々な[…]

関連記事

1週間を縦時間軸(=バーチカル)で管理するのが「週間バーチカル手帳」。これまで週間レフトタイプの手帳を愛用してきた私ですが、働き方の変化に伴って2020年は週間バーチカル手帳を使おうと思っています。時間管理を徹底する人が最終[…]

関連記事

ほぼ日手帳やマークスEDiTを代表するように、今では各社より数多くの1日1ページ手帳が展開されています。1日1ページ手帳はシンプルゆえに フォーマット サイズ感 紙質 重さ 表紙デザインなど[…]